Paper St. Cafe華山1914のすぐ近くにある洗練されたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。

午前中のオープン直後に行ったのでお客さんはいなくてのんびりできた。バリスタの人がいて焙煎する豆を選別している。

かなりストイックなこだわりを感じる。こういうのって台北のほかのカフェには感じられないなあって思う。

ということで、頼んでみたカプチーノはとても丁寧にいれられていて抜群の美味しさ。ラテアートもすごい美しいので頼んでみてもらいたい。しかし、いま思えば純粋にコーヒーを楽しめる普通のブラックコーヒーも飲んでおけばよかった。

Paper St. CafePaper St. Cafe

Paper St. CafeいままでCafe Junkiesがもっともコーヒーの美味しいところのひとつだったのだが、その地位を脅かすくらいの存在だな。

しかし、両者は方向性が違うのでそれぞれのよさがある。

こちらはあくまでも、なんでもいうけれどストイックな感じです。

お昼くらいに改めて来たときには結構混み合っていたので、華山1914に行きつつタイミングをみてあわせていくのがいいと思う。

Paper St. Cafe

Paper St. Coffee Company (紙街咖啡館)
住所:台北市中正區八德路一段28號1F

Related Post

2013年のベスト カフェ8選 普段の生活でも旅先でも、ちょっとした時間の隙間を埋めてくれるのはカフェの存在だと思っている。そこでは居心地がなにより重要で、2013年に僕が訪れたカフェのなかでもっとも印象に残った厳選8店を以下にまとめておくことにする。 今回のリストでは台北のカフェが半分を占めたのだけど、台北カフェのレベルの...
CHILLOUT STYLE COFFEEで安曇野の風景を眺めながらコーヒーを楽しむ... 安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。 チルア...
京都っぽいカフェだなって思う「丁の字 CAFE」... 一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。 場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。 一...
台北のバービーカフェに行ってきた 店員さん 台北でバービーカフェがオープンしたという話は聞いていて、どこにあるのかなと思っていたのだが、Po_iでシャツを作って、忠孝復興のあたりを歩いていたら偶然に発見してしまったので入ってみた。 オープン当初はかなりの賑わいだという話だったのだが、僕が行ったとき(18:00くらい)は...
不思議な路地裏の珈琲店。ソルズコーヒー(SOL’S COFFEE)で飲むラテは絶品です。... 清澄白河とともに東京の下町エリアに現れた新名所の蔵前。清澄白河よりもさらに狭いエリアに小さなギャラリーや美味しいコーヒーを出すカフェが密集している。天気のいい日には浅草からのんびりと散歩しながら来てみるのも楽しいところだ。 そのなかで、春日通りから少し入った路地裏にあるソルズコーヒーは路上にソ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください