salo cafeフィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。

森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もある。

店内はほぼ女性で若干アウェイ感もあるが、わりと余裕がある店内の席配置なので圧迫感とかはなくて居心地良く過ごせる。

このため、店内の人があまり入れ替わらないという弱点はあるけれど、しょうがないよね・・だって素敵なカフェだもの。

salo cafe

ランチタイムとカフェタイムにわかれているのだけど、カフェタイムに出てくるスイーツはどれもしっかり作られていて美味しいので、別腹として試してみるのがおすすめ。

僕がいったときは葡萄のタルトがあったのだけど、ほどよく冷凍された葡萄がたくさんのったタルトは絶品で、それ以外、家でも冷凍葡萄を常備して作るようになってしまったくらいだ。

そしてなんといっても、ラテアートがかわいいので注文はお忘れなきよう。アートがなかったとしても頼みたいくらいに美味しいコーヒーだけど、飲むのがもったいないくらいのかわいいアートも必見です。

salo cafe

新宿にはチェーン系の騒がしいカフェが多い印象をもっているだけに僕にとっては貴重な存在の場所。

salo cafe(サロカフェ)
住所:東京都新宿区新宿3−9−4
時間:12:00 – 24:00
休み:なし

Related Post

スマート珈琲店でモーニングのホットケーキ... 京都にある老舗の喫茶店であるスマート珈琲店。前から気になっていたのだけど、ようやく訪問することができた。 場所は寺町通りの商店街のなかにあるので、便利な場所になる。アーケードになっているので天気に左右されないのもらくちん。 朝に訪問したのだけど、意外と混んでいて僕が入った後は数組の待ちが...
宮月堂(門前仲町)のあげまんは美味しいんだけど高い... 深川不動尊参道沿いにある和菓子屋さん。ちょっとしたお土産に最適なもので、あげ饅頭を「あげまん」という商標はここがもっているらしい。商標で保護するほどのものなのだろうかって思ってしまったのだが、なにが起きるかわからないものな。 宮月堂へのアクセス 東京メトロ門前仲町の出口のすぐ横。深川不動...
有名アロマブランド カルマカメットのレストランではスイーツがおすすめ... 旅行に行く前にガイドブックを買わなくなって久しいのだけど、wagamama travelのブログをみていて気になっていたカルマカメット ダイナー(Karmakamet Diner)に行ってみた。 表通りから少し入った一軒家を改造していて、昼はランチ&カフェ、夜はレストランというスタイルで1日中...
秋山堂は春水堂の高級店バージョン 国立台湾美術館の敷地内ににある喫茶室で、かなりおしゃれ。 春水堂があるところと同じ建物内には秋山堂では中国茶を本格的なスタイルで楽しむことができる。 春は水で、秋は山ってこと?なんだかそういうところもセンスを感じる。 春水堂は代官山にもあるしな・・ということで秋山堂にしたのだけど、...
代官山のSATURDAYS SURF NYCで久々にコーヒーを飲んできた... 以前はよく来ていたのだけど、ちょっと縁遠くなってしまった渋谷の鉢山界隈。ひさびさに訪れたけれど、都会のなかのオアシスともいえるような、のんびりした空気が好きな町。 なかでも、旧山手通り沿いにあるSATURDAYS SURF NYCはニューヨークのブランドショップで主にアパレルを取り扱っているの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください