時代は移り変わるものだけど、こんなにもはやく変わることがあるなんてと思ってしまった。

以前に濟南鮮湯包に行って感動した体験はもはや得ることができない。

むしろ行っても、やたら並んで待ったあげくにさほど美味しくない料理を食べることになる。

そしてこれはもう僕の巡り合わせと偏見なんだけど、行くと現地在住の日本人みたいな人が「ここ有名なんだよ、ほら観光客すげー来てて、並ぶから迷惑だろ」みたいなことをいっている「おまえ常連なのか?」な人に出くわしてしまったりする。こんなのに鉢合わせてまで来るところでもないなと。

お店の外観:並んでいる
小籠包
キャベツと桜エビの蒸し物、前は美味しかったんだけどねえ・・。

料理の質についても以前ほどの感動がなくなったのは、僕がほかのお店に行ってしまったからなのか、このお店の問題なのか。相性もあるのかもしれないけれど。

しかし、決定的だったのはランチタイムに食事しているのに、床をのそのそ通り歩くネズミをみてしまったこと。店員か!というくらい悠然と店内を斜めに進んでいく姿は幻のようでもあった。写真は載せないけれど、ここはもう前とは違うお店なのだなと思うことにする。

前の濟南鮮湯包の記事はこちら

保存

Related Post

夜の台湾麵線で火鍋を食べてきた ランチで訪れた台湾麵線の美味しさに感動して、そしてお店のトイレに貼ってあった火鍋コースというものが気になったので、来てみることにした。 火鍋のコースは前日までに予約する必要がある。火鍋単体で頼むこともできるけれど、お店の人と話をしていると「絶対にコースの方がお得だから」ということでコースにして...
門前茶屋のあさり飯を食べてみる 東京の下町エリアで活気がある街のひとつは門前仲町だと思う。富岡八幡宮の門前町として栄えていて、深川エリアの雰囲気が残っている下町らしいところ。 深川に来たら、深川めし!というシンプルな希望にもっとも応えてくれているのは門前仲町駅近くにある門前茶屋だと思う。 門前茶屋へのアクセス 東...
広尾のフォレスタは気軽に入れる良心的なオステリアといった感じ... 恵比寿にあるイタリア料理店の姉妹店として広尾商店街の端っこにできたイタリアン。ちょっとリゾート風な一軒家レストランはリストランテまで堅苦しくない気軽さでオステリアと呼ぶのがぴったりくる感じ。 素材の美味しさを活かすイタリア料理って沢山のお店があるけれど、本当に美味しいレストランって意外と少ない...
ラ・サール レストラン(薩摩川内)で夕食... 山小屋みたいな外観 さて鹿児島に到着。鹿児島といっても、親戚が住んでいる薩摩川内に来ているのでちょっと離れているのだけど。 鹿児島を旅していて面白いなって思うのは、ここにはまだ大手のファミレスが進出してきていないので、地元の家族的経営な本当のファミリーレストランが残っているということ。...
メニューは「もりそば」のみ。最上川沿いの名店「千利庵」でいただく蕎麦... 前に読んだ雑誌かなにかで、山形南部の長井の風景が出ていたのを見かけた。最上川の流れが作りだしたのどかな風景がすごく美しく一度は見ておきたいなと思っていた。もっとも美しいのは春のような気がするのだが、まずは思い立った初夏の季節に車を走らせてみる。 天童からだと山形市内を抜けて結構な時間がかかるた...

Feature

2 Comments

  1. コプチャン

    初めましてm(_ _)m
    バッグや雑貨に目がないオッサンです。(^^;;
    ここのお店、去年行ったときめっちゃ感動しましたが、レベルが下がってきてるのですね。
    実は来月、台北、台南へ行くので、下調べで貴ブログでたくさん情報収集させていただきました。なんとなく趣味が合ってるので、すっごく参考になります!
    ありがとうございます。

    • コプチャンさん

      はじめましてー。コメントありがとうございます!
      濟南鮮湯包は最初食べたときは、すごい感動したのだけどこの前行ったら、働いている人も全然違っていたし、なんか雰囲気いまいちになっていたんですよねえ。
      たまたまって感じはしなかったのですが、あくまでも個人の意見ということで・・・。

      たしかに、バッグとか雑貨が好きなんて趣味があいそうですね。こちらこそ、ぜひぜひ、これからもよろしくお願いしますー。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください