salo cafeフィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。

森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もある。

店内はほぼ女性で若干アウェイ感もあるが、わりと余裕がある店内の席配置なので圧迫感とかはなくて居心地良く過ごせる。

このため、店内の人があまり入れ替わらないという弱点はあるけれど、しょうがないよね・・だって素敵なカフェだもの。

salo cafe

ランチタイムとカフェタイムにわかれているのだけど、カフェタイムに出てくるスイーツはどれもしっかり作られていて美味しいので、別腹として試してみるのがおすすめ。

僕がいったときは葡萄のタルトがあったのだけど、ほどよく冷凍された葡萄がたくさんのったタルトは絶品で、それ以外、家でも冷凍葡萄を常備して作るようになってしまったくらいだ。

そしてなんといっても、ラテアートがかわいいので注文はお忘れなきよう。アートがなかったとしても頼みたいくらいに美味しいコーヒーだけど、飲むのがもったいないくらいのかわいいアートも必見です。

salo cafe

新宿にはチェーン系の騒がしいカフェが多い印象をもっているだけに僕にとっては貴重な存在の場所。

salo cafe(サロカフェ)
住所:東京都新宿区新宿3−9−4
時間:12:00 – 24:00
休み:なし

Related Post

台北のバービーカフェに行ってきた 店員さん 台北でバービーカフェがオープンしたという話は聞いていて、どこにあるのかなと思っていたのだが、Po_iでシャツを作って、忠孝復興のあたりを歩いていたら偶然に発見してしまったので入ってみた。 オープン当初はかなりの賑わいだという話だったのだが、僕が行ったとき(18:00くらい)は...
新宿でビール飲んで時間つぶすならベルグがおすすめ... 新宿で待ち合わせの時間まで少し余裕があるときには、ベルグでビールを飲めばいいのかと知ってしまった。手頃な価格帯でビールが飲めるし、クラフトビールも揃っている。喫茶店みたいな席は数が少ないけれど、立ち呑みでもよければ問題はない。 ベルグへのアクセス 新宿駅に隣接する地下街に取り残されたかの...
爐鍋咖啡LuguoCafe 迪化街のなかにある雰囲気のいいカフェ。一階は雑貨屋になっていて、その横の階段を2階へ上がったところにお店があります。そして、これがかなりわかりづらい上に「え、ほんとあいてるの?」という感覚にもなる。 とはいえ、勇気をもって扉をあけるとこれが開店中であるという。まあ、隠れ家風でもあっていいんだけ...
カフェと革製品のお店が融合した蔵前の「CAMERA」は居心地のいい空間... 蔵前にあるカフェで気になっていたところ。国際通り沿いで、近くにはいい感じの家具店などもあったりして古い街並みと新しい雰囲気が融合してきている一画だ。そんな雑居ビルの1階にあるのが「CAMERA」というカフェ。居心地のいい空間は色んなものが混在した面白いところだった。 「CAMERA」へのアクセ...
腰掛庵のわらび餅は絶品の和菓子、必ず行ってみてもらいたいところ... 旅の始まりに、さくらんぼとお漬け物という贅沢な朝食をとったあと向かってみたのは同じ天童市にある腰掛庵というところ。 高柳果樹園からは車で10分くらい。山形バイパスを越えてちょっと路地に入ったところにある。お店の前にわりと広い駐車場がある。 お店は大きな古民家を店舗にしていて趣がある。ここ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください