神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。

場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポットになっている。ここまで振り切って文化的な感じのスペースを創出したのがすごい。

どんな感じになっているのだろうと思って来てみたのだけど、神楽坂の雰囲気ありつつ面白い空間になっていて楽しかった。神楽坂の坂の下にできたショッピングモールみたいなアレより全然いいと思う。

la kaguのコンセプトである“REVALUE”という軸に沿って色んなものがあって、流行にとらわれていないシンプルでいいものが揃っていて、リラックスした雰囲気。無印良品が他社製品でセレクトショップを作ったらこんな感じになるんじゃないかと思ってしまった。

商品をセレクトしている人たちに作家がいるというのも面白い。ここが新潮社によって作られているんだなって思うし、普段よく見えていない作家の価値観を感じることができたり、読んだことない作家のセンスにちょっと興味が出たりと新しい発見がある。

まだオープンしたばかりということもあり、かなり賑わっていてカフェスペースの席を確保することはできなかったのだけど、ここのエスプレッソマシーンはいいもの導入しているので、ちょっと高いけれどおすすめでテイクアウトしてもいいかと。

カップも手抜かりなくオリジナルのものが使われていておしゃれでかっこいい。

20141018-1534-46-再開発というと、どこの街も整理整頓して同じような秩序のもとに新しいものをつくって行ってしまい、それはそれで便利だけど、どこか面白くない。

それでいうと、この la kagu の再開発はこの神楽坂という街ならではっていう古い秩序を残しつつ新しいものを取り入れている世界観がすごく素敵で楽しい場所になっていて、こういうのいいなって思う。

la kagu (ラカグ)
住所:東京都新宿区矢来町67番地
時間:ショップ 11:00 – 20:00、カフェ 8:00 – 22:00

Related Post

Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
台北でおすすめの場所、Paper St. Coffee Companyでコーヒー飲んでひとやすみ... 7月の台北はもう真夏の暑さ。迪化街のASW Tea Houseでクラフトビール飲んだり、台湾の紅茶を飲んだりしていたのだけど、崋山1914のあたりを散歩していたらすっかり暑さにやられてしまった。 ということで、ランチタイムまでの時間をつぶす休憩にPaper St. Coffee Company...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(丸の内)に行ってみた... 店内、ちょっとIKEAっぽい感じもある。。 丸の内に行く用事があって、ひと休みがてらに少しお茶をしに立ち寄った。丸の内のブリックスクエアにあって、いつも混雑している印象なのだが、僕が訪れたときは運良く比較的空いていたので待たずにカフェに入ることができた。 店員さんが「いまなら待たずに入...
いちはらアート×ミックス2014「湖の飛行機」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。 ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください