Paper St. Cafe華山1914のすぐ近くにある洗練されたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。

午前中のオープン直後に行ったのでお客さんはいなくてのんびりできた。バリスタの人がいて焙煎する豆を選別している。

かなりストイックなこだわりを感じる。こういうのって台北のほかのカフェには感じられないなあって思う。

ということで、頼んでみたカプチーノはとても丁寧にいれられていて抜群の美味しさ。ラテアートもすごい美しいので頼んでみてもらいたい。しかし、いま思えば純粋にコーヒーを楽しめる普通のブラックコーヒーも飲んでおけばよかった。

Paper St. CafePaper St. Cafe

Paper St. CafeいままでCafe Junkiesがもっともコーヒーの美味しいところのひとつだったのだが、その地位を脅かすくらいの存在だな。

しかし、両者は方向性が違うのでそれぞれのよさがある。

こちらはあくまでも、なんでもいうけれどストイックな感じです。

お昼くらいに改めて来たときには結構混み合っていたので、華山1914に行きつつタイミングをみてあわせていくのがいいと思う。

Paper St. Cafe

Paper St. Coffee Company (紙街咖啡館)
住所:台北市中正區八德路一段28號1F

Related Post

Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
かもめブックスに併設されている「WEEKENDERS COFFEE All Right」(神楽坂)で... 「美味しい珈琲さえあれば、BOOKS ARE ALL RIGHT!!」というキャッチフレーズで、神楽坂のかもめブックス内にあるカフェ。京都にあるロースターカフェ「WEEKENDERS COFFEE」の豆を使ったコーヒーが味わえて、テイクアウトをすることもできる。かもめブックスに来たら、ぜひここでコー...
中目黒のオニバスコーヒーはロケーションもよくて最高の一杯が楽しめるところ... 以前から名前だけは知っていて気になっていたロースターカフェであるオニバスコーヒー。「ONIBUS」とはポルトガル語で公共バスという意味で「万人の為に」という語源からとられている。そういえば、リオデジャネイロで空港から乗ったバスがオニバスだったのだけど、あれはバス会社の名前じゃなかったのか・・と数年越...
Café Elliott Avenueで本物のラテを味わう 2014年で一番美味しいラテを楽しめたって自信をもっていえるカフェを横浜にみつけた。 場所は山下公園の近くで、Café Elliott Avenueというカフェ。季節がよければ表のテーブルでのんびりするのもいいんじゃないだろうか。 場所柄なのか、カップルから家族連れ、あとは近所に住んでそ...
Highlands Coffee(ハイランズ コーヒー)はベトナムのスターバックス的存在... 右側のショッピングモールの上層階にはいっている ベトナムを旅しているとあちこちでみかけるHighlands Coffeeのお店。 ベトナム人の実業家がスターバックスの成功をみて、ベトナムならではのお店をつくるということで、はじめたそうだが確かに手頃な金額でおしゃれな立地でベトナムコーヒ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください