バンコクのホテルは安宿から高級ホテルまでいろいろ泊まったけれど、結局はスクンビットにあるシタディーンか、ドゥシットにあるここ「プラナコーン ノーンレン」のどちらかに泊まるというのが僕の定番になっている。

利便性よく清潔な滞在が約束されていてコストパフォーマンスのよい万人におすすめできるシタディーンに比べると、こちらのプラナコーン ノーンレンはおすすめする人を選ぶホテルだと思っている。

このホテルが好きになれる人はこんな人だと思う。

  • オリジナリティのあるホテルが好き。
  • 色鮮やかで手作り感のあるデザイン好き。
  • カジュアルでフレンドリーな接客が好き。
  • 山の手よりも下町が好き。
部屋ごとにデザインが違う客室

逆にこのホテルをおすすめできないのはこんな人。

  • 水まわりはとにかく清潔でないとダメ。
  • 空調はきちんと整備されていないとダメ。
  • 洗練された接客じゃないとダメ。
  • 駅から近いなど交通の便がいいところじゃないとダメ。
  • コストパフォーマンス重視。
水まわりはいまいち

まあ・・設備はもともと古い寄宿舎を改造しているので、3階建ての建物にエレベーターはついていないし、シャワーの水の出も悪い。

エアコンはたまに壊れているし、立地も最寄りのBTSの駅までは2~3キロは離れていてかなり交通の便も悪い(おまけにサイアムからタクシーに乗ろうとすると、渋滞をいやがってたまに乗車拒否にあう)。そして、そんな条件のホテルのわりにはちょっと値段高いし。。

なので、はじめてバンコクに来る人やふつうに観光する人はここじゃなくて、シタディーンに泊まればいいし、快適なホテルライフを過ごしたい人はバンヤンツリーあたりがおすすめだと思う。

このホテルはバンコクにリピートしていて、とにかくゆるく滞在をしたい人、きれいな夕陽を屋上のバーから眺めたり、カフェで友達に手紙を書いたり、近所のお寺で猫と遊んだり・・そういうのが好きな人にはたまらないホテルだと思う。

1階にはカフェがあり宿泊でなくても利用できる

実際、フランス人の宿泊者が多いらしいのだけど、それはなんとなく納得できる気がする。旅行の趣味という点だけでは、僕は勝手に彼らのスタイルにとても親和性を感じているもの。ということで、のんびりとバンコクで過ごしたいけれど、カオサンの喧噪にはほとほと飽きたり、ちょっとバンコクならではという体験がしたい人にはおすすめなんじゃないかなって思う。

宿泊の予約はホテルへ直接するのがおすすめ。事前にオンライン決済で料金の支払いを済ませられるので便利です。あと、ちょっと高いけれどここのホテルの送迎サービスは意外なほどにしっかりしているので利用価値があります。

Phranakorn Nornlenのサイトはこちら

屋上のバーから夕陽を眺める至福の時間

保存

Related Post

Buddy Beerはカオサンではおしゃれで手軽なレストラン... カオサン通りは、かつての宿宿の聖地からいまではおしゃれなレストランが並ぶ通りに変わっている。なんだか小ぎれいでびっくりするくらい。 そんな通りの中央部くらいにひときわおしゃれで目立っているのがBuddy Beerというレストラン。カオサン通りからちょっと奥まったところへお店があるのだが、なんだ...
シタディーン スクンビット23 バンコクに宿泊... ミャンマーからデモで封鎖気味のバンコクに戻ってきて、今回はスクンビットでアソーク交差点の北側に泊まることにした。 いつもであれば、アソーク交差点の南側にある同じシタディン系のシタディーン スクンビット16に泊まるのだけど、交差点が封鎖されてしまっている現状では、南側よりちょっと栄えていて高速道...
「P.T. Court バンコク」部屋が広いがそれだけのホテル... いま思えば、普段泊まらないホテルに泊まってみようとか考えて、ちょっと面白そうだというままに予約してみたのがいけなかったのだ。 このホテル「PT コート」はAgodaで予約。戦勝記念塔近くにあって、バンコク郊外への移動が便利な場所だったのと、サービスアパートタイプの雰囲気にひかれて泊まってみた。...
リオデジャネイロのファベーラの宿に滞在... リオデジャネイロは世界有数のホテル料金が高い街で、コパカバーナやイパネマなどビーチサイドの街であれば、どうしようもないドミトリーでも1万円以上とか、ざらにある。そして、都心部のエリアでは下手すると治安の問題があったりもする。 そんななかでビーチまで歩いて数分で治安の問題もない安宿ということにな...
タニータハウス (Tanita House) – 印象に残るチェンマイの宿... チェンマイには何回も来たことがあり、一泊300円そこそこのゲストハウスから、ちょっと高級なホテルまであれこれ泊まってみたけれど、印象に残る宿ということであれば、このタニータハウスになるかなって思う。 ざっくりと、このホテルの特徴はこんな感じ。 いいところ 建物の雰囲気は...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください