恵比寿にあって、シンガポール政府観光局お墨付きのレストランである新東記に行ってきた。恵比寿の駅から坂道を上がっていくので、距離のわりには面倒だな・・と思ってしまう立地。お店の雰囲気は居酒屋みたいな感じで、神楽坂にある支店の方は好きで何度か行っているのだけど神楽坂の方は閉店してしまったので恵比寿へ訪問。

僕のなかでのシンガポール料理って中華料理とエスニック料理が融合しているのだが、ベトナム料理のような繊細さのないB級グルメってところで、このお店で食べるシンガポール料理はそれでいうなら居酒屋っぽい雰囲気含めてシンガポール料理のお店っぽい。

店内にはとんこつでだしをとっているせいなのか、八角の甘い香りととんこつの香りで満ちていて、苦手な人はどうにもならないんじゃないかと思う。僕は別に嫌いじゃないんだけど、それでもまあ・・嫌な人は大変だろうな。なので、ちょっと人を選ぶレストランかもしれない。

ここではタイガービールを飲みながら、海南鶏飯とラクサを食べれば定番を一通りおさえられると思う(写真撮り忘れているけれど)。タイガービールはロゴ付きのビアジョッキに入って出てきて、これがよく冷えていて美味しい。ビールがすすむ。

タイガービール!
タイガービール!

料理については、シンガポール政府観光局が認定していることと味や質は関係ないのだなということが分かるものとなっていて、この認定ってたとえばグッドデザイン賞とかモンドセレクションみたいなものなんじゃないかな。一定のレベルをクリアしていればあとはラベルの問題ですっていうところ。

新東記新東記

これなんの料理だったんだろう・・。
これなんの料理だったんだろう・・。

なので、シンガポールの雰囲気を少しだけ感じつつ、美味しいビール飲んで、とりあえずシンガポール旅行しなくてもいいかなって思わせるレストランだと思う。

新東記
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-18-12 竜王ビルⅡ 2F

Related Post

京鼎樓バルのランチは微妙な感じ 恵比寿でランチをしたときに、バーガーマニアの隣にある京鼎樓の廉価版みたいな京鼎樓バルでランチをしてきた。 僕の感想としては、中華料理っぽさを出しつつ違う料理がメインなのはまさにバルという名前がついているだけのことはあるなというもの。フードコートみたいな料理だった。 京鼎樓バルへのアクセス...
日の基でガード下の居酒屋体験 外国から来たゲストと飲みに行く場合、お金があれば六本木の田舎屋とか行けばいいんだけど、もっとホンモノのローカルバーに行きたい!という要望があるときにはこのあたりに来たりしている。 ということで、有楽町駅のガード下にある日の基に行ってきた。 すぐ隣には神日の基というのがあって、こちらはイギ...
「くらすわ」でいただく絶品の信州十四豚... 諏訪に泊まったときに泊まった「紅や」から歩いて1分くらいのところにあるレストラン。ここはあの「養命酒」で有名な養命酒製造株式会社が運営しているところで、レストランのほかにカフェやお土産物などを扱うショップなどがある複合施設になっている。 レストランは奥のエレベーターで上がった二階。週末に行った...
細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
渋谷の久原でいただく春の味 渋谷と恵比寿と代官山からほど遠い、静かな場所にある和食のお店である久原さん。時代劇に出てくる裏通りの小料理屋というものを、いまの時代にもってきたらこんな感じになるんじゃないかと思うようなところ。 前回の訪問:小料理 久原(渋谷)で優しい和食をたべる 久原へのアクセス 山手線の線路か...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください