神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。

場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポットになっている。ここまで振り切って文化的な感じのスペースを創出したのがすごい。

どんな感じになっているのだろうと思って来てみたのだけど、神楽坂の雰囲気ありつつ面白い空間になっていて楽しかった。神楽坂の坂の下にできたショッピングモールみたいなアレより全然いいと思う。

la kaguのコンセプトである“REVALUE”という軸に沿って色んなものがあって、流行にとらわれていないシンプルでいいものが揃っていて、リラックスした雰囲気。無印良品が他社製品でセレクトショップを作ったらこんな感じになるんじゃないかと思ってしまった。

商品をセレクトしている人たちに作家がいるというのも面白い。ここが新潮社によって作られているんだなって思うし、普段よく見えていない作家の価値観を感じることができたり、読んだことない作家のセンスにちょっと興味が出たりと新しい発見がある。

まだオープンしたばかりということもあり、かなり賑わっていてカフェスペースの席を確保することはできなかったのだけど、ここのエスプレッソマシーンはいいもの導入しているので、ちょっと高いけれどおすすめでテイクアウトしてもいいかと。

カップも手抜かりなくオリジナルのものが使われていておしゃれでかっこいい。

20141018-1534-46-再開発というと、どこの街も整理整頓して同じような秩序のもとに新しいものをつくって行ってしまい、それはそれで便利だけど、どこか面白くない。

それでいうと、この la kagu の再開発はこの神楽坂という街ならではっていう古い秩序を残しつつ新しいものを取り入れている世界観がすごく素敵で楽しい場所になっていて、こういうのいいなって思う。

la kagu (ラカグ)
住所:東京都新宿区矢来町67番地
時間:ショップ 11:00 – 20:00、カフェ 8:00 – 22:00

Related Post

清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
ラマ島のBebe Vはゆっくりできるカフェ... 天虹海鮮酒家でのんびりと料理を楽しんでいたのだけど、お店が出している中環までのフェリーの乗り場がわからず乗り遅れてしまった。お店から一番手前の桟橋から出ている船だったとは。 レストランに戻って新たに船の券をもらう。しかし、次の出航まで1時間あるという。再び料理食べるほどの余力もないし、周囲をみ...
アクアリウム at Alfred Dunhillは銀座の穴場的なカフェ... 銀座にありながらゆったりとした席で静かに過ごせる貴重なカフェ。ダンヒルの店内を抜けた2-3階にあるここはちょっと穴場じゃないかと思う。少なくとも、チェーン系のカフェとかで小さい席と騒々しい場所で時間をつぶすより、いい時間を過ごせる。 場所は銀座二丁目、ティファニーとか伊東屋の向かい側くらいでか...
Yummy corner of Sea Harmony Guesthouse – オーガ... Sea Harmony Guesthouseが経営しているカフェで、ホテルの宿泊者はこちらで朝食をとることができる。 しかし、このカフェの居心地は宿泊者だけじゃなくても味わえるので、ホアヒンに来たときには来るだけの価値があるかなって思う。 場所はSea Harmony Guesthous...
津南の「出逢い DEAI」をみてきた 2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。 ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活し...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください