恵比寿にあって、シンガポール政府観光局お墨付きのレストランである新東記に行ってきた。恵比寿の駅から坂道を上がっていくので、距離のわりには面倒だな・・と思ってしまう立地。お店の雰囲気は居酒屋みたいな感じで、神楽坂にある支店の方は好きで何度か行っているのだけど神楽坂の方は閉店してしまったので恵比寿へ訪問。

僕のなかでのシンガポール料理って中華料理とエスニック料理が融合しているのだが、ベトナム料理のような繊細さのないB級グルメってところで、このお店で食べるシンガポール料理はそれでいうなら居酒屋っぽい雰囲気含めてシンガポール料理のお店っぽい。

店内にはとんこつでだしをとっているせいなのか、八角の甘い香りととんこつの香りで満ちていて、苦手な人はどうにもならないんじゃないかと思う。僕は別に嫌いじゃないんだけど、それでもまあ・・嫌な人は大変だろうな。なので、ちょっと人を選ぶレストランかもしれない。

ここではタイガービールを飲みながら、海南鶏飯とラクサを食べれば定番を一通りおさえられると思う(写真撮り忘れているけれど)。タイガービールはロゴ付きのビアジョッキに入って出てきて、これがよく冷えていて美味しい。ビールがすすむ。

タイガービール!
タイガービール!

料理については、シンガポール政府観光局が認定していることと味や質は関係ないのだなということが分かるものとなっていて、この認定ってたとえばグッドデザイン賞とかモンドセレクションみたいなものなんじゃないかな。一定のレベルをクリアしていればあとはラベルの問題ですっていうところ。

新東記新東記

これなんの料理だったんだろう・・。
これなんの料理だったんだろう・・。

なので、シンガポールの雰囲気を少しだけ感じつつ、美味しいビール飲んで、とりあえずシンガポール旅行しなくてもいいかなって思わせるレストランだと思う。

新東記
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-18-12 竜王ビルⅡ 2F

Related Post

Feel Myanmar Food – ヤンゴン郊外にあるカジュアルで清潔なレストラン... ヤンゴン国際空港から市街地に向かう途中にランチで立ち寄ったレストラン。ちょっと裏通りな雰囲気の道路に車がびっしりと路駐されていて、みんなこのレストランのお客さんなのだとのこと。 ということで、ヤンゴンでも富裕層に人気な Feel Myanmar Foodレストランは、安全においしくミャンマー料...
旬菜中華屋 龍房 – 佐賀ちゃんぽんの名店... 佐賀ちゃんぽんフリークの知り合いに連れてきてもらったお店。ここのちゃんぽんはうまい!ということで、佐賀駅から車にのってやってきたのは、佐賀大学近くにある中華屋さん。 見た目は普通の郊外にある中華料理店で、店内もちょっとオシャレなチャイニーズレストランといった雰囲気。 料理人の方は台湾出身...
浅草橋のテンテコマイでオリジナリティある串揚げを食べる... ビリケンさんがお店の目印 美味しい串揚げ食べたくて、大阪まで行くのもいいなあとか思っていた矢先に発見した浅草橋の名店。 人気店で予約なしだと時間制限があったりするけれど、それでもさくっと訪れて串揚げを楽しむ価値があるお店だと思う。 「大阪串かつ テンテコマイ」へのアクセス ...
フォンダ サン ジョルディのカタルーニャ料理が素晴らしく美味しい... 前にバルセロナを旅していたとき、カタルーニャについてもっと学んでおけばよかったと後悔している。カタルーニャはスペインに含まれた地方だけど、南フランスの影響を受けていて文化圏や料理や言葉など、ラ・マンチャの文化とはだいぶ異なる。 今回、カタルーニャ料理を食べてみて、僕が思っているスペイン料理とは...
花生食堂(船橋)はいい意味で常連さんのための食堂って感じ。... 船橋って不思議なところで、郊外型の町の感じで駅前には大きなデパートがあったりするのだが、その裏側には昔ながらの下町っぽい雰囲気が残っていたりする。駅から裏通りに入ってすぐのところにある花生食堂もそんなところにある。 昔はこの近くに大きな市場があって、そこに来る人たちを相手に食堂をはじめたみたい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください