神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。

場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポットになっている。ここまで振り切って文化的な感じのスペースを創出したのがすごい。

ラカグ

どんな感じになっているのだろうと思って来てみたのだけど、神楽坂の雰囲気ありつつ面白い空間になっていて楽しかった。神楽坂の坂の下にできたショッピングモールみたいなアレより全然いいと思う。

la kaguのコンセプトである“REVALUE”という軸に沿って色んなものがあって、流行にとらわれていないシンプルでいいものが揃っていて、リラックスした雰囲気。無印良品が他社製品でセレクトショップを作ったらこんな感じになるんじゃないかと思ってしまった。

ラカグ

商品をセレクトしている人たちに作家がいるというのも面白い。ここが新潮社によって作られているんだなって思うし、普段よく見えていない作家の価値観を感じることができたり、読んだことない作家のセンスにちょっと興味が出たりと新しい発見がある。

まだオープンしたばかりということもあり、かなり賑わっていてカフェスペースの席を確保することはできなかったのだけど、ここのエスプレッソマシーンはいいもの導入しているので、ちょっと高いけれどおすすめでテイクアウトしてもいいかと。

カップも手抜かりなくオリジナルのものが使われていておしゃれでかっこいい。

ラカグ

20141018-1534-46-再開発というと、どこの街も整理整頓して同じような秩序のもとに新しいものをつくって行ってしまい、それはそれで便利だけど、どこか面白くない。

それでいうと、この la kagu の再開発はこの神楽坂という街ならではっていう古い秩序を残しつつ新しいものを取り入れている世界観がすごく素敵で楽しい場所になっていて、こういうのいいなって思う。

la kagu (ラカグ)
住所:東京都新宿区矢来町67番地
時間:ショップ 11:00 – 20:00、カフェ 8:00 – 22:00

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です