Paper St. Cafe華山1914のすぐ近くにある洗練されたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。

午前中のオープン直後に行ったのでお客さんはいなくてのんびりできた。バリスタの人がいて焙煎する豆を選別している。

かなりストイックなこだわりを感じる。こういうのって台北のほかのカフェには感じられないなあって思う。

ということで、頼んでみたカプチーノはとても丁寧にいれられていて抜群の美味しさ。ラテアートもすごい美しいので頼んでみてもらいたい。しかし、いま思えば純粋にコーヒーを楽しめる普通のブラックコーヒーも飲んでおけばよかった。

Paper St. CafePaper St. Cafe

Paper St. CafeいままでCafe Junkiesがもっともコーヒーの美味しいところのひとつだったのだが、その地位を脅かすくらいの存在だな。

しかし、両者は方向性が違うのでそれぞれのよさがある。

こちらはあくまでも、なんでもいうけれどストイックな感じです。

お昼くらいに改めて来たときには結構混み合っていたので、華山1914に行きつつタイミングをみてあわせていくのがいいと思う。

Paper St. Cafe

Paper St. Coffee Company (紙街咖啡館)
住所:台北市中正區八德路一段28號1F

Related Post

テラス席も気持ちがいい、恵比寿のMLB Cafe Tokyoでのランチ... 恵比寿ガーデンプレイスの通りをはさんで向かい側にあるレンガ調なちょっと雰囲気のある建物とレストラン。なんだか高いレストランが入っているのかと思っていたのだが、そこはMLB Cafe Tokyoで手頃なカフェだった。晴れた日にはテラス席が気持ちよさそう。 僕が訪れたときはちょっとテラスで...
九分の海悦楼茶坊は絶好の撮影スポット... 友人がいなければ九分に来ることもなかっただろうなあ・・というのが率直な気持ち。 で、ひさびさに来た九分はやはり雨だったのだが、雨というのは雰囲気あっていいなというところ。 九分を街歩きして、ひと休みしたのは九分といえばっていう景色をつくっている阿妹茶楼の向かいにある海悦楼茶坊というところ...
Java Cafe & Galleryはプノンペンでは老舗のカフェ&ギャラリー... Meta Houseではギャラリーしか開いていなくてひと休みできなかったので、シハヌーク通りに出て独立記念塔近くにあるJava Cafe & Galleryに入ってみた。 ここもまた古くからあるカフェでギャラリーも併設されているのだけど、Meta Houseでもうお腹いっぱいという感じ...
方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...
正興珈琲館(Zhengxing Cafe)に再び泊まってきた... 去年、台南にはじめて行って泊まったホテル。今回、改めて再訪してみたが、やはり今年ベストのホテルだなあ・・って思った。(前回の訪問) 快適性とかを考えるとシャングリラがいいのだと思う。なんかすごい安く泊まれるらしいし。 でも、このカフェと宿のある正興街という街もふくめて、そんな安い宿じゃな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください