千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。

整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平という、昭和が真空パックされてそのまま保存されているかのような居酒屋がある。

メニュー

明るく照らされた蛍光灯の店内はコの字型になっていて、すべてカウンター席。隣の人と肩ふれあうくらいの距離でトイレいくにも苦労するくらい。

店内はほとんど仕事帰りのおじさんたちで、干物の魚をつつきながらホッピーとかコップ酒を飲んでいたりする。

一見すると敷居が高いした町の居酒屋といったところ。しかし、僕がここの居酒屋が好きなのは、そういう排他的なところが全然ないところ。なので、ニットキャップかぶった男の子が彼女連れてきたり、女性が一人で飲んでいたりってこともある。なので、気軽に入れるのがいい。

料理としてはやはり魚料理はすごい。刺身などは抜群に美味しいのであれこれ頼んでみた方がいいと思う。マグロの脳天のお刺身とか濃厚な味がしてお酒がすすむ。あとは、こういう居酒屋での定番である肉豆腐とか。

すぐ出る定番ポテトサラダ
肉豆腐
そして刺身とホッピー

こういうのをつまみながらホッピーとか飲んでいるとあっという間に酔っ払って時間が過ぎてしまう。で、わりと飲み食いしたな・・と思っても一人2,000円くらいで済んでしまうという料金体系はファミレスかと。都内で飲むのもいいけれど、ちょっとはずれた郊外のこういうお店で飲むとたまにこういう幸運に巡り会えたりするから楽しい。

いついっても(夕方いっても)混んでいる印象だけど、お客さんの回転はやいお店なので、ちょっと待てば入れると思う。予約とかはできるわけもないので、そのときの巡り合わせで。

一平(船橋)
住所:千葉県船橋市本町4-42-4

保存

Related Post

船橋の吉光で寿司の原点を体験する 千葉って港が多いこともあって美味しい寿司に巡り会える確率が高いのだけど、そんななかで圧倒的なコストパフォーマンスがあると思うのが船橋駅の北口にある吉光というお店。 本店は駅から離れたところにある料亭みたいなところらしいが、北口店は立ち食い蕎麦屋みたいな見た目で普通に考えると寿司屋さんの風体じゃ...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
長白小館の白菜鍋(酸菜白肉鍋)は万人受けする抜群に美味しい料理... 友人たちとは台北の街で合流。どこで夕食を食べようかなって考えていて、最初は無難に欣葉あたりにしようかなとも思ったのだが、台北ならではでここでしか食べられないものにしようと長白小館にしてみた。前回の訪問はこちら。 お店の予約はグルヤクというオンラインサービスを利用してみた。レストラン予約って日本...
恋する豚研究所でランチを食べる 前回に訪れたときはそのネーミングの強烈さに驚いた「恋する豚研究所」。 成田空港の近くにあって意外な穴場なのだが、最近は近くの道の駅や高速道路のサービスエリアでも、商品をみかけるようになってきてちょっと嬉しい。 ひさびさに、そして今回こそはランチを食べてみることにした。前に来たときよりも確...
なが島(鴨川) – 地魚料理を堪能できる良心的な居酒屋... 大山千枚田で行われた棚田の夜祭りにあわせて、夕食を食べに行ったお店。僕のなかで最近きている「地産地消」な感じの居酒屋。ここ鴨川で採れる海の幸を、地元ならではの料理スタイルで提供してくれる。 店内はカウンターと小さな座敷があるだけのとても小さいお店。ご夫婦ふたりで切り盛りされている。小さ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.