中央線の奈良井駅すぐそばにある
中央線の奈良井駅すぐそばにある

奈川から塩尻方面へと南下しつつ山を下っていったところに中山道の宿場町だった奈良井宿がある。

木曽街道の宿場町ってどれもきれいに残っていて、雰囲気あって好きなのだけど、奈良井宿もまた美しい場所だった。

奈良井宿は中央本線の奈良井駅からすぐのところにあるので、電車でのアクセスもできるが、やはり車での方がラクだと思う。駐車場は有料なんだけど、あとで聞いたら近くに無料の場所もあるらしい。まあ、有料駐車場の方が立地便利だと思うので、立地を買うという判断もあると思う。

201429813291610254000 x 3000201429813325810254000 x 3000

201429813510910254000 x 3000奈良井宿自体は1~2キロくらいの長さの通りの両側に古くからの宿場町の風情が残っている場所なのだけど、車が通行するのが街歩きをしているなかで難点といえる。

しかし、これって観光する分には不便なのだが、生活している分には車で通れた方がいいだろうし、ここ以外に車が通れる裏道とかなさそうなので、なかなか悩ましいところだと思うけれど。

通りの両側は普通の民家もあったりするのがおもしろい。本当に江戸時代からこんな感じだったのかなって思える風景。ところどころにカウンターがあるバーだとかがあったりして、現代風な宿場町感はあるけれど、これはこれでおもしろい。五平餅とか食べながら街歩きしてみるのもいいかもしれない。

201429813363110254000 x 3000201429814023710254000 x 3000

お土産ものとしてはお六櫛とか漆器が有名。

漆器については奈良井宿じゃなくて、少し街道を移動したところにもお店があったりするし、ここじゃなくても・・・という感じもあるのだが、櫛については思わず買ってしまった。

お六櫛
お六櫛

櫛は職人さんの手作りでつくられていて、使われている樹木もミネバリというすごく成長が遅いけれど固い木で作られている。この木は信州エリアではすべて切り倒されてしまって、近年になる植林をはじめてみたけれど、これが櫛として使える大きさになるのは200~300年後だという。

僕はふだんは面倒で櫛とか全然使わないんだけど、ちょっと使ってみたらすごく気持ちがよくて暖かい風合いが手に馴染む。この櫛が作られるストーリーもあいまって、思わず購入してしまった次第。自分で使うのもいいし、いつか誰かに託しちゃうのもいいかもしれない。しかし、ただ髪に櫛をいれるという時間があるだけで、随分と優雅な時間を過ごしているなって感じる。忙しい時間のなかで、こういうのは必要なのかも。

庄屋忠左衛門の七味
庄屋忠左衛門の七味

もうひとつ面白かったのは、パッケージもかわいい七味。庄屋忠左衛門というところで作っているみたいで、信州産のみを用いて作られた七味唐辛子。ずっと長いこと地域限定で地元の人にわけられたり、料亭におさめていたらしい。

善光寺のところにある七味唐辛子で有名過ぎてこれはこれでいいのだけど、庄屋忠左衛門の七味唐辛子は香りが柔らかで、辛すぎずこれはこれでいなって思えるものだった。値段も手頃だし、自分用にもお土産にもいいかもしれない。

こんな感じであちこち買い物してみたりしていると、あっという間に数時間経ってしまった。規模の割には充実した場所で観光だけじゃなくて、買い物スポットとしてもおすすめできる。

201429815134410254000 x 3000

奈良井宿
庄屋忠左衛門

Related Post

圧巻の風景、三春の滝桜 花見山と同じくらい、福島を代表する桜の風景は三春の滝桜なのではないかと。岐阜の淡墨桜、山梨の神代桜と並び三大巨大桜と呼ばれている。桜の樹に名前がついているというのが古くから愛されてきた何よりの証拠ではないかと思う。 根回りは11メートルを超えた巨木で近くでみると圧倒される。樹齢は100...
PIZZERIA BOSSOで千産千消のイタリアン 市原湖畔美術館にて「ロマネコンティ・ピクニック」の特別展をみたあと、美味しいということはどういうことなんだろうって思っていたら、すっかりお腹が空いてしまった。外は完璧なくらい、初夏の休日の青空と湖畔の風景。 空腹を抱えたまま、地図をながめてみる。美術館から出て左手側に髙滝湖の湖畔を望むように、...
ギルドコーヒ(GUILD COFFEE) – 神楽坂の隠れ家的カフェ... 毎朝、家でコーヒーを淹れているのだけど、もう何年もここの豆を使っていて、定期的に訪れている。 ここでマンデリンを飲んで以来、マンデリンとは酸味が強いという固定概念を覆され、こんなに風味の強い個性的なコーヒーはあるのだろうかと印象が変わった。コーヒー豆はブレンドから産地別まで結構あるけれど、25...
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる... 津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。 場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。 店名かわっても、このお店の人気は変...
JR最南端の西大山駅はなかなかの秘境駅... 指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。 ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください