infinity of flower2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。

チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行ったりしている。

残念ながら展示はすでに終了しているので、以下の動画を観たりしてほしいのだが、今回のこの花は絶えず変化をしていて、鑑賞者がスクリーンの花に触れると、花が舞っていき、そして消えていくという不思議な感覚の表現をしている。

infinity of flower

最初はおそるおそる触ってみたのだが、結構ゆっくりした動きで気がついたら花が散っていたという感じなのだが、花に触れるタイミングや場所によって二回と同じ表現にはならない。

みんなが花に触ってそこだけぽっかり宇宙のように暗闇が広がってしまったり、一気に花にふれていっせいに花吹雪が舞ったりと、鑑賞者も一緒にこの世界を作っている。

infinity of flower

infinity of flowerそして、その後再びスクリーンの端から花が咲いてきて、僕らはそれを眺めるわけです。ただ、これがずっと繰り返されているだけなのだが、いつまで眺めていても飽きることがなく、そしてなんだか気持ちよい高揚と、どこか考えてしまうような不思議な感覚があってチームラボの作品だなあ・・って思ってみていた。

人間が作ったり発見した技術によって変わるのは生活だけじゃなくて、こうしたアートなどの表現も変わっていくのだな。これは、いままでもそうだったし、これからもそうなのだろう。

Infinity of Flowers

Related Post

まつだい「農舞台」と詩情的世界の棚田... 大地の芸術祭の拠点として最大規模の施設が、ここ松代駅に隣接している、まつだい農舞台という建物。ここには、半屋外型の劇場施設と、建物内には小さめのミュージアムとショップ、カフェが入っている。トイレも清潔でデザインも洗練されているのでおすすめ。 また、ここで有名なのは農舞台をはさんで反対側にある棚...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
東京らしい洗練された名前のビールが飲める「YYGブルワリー」のクラフトビール... YYG(代々木)というかほとんど新宿にあるクラフトビールのブルワリーとレストラン。一階には大きなステンレス製の醸造タンクが置いてある。上階にはレストランがあるみたいだが、今回は一階のブルワリーでビールだけを楽しんだ。 お店はそれほど広くなくて、表のウッドテラスは気候がいいと気持ちよさそう。キャッシ...
武雄市図書館に行ってみた 佐賀旅行でレンタカーをつかってまわったなかで、ここは行ってみたかったところというのが伊万里と、ここ武雄市図書館。 武雄といえば「地雷を踏んだらサヨウナラ」の一ノ瀬泰造の生地くらいの印象だったのだけど、ここ数年はよくも悪くも他の面でかなり有名になったなあ・・という感じ。 この図書館もTSUTA...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です