infinity of flower2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。

チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行ったりしている。

残念ながら展示はすでに終了しているので、以下の動画を観たりしてほしいのだが、今回のこの花は絶えず変化をしていて、鑑賞者がスクリーンの花に触れると、花が舞っていき、そして消えていくという不思議な感覚の表現をしている。

infinity of flower

最初はおそるおそる触ってみたのだが、結構ゆっくりした動きで気がついたら花が散っていたという感じなのだが、花に触れるタイミングや場所によって二回と同じ表現にはならない。

みんなが花に触ってそこだけぽっかり宇宙のように暗闇が広がってしまったり、一気に花にふれていっせいに花吹雪が舞ったりと、鑑賞者も一緒にこの世界を作っている。

infinity of flower

infinity of flowerそして、その後再びスクリーンの端から花が咲いてきて、僕らはそれを眺めるわけです。ただ、これがずっと繰り返されているだけなのだが、いつまで眺めていても飽きることがなく、そしてなんだか気持ちよい高揚と、どこか考えてしまうような不思議な感覚があってチームラボの作品だなあ・・って思ってみていた。

人間が作ったり発見した技術によって変わるのは生活だけじゃなくて、こうしたアートなどの表現も変わっていくのだな。これは、いままでもそうだったし、これからもそうなのだろう。

Infinity of Flowers

Related Post

ニテロイ現代美術館へ行ってきた リオデジャネイロでもっとも来てみたかったところのひとつ。現代美術とか現代建築が好きな人にはたまらないところ。 リオデジャネイロの市街地からはちょっと遠いけれど、公共交通機関を使って手軽に行くことができる。 美術館はリオデジャネイロ郊外のニテロイ市にあるため、行き方としてはセントロからグア...
台南JJ-Wホテル(佳佳西市場旅店)宿泊記、便利な立地で手頃なホテル... 前回の台南旅で泊まった興居台南Vintage Mansionは居心地よくてすごくよかったのだけど、ちょっと他のホテルに泊まってみるのもいいかもしれないとか思い、今回は正興街にあるJJ-Wを選んでみた。 国鉄の台南駅からはのんびり歩けば20分くらいのところ。タクシーを使えば数分で着くので、普通に...
ヂェン先生の日常着をもとめに台北郊外まで... 青木由香さんのガイドブックを読んでいたら、すごい鮮やかな色合いの服飾のアトリエをみつけたので西門からバスに乗って向かってみた。 ショップではないので、あらかじめ電話で訪問の旨の予約が必要なので結構ハードルが高いのだが・・・。 アトリエというか工房は台北郊外の板橋というエリアになり、ここへ...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...
世界で二番目に美しい地下鉄駅、美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightは必見のアート... 高雄で最大の見どころのひとつであり、必見なのは美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightだと思う。「Bootsn All」が2011年に"15 of the Most Beautiful Subway Stops in the World(世界でもっとも美しい地下鉄駅トップ15)"の二番...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください