お店の外観は工場みたい
お店の外観は工場みたい

サードウェーブコーヒーの波にのって、ニュージーランドからひっそりとやってきた(ように思える)モジョコーヒーというブランド。

日本拠点兼店舗兼カフェは神楽坂の裏通り、赤城神社の脇をぬけたもともとは印刷工場だったと思われるところをリノベーションして、ひっそりとやっている。

なんで、こんな人通りのないところ選んだのだろうって思うのだが、どこで情報を知ったのか朝から結構お客さんは絶えずやって来ていて、なかには近所から豆だけ買って帰る人もいたりして、この地域に密着している感じがする。

入口
店内
壁にはカップ
壁にはカップ

とりあえず、このお店のカフェではフラットホワイトのコーヒーが人気。

エスプレッソベースのコーヒーに泡をおさえたクリーミーなスチームミルクを入れているので、見た目以上にしっかりした印象をうける。

エスプレッソマシンはSynessoでこだわりを感じる。そして、ひとつひとつ丁寧に作っているので、出てくるまでに時間がかかるところもあるけれど、丁寧にいれられたコーヒーは時間が経ってもおいしく飲める。

この場所や、来ている人たちの雰囲気とかのスロウな空気は似たような感じがある代官山のカフェとはまた違っていて、僕はこっちの方が落ち着くかもしれないって思ったりする。

食事もおいしい
豆買って家でも愛飲

訪れるならば朝食の時間がいいんじゃないかなって思う。あたたかいコーヒーとちょっとした食事をゆっくり食べる幸せは、何ものにも変えがたい時間じゃないだろうか。

Mojo Coffee 神楽坂
住所:東京都新宿区赤城元町4-11
時間、休みは細かいので、他サイトにてご確認ください。

Related Post

清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
威記粥店(中環)で昔ながらの香港な雰囲気の朝食... 空港から中環のミニホテル セントラルに着いて、チェックインまで相当な時間があるので、荷物を置いて朝食を食べに出かけるとする。 週末の早朝、中環の街は静かな朝。向かったのはお粥を出す老舗の威記粥店(Wai Kee Congee Shop)というお店。 威記粥店(Wai Kee Congee...
NASU SHOZO CAFEは世界でもっとも好きなカフェのひとつ... 僕があちこち行くカフェと呼ばれるもののなかで、世界でもっとも好きな場所のひとつ。すごいなにかがあるってことじゃないけれど、あえていえば、いつの間にか時間経っているすごいところという感じ。 那須から山の方へ向かう一本道のロードサイドにあるのだけれど、まわりを美しい林に囲まれている静かなロケーショ...
阿堂鹹粥で食べる台南の朝食 包成羊肉の二軒隣にあるお粥のお店。こちらも、朝食の専門店ともいうところでお粥を出している。山羊肉に抵抗がある人は、こちらで朝食を食べるのもいいかもしれないし、または僕のように朝食をはしごするというのも、後のことを考えずにチャレンジする価値がある。 阿堂鹹粥へのアクセス 基本的に包成羊肉へ...
醇涎坊鍋燒意麵は台南式な鍋焼きうどんが食べられる... 意麺といういってみればインスタント麺なのだが、この麺が台南では美味しい。意麺といえば、西門市場にある福榮意麵も美味しいし、小杜意麵も人気店でうまい。でも、これらのお店はラーメンのような感じ。 しかし、意麺を鍋焼きうどんのように仕立てた鍋焼意麺というジャンルもあることを知る。そして、そのお店が保...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください