千葉って港が多いこともあって美味しい寿司に巡り会える確率が高いのだけど、そんななかで圧倒的なコストパフォーマンスがあると思うのが船橋駅の北口にある吉光というお店。

本店は駅から離れたところにある料亭みたいなところらしいが、北口店は立ち食い蕎麦屋みたいな見た目で普通に考えると寿司屋さんの風体じゃないし「ここ、大丈夫か」という気持ちになるけれど、仕入れは本店と一緒で地のものを揃えたネタは抜群にうまい。そう、船橋って江戸前の魚がある漁港があるんだよね。

江戸時代にうまれた寿司というのは、もともとはファーストフード的な感覚で、屋台でつまんで行くというものだったということだが、ここ吉光の寿司はまさにそんな寿司の原点回帰みたいなところがある。

店内には箸もお手ふきもないカウンターだけの店内は、手前に水道の蛇口がついていて、そこで手を洗ってから寿司を食べるというスタイル。かなりラディカルな感じで最初は驚くけれど、合理的といえばそんな感じもする。

おまかせ握り
おまかせ握り

ビールを頼んでみたのだけど、日本酒もあるので好きな方を。握りは選びきれなかったので、おまかせでお願いしたのだけど、一気に出てきてテンションあがる。

地のものの魚を中心にして、マグロなどもあったりして見ても美味そうだし、食べてもうまい。これでちょっと高いランチ代金くらいなんだよね。千葉ならではの地産地消って感じもあるし、近所にきたらぜひ食べてみてほしいところ。

吉光 船橋北口店
住所:千葉県船橋市本町6-4
時間:11:00 – 22:00
休み:無休

保存

Related Post

小布施 竹風堂の栗おこわは絶品 小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。 秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。 8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ...
いちはらアート×ミックス2014に行ってきた... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。 比較的行きやすいエリアだったこともあり、期間中に何回か来てみたのだが、春といっても菜の花の季節から、初夏にかけていろいろな色合いのなかでみられたのは面白かった。 桜の季節はその花のすごさに圧倒される 菜の花を...
家飲みより安いなんて素敵過ぎる。船橋の「大衆居酒屋 あさひ」で昼飲みしてきた。... 千葉の船橋駅周辺は隠れた名店が多く、安くて美味しいものを食べることができる。ただの郊外型都市というなかれ、せんべろ的な代表格である一平や、立ち食い寿司の名店である吉光など圧倒的なコストパフォーマンスがいいお店があったりするのです。 今回訪れてみた「大衆居酒屋 あさひ」もそのひとつで、昼から営業...
阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい... 蜂大珈琲で阿里山珈琲の豆を買うために西門まで来たのだが、夕食がてらになに食べようかと思ったら、やはり阿宗麵線は外せないよなあってことで食べてきた。 立ち食いスタイルなので落ち着かないのだが、そんなこと構わないってくらいうまいのだからしょうがないよね。深みのある鰹だしのスープは絶品だし、少し黒酢...
フランクフルトのアドルフ・ワグナーでりんご酒を堪能... フランクフルト現代美術館を訪れたあと外に出てみたら、すっかり暗くなっていた。冬のヨーロッパは陽が落ちるのが早い。 猛烈な空腹に見舞われいたので、どこか食べるところがないかなと思ってネットで調べて行ってみたのがアドルフ・ワグナーというレストラン。 年末のクリスマスシーズンだったこともあって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.