台北にきて時間があればお土産に買っているパイナップルケーキ。自分用にもいいのだけど、お土産の方がおすすめな感じ。

なぜならば、レトロな雰囲気のパッケージがかわいくて、お値段が安いから。弱点は重いってことなのだが、これはもうパイナップルケーキの宿命か。

パッケージは紙でくるんだだけなので、早めに食べなきゃってなるのだけど、ここのはさっぱりしていて美味しいので配り土産にしてもすぐになくなってしまう。

レトロなパッケージがかわいい

ひとつひとつが小ぶりで、パイナップルの餡も他と比べると少し少なめなので甘さは控えめで、くどさは感じないと思う。万人受けする感じ。

他のパイナップルケーキのお店とは違って、ここは立地もあると思うが地元の人が買い求めに来ているのが特徴かなって思う。そして、こちらの人は美味しさに妥協がないから、それが信頼の証でもある。

お店は地元の人がひっきりなしに買いに来ている

MRT中山駅から徒歩7~8分というところ。ここで買い物をすると重い荷物をもつことになるので、計画的に訪問をした方がいいと思う。

李製餅家
住所:台北市林森北路156号
時間:10:30-21:30
休み:なし

保存

Related Post

「いとう食堂」で会津若松名物のソースカツ丼を食べる!... 会津若松におけるご当地グルメ的な存在はソースカツ丼みたい。ご当地ソング?みたいなものもあり、市内にはソースカツ丼のお店が数多くある。そのなかでも人気がある「いとう食堂」でランチを食べてみることにした。 カーナビを頼りにアクセスしたのだけど、着いたのはごく普通の住宅街。地方都市の食堂ってたまにこ...
林百貨でMade in Taiwanのお土産をさがす 台南の旧市街地の目抜き通りにあるひときわ古い建物。僕が最初に台南に来たときにはまだ廃墟の空きビルだったのだが、2014年6月に林百貨としてオープンしている。 しかし、街の中心地にある廃屋ビルを30年以上放置しておくってすごい。 もともとは日本統治時代の1932年に開業した百貨店で...
Rot Sawoei(チェンマイ)雲南料理風な麺料理店... ライスもの 北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。 チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなも...
ぎょうざ屋 – 佐賀まちなかバル3軒目... 佐賀のまちなかバル巡り三軒目。ビールも飲んで、日本酒も飲んで結構いい感じになってきたところ。 三軒目はどこに行こうかなあ・・と思って、地図を眺めてたどり着いたのは、ここのぎょうざ屋さん。なんか建物のなかというか、ここやっているの?と思うようなところにお店があった。アメ横のガード下みたいな感じ。...
東一排骨 – 台湾風カツレツの名店... 排骨とは、豚などのスペアリブで、排骨料理とは豚バラ肉を揚げたものなのだが、ここ東一で食べる排骨料理はカツレツという感じで薄くのばした豚バラの揚げ物だった。これがビールにあってうまい。ごはん付きの排骨飯セットで数百円というところでビールをつけても1000円いかないという割安感。 お店の場所は西門...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.