Yokohama Triennale 20142014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。

とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。

見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃないしね。

横浜美術館
横浜美術館にあるマイケル・ランディの作品
福岡道雄の「飛ばねばよかった」、これ結構好き。
福岡道雄の「飛ばねばよかった」、これ結構好き。

僕が越後妻有とか、中之条のイベントが面白いと感じていたのは、日常の街の全体がアートに浸食されていっている感じとか、作品作っている人も加減なく表現しているはじけているところが好きなのだなということに気がついた。

それでいうと横浜は街が大きいし、しっかりしているのでアートに浸食されている感じはしないし美術館巡りしているだけのような感じ。

そして、ここの作品は丁寧にお金かけて作られているものもあるなあと思いながら観ているのだが、なんかこうあまりやり過ぎちゃうと街に怒られそうとか気を遣っている感じもする。

今回のテーマがレイ・ブラッドベリの作品にかけて「華氏451度の芸術」というものなのだけど、このディストピアな世界観と横浜の街とこのイベントの乖離っぷりをかけているんだろうかとか思ってしまった。

ドラ・ガルシアの作品。鏡文字で印刷されている。
ドラ・ガルシアの作品。鏡文字で印刷されている。

 

ヴィム・デルボアの作品
ヴィム・デルボアの作品

思えば3年前に観に来たときも、なんかこうもやもやして帰って行ってたんだった・・。

今回はあまり時間なかったので、メイン会場の横浜美術館と新港ピア会場のふたつのみに行ってみた。会場間はバスで連絡されているので、街の空気を感じることなく輸送されて移動できる。まあ、だから歩いていった方が楽しいかもしれない。

横浜美術館の前は大きな錆びたトレーラーがあって、日にかざしてみると繊細な影絵が映し出されていた。このトレーラーと影の対比がすごい。行った日は曇りだったのであまりはっきりとは写らなかったが、外見ワイルドなんだけど、中身が繊細な人に出会ったような感覚。

Yokohama Triennale 2014

美術館のなかの作品は予備知識なく行ったので、面白い出会いもあればよくわからないのもたくさん。それでも、気が遠くなるような時間を費やして作ったのだろうなと思えるような作品があったり(撮影可)、ほとんどなにも描かれていない空気みたいなキャンバスが展示されていたり(撮影不可)、いろいろ考えてしまうよな。

新港ピアの方は横浜美術館よりも若干ぶっ飛んでいてまだ面白い。

Yokohama Triennale 2014Yokohama Triennale 2014

Yokohama Triennale 2014写真の展示が多かったのだけど、やはり人を撮るというのは難しいけれど、コミュニケーションとかも含めて楽しいんだよなというのを改めて感じるものだった。

もっと人を撮りにコミュニケーションしたいなと思った次第。

会場にはカフェがあって外のテラス席で港を眺めながらビールを飲んでいたのだけど、港の風景が一番非日常の前衛的な感じがしたなあ。

横浜トリエンナーレ2014

Yokohama Triennale 2014

Related Post

迪化街 – 見所の多い問屋街 迪化街は台北中心部、中山エリアの端っこにあって古い建物(ときには古すぎて倒壊しかかっている)があってフォトジェニック、そしてお土産物を買うにも手頃な乾物屋さんもあったりして(配り土産にドライマンゴー買うならここで、いいんじゃね?どうせ中国産なんだけど)とか、まあ結構便利なお店です。 も...
ヴァンクリーフ&アーペルのプロジェクションマッピングをみてきた... 去る2013年12月11日、12日の2日間、恵比寿にあるジョエル・ロブションの建物を利用したプロジェクションマッピングが上映されていたのでみてきた。 クリスマスシーズンだったこともあり、ロブションがある恵比寿ガーデンプレイスも巨大なツリーやイルミネーションの並木道があってかなり煌びやかな雰囲気...
ヤンゴン街歩き、タクシー事情など 2014年最初の旅はミャンマーへ行ってきた。バンコクからエアアジアを利用してヤンゴンへ到着。 2月くらいのヤンゴンは朝霧が出ることが多いみたいで、僕が乗ったヤンゴンへの朝便も2時間くらい遅延してしまった。 ヤンゴンの空港をでて空気を感じたときに思ったのは、意外に湿度が低くて涼しいという感...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください