salo cafeフィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。

森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もある。

店内はほぼ女性で若干アウェイ感もあるが、わりと余裕がある店内の席配置なので圧迫感とかはなくて居心地良く過ごせる。

このため、店内の人があまり入れ替わらないという弱点はあるけれど、しょうがないよね・・だって素敵なカフェだもの。

salo cafe

ランチタイムとカフェタイムにわかれているのだけど、カフェタイムに出てくるスイーツはどれもしっかり作られていて美味しいので、別腹として試してみるのがおすすめ。

僕がいったときは葡萄のタルトがあったのだけど、ほどよく冷凍された葡萄がたくさんのったタルトは絶品で、それ以外、家でも冷凍葡萄を常備して作るようになってしまったくらいだ。

そしてなんといっても、ラテアートがかわいいので注文はお忘れなきよう。アートがなかったとしても頼みたいくらいに美味しいコーヒーだけど、飲むのがもったいないくらいのかわいいアートも必見です。

salo cafe

新宿にはチェーン系の騒がしいカフェが多い印象をもっているだけに僕にとっては貴重な存在の場所。

salo cafe(サロカフェ)
住所:東京都新宿区新宿3−9−4
時間:12:00 – 24:00
休み:なし

Related Post

栗の木テラスの新しいモンブラン「モンブラン・ネージュ」を試してみた... 津南から国道をとおって小布施までドライブ。千曲川沿いにすすむこのルートは交通量は少なく、道幅も広くて見晴らしのいいルートを通るすごく気持ちのいいドライブコースだ。僕としては津南から小布施に行くルートの方が見晴らしがよくて気持ちがいい。これが不思議なことに逆ルートだとなんかちょっと雰囲気違うんだよな。...
Infinity of Flowers を観てきた 2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。 チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行っ...
地元感たっぷり、松記糖水店でかき氷を堪能した。... 義順牛奶からさらに佐敦のスイーツ店巡りを続けてみることにする。もともと九龍の下町エリアである深水埗からはじまったスイーツの名店である松記糖水店(Chung Kee Desser) に行ってみることにした。 松記糖水店(Chung Kee Desser) 佐敦分店へのアクセス 地下鉄の佐敦...
道南館でゆっくりとした時間を過ごす... 美味しいコーヒー飲みたいなと思って、朝からやっているところを探したどり着いたところ。以前に泊まった「興居 台南」のほんの斜め前にあるところで、またあの宿にも泊まりたいなあって思ってしまう。 道南館へのアクセス 民權路二段の通り沿い、新美街に入る路地の入口あたりにある小さなカフェ。大天后宮...
In Love Bar & Restaurantは地元向けThe Deckという感じ... The Deckがロケーション含めて高級版とするならば、このIn Loveはそれをスケールダウンして、すっかりカジュアルにした「地元向け」という感じ。 見えるロケーションもワットアルンじゃなくて、ラーマ8世橋だし。 しかし、このレストランはそのネーミングのかっこ悪さをのぞけば本物で美味し...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください