最近の西麻布の状況はぜんぜんわかっていないのだけど、おしゃれな焼鳥屋さんが出来ていて行ってみた。場所は西麻布の交差点から少し北に行ったあたりの裏通り。

お店の「晩鶏(バンチョウ)」という名前はやっぱ夜の番長とかけているのかな・・。

お店の雰囲気はそんな番長というガラじゃなくて、カウンタースタイルのおしゃれな感じ。お寿司屋さんみたいだなと思っていたのだが、メニューをみたらお値段が書いていなくて、そういうところも寿司屋っぽい。時価なのか。

コースターかわいい
レバーは絶品

しかし、お店のなかは職人さんがきびきびと働いている様子がよく見えて凜とした気持ちになる。カウンターや小物なども細かいところまでディテールがつめられていて、コースターのイラストもいい感じ。

焼き鳥はいろいろ選んでいったのだけど、炭火でちょっとレア気味に焼き上げられた鶏は抜群に美味しい。焼き鳥をこの雰囲気で食べるとぜんぜん違う食べ物のようだな。

こういう感じなら、女子会とかデートとかに利用するケースがあったり、西麻布にある理由もわかる気がする。

おすすめなのは、締めに食べる丼もので焼き鳥のタレと黄身のコントラストがきれいな「そぼろ丼」は見て楽しいし、食べても美味しいすぐれもの。これはここまできたら頼んでおいた方がいいと思う。

そぼろ丼はおすすめ

ちなみに、晩鶏では水郷赤鶏を扱っているらしく、それであれば香取のにある須田本店のイートインの方が手軽でお得で美味しいかも・・と思ってしまった。まあ、ロケーションと雰囲気あってのこの値段の価値なのだと思う。

晩鶏(バンチョウ)
住所:東京都港区西麻布1-14-2 疋田ビル 1F
時間:17:00 – 22:45
休み:日曜日

保存

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です