店内
店内

上野でエスニック料理を食べるという目的のもと、探してたどり着いたお店。

立地はとんでもないところにあって、到底デートで来るようなところじゃないのだが(たぶん、まだ関係薄い段階でデートの食事にここ選んだらぶっ飛ばされると思う)、美味しいタイ料理が食べられるというのであれば訪れる価値がある。

もちろん、男同士で来れば結構らくちん。客引き面倒だと思うけれど。

予めお店に予約の電話をいれてみたのだが、なんかこうあまり要領得ない感じではあったが取りあえず向かってみる。たぶんマイペンライな感じなのだろう。

お店の立地なのだが、上野や御徒町駅から行くと、かなり真剣な風俗街を通り抜けていくことになり「だ、だいじょうぶかな」って気分になるかと思うが意を決して向かってみてほしい。

ということでお店は雑居ビルの2階にあって、一度あがったらなにが起きてしまうのだろうとか思ってしまう。店内もスナックを改造したみたいな感じでカラオケセットのオーディオの存在感がすごい。

でも、店員さんは普通、お店にいる人は・・タイ人の方しかいなかったがきっと出勤前。ということで、この時点でこのお店は大丈夫。信頼できるところなのだろうなと納得する。

料理は北部タイ料理が豊富にあって一品毎の値段は結構高いのだが、なんせものすごい量が出てくるので、グラム単価になおすとタイで食べる料理の金額とあまり変わらないんじゃないかって考えたりする。トム・カーガイとか洗面器みたいなのになみなみと入って出てきたものな・・。

トム・カーガイ
トム・カーガイ
牡蠣オムレツ
牡蠣オムレツ
春雨の料理
春雨の料理

よって人数少ないとあまり品数を選ぶことはできない。ビールはシンハービールはちょっと高めなので、瓶ビールあたり飲んでいればまあいいかと思う。

おすすめは北タイ料理なのだが、僕としてはここで食べたトム・カーガイはタイで食べたものに匹敵するくらい美味しかった。お店の立地や雰囲気はともかく、作っている料理のクオリティはものすごく高くて感動する。人は見た目じゃないんだな・・とか考えたりしていた。

ということで、ものすごい満足できるタイ料理のレストランなのです。

しかし、帰り際にドレス着たタイ人のお姉さんが、東北なまりのおじさん達を引き連れて「ここおすすめのレストラン!」といってやってきて、自分は帰っていってしまい、残されたおじさん達がものすごいおびえていたのは印象的・・・。東京ってこわいところだという印象をもたなければいいのだが。

※2016年3月17日追記:電話が通じなくなっていて、それでも行ってみたのだが閉店していました。残念過ぎる。

サワッディー
住所:東京都台東区上野2-4-4 信水ビル2F

Related Post

五反田のデビルクラフトは穴場的に空いている... 僕のなかでは、いい意味で「デブ専用ピザ」というネーミングを勝手につけているシカゴピザ。そして、その専門店であるデビルクラフト。都内では新橋と浜松町のお店には通いたくなる好きなのだが、五反田にもできたと聞いて気になっていた。 メニューに違いはないのだが、ここはやはり行っておかなくてはならない。と...
上野桜木あたりの名物店「おしおりーぶ」でオリーブラテを飲んだり、オリーブオイルを買ってみたりする... 谷根千のなか、もっとも不便なエリアなんじゃないかというあたり。「上野桜木あたり」という不思議なネーミングの複合施設がある。この一画に残された昭和初期の古民家をリノベーションしたモールが上野桜木あたりという場所になっている。 塩とオリーブの専門店である「おしおりーぶ」はこのなかでもとびきり面白い...
月島の「えびすや」でもんじゃと鉄板焼き... 海外に住んでいる友人が日本に一時帰国してきて夜にご飯をすることになったのだが、月島でもんじゃ焼きということで選んだお店。僕が好きなのは「いろは」なのだが、予約がとりづらくこの日も満席。 すぐ近くにある「えびすや」に行ってみることにした。どうでもいいことだが、「いろは」に行くと毎回いい感じに酔っ...
五反田の「鳥茂」は焼鳥ではなく、不思議な高級やきとん屋さんでした。... 五反田の東口にひろがる歓楽街の一画にある不思議なお店。昭和の雰囲気で店内も映画のセットみたいな趣がある。店名は鳥茂なのだけど、出てくる料理は「やきとん」で豚肉。そしてなにより、メニューに値段がついていない時価で、そして高い。ちょっとしたビストロで食事したかのようだ。 鳥茂へのアクセス 五...
晩鶏(西麻布)で食べるおしゃれ焼鳥... 最近の西麻布の状況はぜんぜんわかっていないのだけど、おしゃれな焼鳥屋さんが出来ていて行ってみた。場所は西麻布の交差点から少し北に行ったあたりの裏通り。 お店の「晩鶏(バンチョウ)」という名前はやっぱ夜の番長とかけているのかな・・。 お店の雰囲気はそんな番長というガラじゃなくて、カウンター...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください