20130629-0856-00-00051週末を利用して、山形でさくらんぼ狩りをして、そのあと庄内への小旅行という旅に出てきた。

今回旅をしてみて感じたのだが、同じ山形県のなかでも内陸の山形と海沿いの庄内は別の文化圏だなと思うくらいに違うところだったので、あえてわけてみている。

つつましやかな山形と、自然の恵みが豊かな庄内というイメージ。

まずは、天童でここ何年か毎回訪れている高柳果樹園でさくらんぼの朝ごはんという乙女朝食をとって、そのあとはちょっと道の駅で日本酒を買ったりドライブして、村山の蕎麦街道にある「あらきや」で板そばのランチを食べる。

20130629-1808-03-00316そして、庄内方面へと移動。鶴岡の藤の家でランチ後のおやつにパフェを食べて、酒田にある土門拳記念館で作品をみて池の鯉に驚愕する。

ようやく夕方前に酒田市内に到着。山居倉庫のケヤキ並木に感動して、夕食は鈴政でお寿司と夏場ならではの岩牡蠣をいただく。うまかった!

シメは酒田ラーメンかなということで、駅の反対側まで歩いて行って味好でトビウオだしのさっぱりとしたラーメンを食べて、満腹のハラを抱えてホテルにもどり就寝。

酒田市内。おくりびとのロケ地。
酒田市内。おくりびとのロケ地。

翌日は朝から、酒田港のわきにある「海鮮とびしま」にて新鮮な海鮮料理を食べて(豪華すぎて・・なんて書いたらいいのか悩んでいる)、ここでも岩牡蠣を食べるという朝食。酒が欲しかった。。

その後、庄内映画村へ行って日本の原風景ともいう電線のない田園風景をみて感動。とくに最近、藤沢周平の作品を読むことが多いので、作品のイメージそのままだなあと思った。

ということで、1泊2日の濃密な旅だったのだが・・・。え、おまえ食べてばかりだなって? はい、いつものことです。

旅が終わって体重計にのったときには、予想以上の増量具合で気を失いたかったが、後悔はない。次は秋だな。。

この旅の記録タグ: 2013年6月 山形/庄内への小旅行

20130630-0904-45-00364

Related Post

庄内映画村で日本の原風景につつまれる... 今回の旅のラストは庄内映画村。最近は藤沢周平の作品を読むことが多く、藤沢作品が映画化されたときにオープンセットのロケ地として使われていることもあり、ずっと気になっていたところ。 庄内映画村のサイトにも書いてあるけれど、カーナビに従うと違うところに連れて行かれてしまうので注意が必要です。...
土曜日の小旅行「冬のちばらき。いちご、あんこう、アート編」... まだまだ春が遠いなあという2月半ばくらい。ちょっとだけ春を先取りしてくるかと週末に出かけてみることにした。今回の行き先を決めた目的は水戸芸術館でやっている石川直樹の個展「この星の光の地図を写す」を見に行くというのあって茨城方面へ。茨城というと地味で旅行先としてあまり選ばないところだが、なかなかに楽し...
酒田「こい勢」庄内浜の地魚を江戸前寿司で堪能できる。... 前回行ってみてすっかり好きになった酒田の寿司屋さん「こい勢」。圧倒的なコストパフォーマンスで庄内浜で採れた海の幸を堪能できる。 酒田というか、山形でもトップクラスに美味しい寿司屋なのではないかと思う。人気店で週末は混み合うため、予約して訪問。なるべく早い時間に行くのがゆっくりできる。 前...
南丫島(ラマ島)へのハイキング旅 香港の離島ってなんだか楽しそう・・って前から思っていたのだが、そのなかから今回の旅で選んだのはラマ島への旅。 なぜか。それはTwitterでフォローしている @akaballoon さんのブログ読んでみて俄然行きたくなったから。 ■ 香港的ハイキングのすすめ いきなり冒頭で「えー、...
秋の佐賀旅行(2日目) 11月の連休にあわせて、秋の佐賀を旅してきた。2日目は雨の唐津くんちを見て寒さにふるえた後、午後はひたすら飲み食いして過ごすという結果となった。 朝、ホテルで起きて外をみたら雨降り。一瞬、このまま1日部屋でうだうだ過ごそうかと思ったのだが、それもあんまりなのと、うだうだ過ごすにはあまりに普通の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください