店内
店内

上野でエスニック料理を食べるという目的のもと、探してたどり着いたお店。

立地はとんでもないところにあって、到底デートで来るようなところじゃないのだが(たぶん、まだ関係薄い段階でデートの食事にここ選んだらぶっ飛ばされると思う)、美味しいタイ料理が食べられるというのであれば訪れる価値がある。

もちろん、男同士で来れば結構らくちん。客引き面倒だと思うけれど。

予めお店に予約の電話をいれてみたのだが、なんかこうあまり要領得ない感じではあったが取りあえず向かってみる。たぶんマイペンライな感じなのだろう。

お店の立地なのだが、上野や御徒町駅から行くと、かなり真剣な風俗街を通り抜けていくことになり「だ、だいじょうぶかな」って気分になるかと思うが意を決して向かってみてほしい。

ということでお店は雑居ビルの2階にあって、一度あがったらなにが起きてしまうのだろうとか思ってしまう。店内もスナックを改造したみたいな感じでカラオケセットのオーディオの存在感がすごい。

でも、店員さんは普通、お店にいる人は・・タイ人の方しかいなかったがきっと出勤前。ということで、この時点でこのお店は大丈夫。信頼できるところなのだろうなと納得する。

料理は北部タイ料理が豊富にあって一品毎の値段は結構高いのだが、なんせものすごい量が出てくるので、グラム単価になおすとタイで食べる料理の金額とあまり変わらないんじゃないかって考えたりする。トム・カーガイとか洗面器みたいなのになみなみと入って出てきたものな・・。

トム・カーガイ
トム・カーガイ
牡蠣オムレツ
牡蠣オムレツ
春雨の料理
春雨の料理

よって人数少ないとあまり品数を選ぶことはできない。ビールはシンハービールはちょっと高めなので、瓶ビールあたり飲んでいればまあいいかと思う。

おすすめは北タイ料理なのだが、僕としてはここで食べたトム・カーガイはタイで食べたものに匹敵するくらい美味しかった。お店の立地や雰囲気はともかく、作っている料理のクオリティはものすごく高くて感動する。人は見た目じゃないんだな・・とか考えたりしていた。

ということで、ものすごい満足できるタイ料理のレストランなのです。

しかし、帰り際にドレス着たタイ人のお姉さんが、東北なまりのおじさん達を引き連れて「ここおすすめのレストラン!」といってやってきて、自分は帰っていってしまい、残されたおじさん達がものすごいおびえていたのは印象的・・・。東京ってこわいところだという印象をもたなければいいのだが。

※2016年3月17日追記:電話が通じなくなっていて、それでも行ってみたのだが閉店していました。残念過ぎる。

サワッディー
住所:東京都台東区上野2-4-4 信水ビル2F

Related Post

本庄うなぎ屋 – 佐賀で食べる鰻ならここ... 佐賀で夕食に鰻を食べるとなって、友人に連れてきてもらったお店。場所は佐賀市郊外にあり、車を使わなければ来られないところなので、旅行であればレンタカーなどで来るのがいいと思う。また、飲食店にしては閉店時間が比較的早いので注意が必要。 九州で鰻といえば柳川のせいろ蒸しなのだけど、佐賀で食べる鰻のせ...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
くろひつじ(中目黒)でジンギスカンを食べる... ジンギスカンを食べたい!という欲求から中目黒のくろひつじで食べてきた。ラム肉には身体をあたためる作用があるとのことで、夏場に食べるものじゃないけれど(胸焼けする)、秋以降に食べるにはいい食事じゃないかと。 くろひつじはもともと倉庫だったみたいで、ちょっと無機質なカフェみたいな店内にもうもうと煙...
老舗のタイ料理、バーンクンメー(Ban Khun Mae)でタイ料理を堪能する... オーソドックスなタイ料理を食べられる老舗の名店。サイアムスクエアの繁華街にあって便利なところでもあるので、ランチでもディナーでもおすすめ。 バーンクンメー(Ban Khun Mae)へのアクセス BTSのサイアム駅4番出口、またはラマ1世通りをすすみSoi5の路地を南側へ入る。300メー...
上野のアレンモクでサムギョプサルざんまい... 上野で食事しようってことになって、お気に入りのタイ料理店「サワディー」へ行ってみたら扉はしまっているし、閉店していてショックを受けた。すごく美味しいお店だったのに・・、まあお客さん少なかったものな。本場の味が食べられるお店だっただけに残念。 はやくも夕食難民になってしまい、あてどもなく訪れてみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください