千葉って港が多いこともあって美味しい寿司に巡り会える確率が高いのだけど、そんななかで圧倒的なコストパフォーマンスがあると思うのが船橋駅の北口にある吉光というお店。

本店は駅から離れたところにある料亭みたいなところらしいが、北口店は立ち食い蕎麦屋みたいな見た目で普通に考えると寿司屋さんの風体じゃないし「ここ、大丈夫か」という気持ちになるけれど、仕入れは本店と一緒で地のものを揃えたネタは抜群にうまい。そう、船橋って江戸前の魚がある漁港があるんだよね。

江戸時代にうまれた寿司というのは、もともとはファーストフード的な感覚で、屋台でつまんで行くというものだったということだが、ここ吉光の寿司はまさにそんな寿司の原点回帰みたいなところがある。

店内には箸もお手ふきもないカウンターだけの店内は、手前に水道の蛇口がついていて、そこで手を洗ってから寿司を食べるというスタイル。かなりラディカルな感じで最初は驚くけれど、合理的といえばそんな感じもする。

おまかせ握り
おまかせ握り

ビールを頼んでみたのだけど、日本酒もあるので好きな方を。握りは選びきれなかったので、おまかせでお願いしたのだけど、一気に出てきてテンションあがる。

地のものの魚を中心にして、マグロなどもあったりして見ても美味そうだし、食べてもうまい。これでちょっと高いランチ代金くらいなんだよね。千葉ならではの地産地消って感じもあるし、近所にきたらぜひ食べてみてほしいところ。

吉光 船橋北口店
住所:千葉県船橋市本町6-4
時間:11:00 – 22:00
休み:無休

保存

Related Post

鮨大前は光り物の寿司にこだわるガード下の名店... 有楽町のガード下にあって前から気になっていたお店。調べてみると、光り物にこだわり、お酒は全て持ち込みっていうちょっと変わったお店という。ますます気になる。 行ってみてわかったのだけど、お店はカウンターだけの八席くらいで扉をあけるとすぐカウンターというぺらぺらな店内。 「お酒をいろ...
CHE MY 2(チェー ミー ハイ)でベトナムスイーツ... 外観 日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。 いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。 そのときはなに食べている...
松栄(恵比寿)で江戸前な寿司のランチ... カウンターで食べるお寿司がいい 僕にとってお寿司ってすごい美しい食べ物だなあって思っている。 ひとつひとつの様式美みたいなものとか、色合いとか手間が計算されているのが好き。美しいファーストフードって感じ。 なかでも江戸前寿司は素材を活かしつつ一手間かけた感じが見た目にも美しいし、...
鈴政 – 酒田で食べる洗練された江戸前寿司... 初夏に来た旅行でもっとも印象に残ったのは、鈴政の江戸前寿司のおいしさと洗練されたよそおいで、今回もまた庄内に来たのは、このお店があったから。 今回は鶴岡から列車で到着して、酒田駅からの行き帰りともにタクシーを利用。かろうじてワンメーターでは行けず720円くらいかったが、歩いててもなにもないとこ...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です