時代は移り変わるものだけど、こんなにもはやく変わることがあるなんてと思ってしまった。

以前に濟南鮮湯包に行って感動した体験はもはや得ることができない。

むしろ行っても、やたら並んで待ったあげくにさほど美味しくない料理を食べることになる。

そしてこれはもう僕の巡り合わせと偏見なんだけど、行くと現地在住の日本人みたいな人が「ここ有名なんだよ、ほら観光客すげー来てて、並ぶから迷惑だろ」みたいなことをいっている「おまえ常連なのか?」な人に出くわしてしまったりする。こんなのに鉢合わせてまで来るところでもないなと。

お店の外観:並んでいる
小籠包
キャベツと桜エビの蒸し物、前は美味しかったんだけどねえ・・。

料理の質についても以前ほどの感動がなくなったのは、僕がほかのお店に行ってしまったからなのか、このお店の問題なのか。相性もあるのかもしれないけれど。

しかし、決定的だったのはランチタイムに食事しているのに、床をのそのそ通り歩くネズミをみてしまったこと。店員か!というくらい悠然と店内を斜めに進んでいく姿は幻のようでもあった。写真は載せないけれど、ここはもう前とは違うお店なのだなと思うことにする。

前の濟南鮮湯包の記事はこちら

保存

Related Post

見た目地味だが中身は豪華なアワビのお粥!彌敦粥麵家(Nathan Congee & Noo... 佐敦エリアにある老舗の名店。中華粥といえばというくらい、どのガイドブックにも載っていようだ。旅行者でも賑わっているし、地元の人も結構来ている。友人からすすめられて来てみたが、たしかにここのお粥は美味しかった。というか、びっくりした。 彌敦粥麵家へのアクセス 地下鉄の最寄り駅でいうと佐敦駅...
フォンダ サン ジョルディのカタルーニャ料理が素晴らしく美味しい... 前にバルセロナを旅していたとき、カタルーニャについてもっと学んでおけばよかったと後悔している。カタルーニャはスペインに含まれた地方だけど、南フランスの影響を受けていて文化圏や料理や言葉など、ラ・マンチャの文化とはだいぶ異なる。 今回、カタルーニャ料理を食べてみて、僕が思っているスペイン料理とは...
ラ・サール レストラン(薩摩川内)で夕食... 山小屋みたいな外観 さて鹿児島に到着。鹿児島といっても、親戚が住んでいる薩摩川内に来ているのでちょっと離れているのだけど。 鹿児島を旅していて面白いなって思うのは、ここにはまだ大手のファミレスが進出してきていないので、地元の家族的経営な本当のファミリーレストランが残っているということ。...
そば屋 五兵衛 – 松本屈指の蕎麦屋... 三城がもはやグルメな観光客が開店前から並んで、ちょっと面倒そうなお店になってしまったのは残念。お店の女将さんのあの感じが好きだったんだけどな。 最近気に入っているのは、松本の街からちょっと外れたところにある「そば屋 五兵衛」。十割蕎麦は、地元産の蕎麦粉を石臼でひいていて、ちょっとびっくりするく...
済南鮮湯包の絶品小籠包 忠孝新生エリアにある小籠包の名店。僕のなかでは絶品小籠包の称号はディンタイフォン(鼎泰豐)より、こちらの方に迷いのない軍配をあげたい。 タクシーに乗ってこのお店の名前を告げたときに「ああ、その店うまいよね。いいよ、そこ」という反応をうけたこともあるので地元でも人気店なんだと思う。てかもう、タク...

Feature

2 Comments

  1. 初めましてm(_ _)m
    バッグや雑貨に目がないオッサンです。(^^;;
    ここのお店、去年行ったときめっちゃ感動しましたが、レベルが下がってきてるのですね。
    実は来月、台北、台南へ行くので、下調べで貴ブログでたくさん情報収集させていただきました。なんとなく趣味が合ってるので、すっごく参考になります!
    ありがとうございます。

    • コプチャンさん

      はじめましてー。コメントありがとうございます!
      濟南鮮湯包は最初食べたときは、すごい感動したのだけどこの前行ったら、働いている人も全然違っていたし、なんか雰囲気いまいちになっていたんですよねえ。
      たまたまって感じはしなかったのですが、あくまでも個人の意見ということで・・・。

      たしかに、バッグとか雑貨が好きなんて趣味があいそうですね。こちらこそ、ぜひぜひ、これからもよろしくお願いしますー。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です