神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。

場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポットになっている。ここまで振り切って文化的な感じのスペースを創出したのがすごい。

ラカグ

どんな感じになっているのだろうと思って来てみたのだけど、神楽坂の雰囲気ありつつ面白い空間になっていて楽しかった。神楽坂の坂の下にできたショッピングモールみたいなアレより全然いいと思う。

la kaguのコンセプトである“REVALUE”という軸に沿って色んなものがあって、流行にとらわれていないシンプルでいいものが揃っていて、リラックスした雰囲気。無印良品が他社製品でセレクトショップを作ったらこんな感じになるんじゃないかと思ってしまった。

ラカグ

商品をセレクトしている人たちに作家がいるというのも面白い。ここが新潮社によって作られているんだなって思うし、普段よく見えていない作家の価値観を感じることができたり、読んだことない作家のセンスにちょっと興味が出たりと新しい発見がある。

まだオープンしたばかりということもあり、かなり賑わっていてカフェスペースの席を確保することはできなかったのだけど、ここのエスプレッソマシーンはいいもの導入しているので、ちょっと高いけれどおすすめでテイクアウトしてもいいかと。

カップも手抜かりなくオリジナルのものが使われていておしゃれでかっこいい。

ラカグ

20141018-1534-46-再開発というと、どこの街も整理整頓して同じような秩序のもとに新しいものをつくって行ってしまい、それはそれで便利だけど、どこか面白くない。

それでいうと、この la kagu の再開発はこの神楽坂という街ならではっていう古い秩序を残しつつ新しいものを取り入れている世界観がすごく素敵で楽しい場所になっていて、こういうのいいなって思う。

la kagu (ラカグ)
住所:東京都新宿区矢来町67番地
時間:ショップ 11:00 – 20:00、カフェ 8:00 – 22:00

Related Post

NASU SHOZO CAFEは世界でもっとも好きなカフェのひとつ... 僕があちこち行くカフェと呼ばれるもののなかで、世界でもっとも好きな場所のひとつ。すごいなにかがあるってことじゃないけれど、あえていえば、いつの間にか時間経っているすごいところという感じ。 那須から山の方へ向かう一本道のロードサイドにあるのだけれど、まわりを美しい林に囲まれている静かなロケーショ...
安曇野ちひろ美術館へ行ってきた いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。 信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。 僕が訪れたときは、ちょっ...
Infinity of Flowers を観てきた 2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。 チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行っ...
鳥栖のリンコットのパンケーキは絶品... 鹿島の酒蔵巡りで酔っ払って、そのまま列車に乗って終点の鳥栖に到着。サガン鳥栖の試合を観に行く予定なのだけど、まだちょっと時間があったので、気になっていたカフェに行ってみることにした。 鳥栖駅からは少しまわりみちをして10分くらい。もうこんなところにレストランとか絶対ないだろうという住宅地のなか...
正興珈琲館カフェ編 今回も正興咖啡館に宿泊したのだけど、ここは宿としてだけではなくカフェとしてもとても居心地のいい場所なので、泊まってなくてもおすすめできる場所だと思う。 そして、正興街はここ以外にもおもしろいところが多く、若者が集まるエリアになっているので、過ごしていて楽しい。 正興珈琲館はブルーの扉が目...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です