Yokohama Triennale 20142014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。

とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。

見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃないしね。

横浜美術館
横浜美術館にあるマイケル・ランディの作品
福岡道雄の「飛ばねばよかった」、これ結構好き。
福岡道雄の「飛ばねばよかった」、これ結構好き。

僕が越後妻有とか、中之条のイベントが面白いと感じていたのは、日常の街の全体がアートに浸食されていっている感じとか、作品作っている人も加減なく表現しているはじけているところが好きなのだなということに気がついた。

それでいうと横浜は街が大きいし、しっかりしているのでアートに浸食されている感じはしないし美術館巡りしているだけのような感じ。

そして、ここの作品は丁寧にお金かけて作られているものもあるなあと思いながら観ているのだが、なんかこうあまりやり過ぎちゃうと街に怒られそうとか気を遣っている感じもする。

今回のテーマがレイ・ブラッドベリの作品にかけて「華氏451度の芸術」というものなのだけど、このディストピアな世界観と横浜の街とこのイベントの乖離っぷりをかけているんだろうかとか思ってしまった。

ドラ・ガルシアの作品。鏡文字で印刷されている。
ドラ・ガルシアの作品。鏡文字で印刷されている。

 

ヴィム・デルボアの作品
ヴィム・デルボアの作品

思えば3年前に観に来たときも、なんかこうもやもやして帰って行ってたんだった・・。

今回はあまり時間なかったので、メイン会場の横浜美術館と新港ピア会場のふたつのみに行ってみた。会場間はバスで連絡されているので、街の空気を感じることなく輸送されて移動できる。まあ、だから歩いていった方が楽しいかもしれない。

横浜美術館の前は大きな錆びたトレーラーがあって、日にかざしてみると繊細な影絵が映し出されていた。このトレーラーと影の対比がすごい。行った日は曇りだったのであまりはっきりとは写らなかったが、外見ワイルドなんだけど、中身が繊細な人に出会ったような感覚。

Yokohama Triennale 2014

美術館のなかの作品は予備知識なく行ったので、面白い出会いもあればよくわからないのもたくさん。それでも、気が遠くなるような時間を費やして作ったのだろうなと思えるような作品があったり(撮影可)、ほとんどなにも描かれていない空気みたいなキャンバスが展示されていたり(撮影不可)、いろいろ考えてしまうよな。

新港ピアの方は横浜美術館よりも若干ぶっ飛んでいてまだ面白い。

Yokohama Triennale 2014Yokohama Triennale 2014

Yokohama Triennale 2014写真の展示が多かったのだけど、やはり人を撮るというのは難しいけれど、コミュニケーションとかも含めて楽しいんだよなというのを改めて感じるものだった。

もっと人を撮りにコミュニケーションしたいなと思った次第。

会場にはカフェがあって外のテラス席で港を眺めながらビールを飲んでいたのだけど、港の風景が一番非日常の前衛的な感じがしたなあ。

横浜トリエンナーレ2014

Yokohama Triennale 2014

Related Post

山形/庄内への小旅行 週末を利用して、山形でさくらんぼ狩りをして、そのあと庄内への小旅行という旅に出てきた。 今回旅をしてみて感じたのだが、同じ山形県のなかでも内陸の山形と海沿いの庄内は別の文化圏だなと思うくらいに違うところだったので、あえてわけてみている。 つつましやかな山形と、自然の恵みが豊かな庄内という...
坪洲島へのんびり小散歩旅(香港離島の旅編)... 以前の香港旅で行ったラマ島(南丫島)の散歩がおもしろくて、ちょっと他の島にも行ってみようかとセントラル・フェリーターミナルから船に乗って離島への小旅行。 友人が行っていた坪洲島が気になったので、今回はこの島に行ってみることにした。ラマ島と同じように車の走っていない小さな島で人口は6000人くら...
独立記念塔で日曜日の夕方を過ごす いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。 そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思...
エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください