カウンターで食べるお寿司がいい

僕にとってお寿司ってすごい美しい食べ物だなあって思っている。

ひとつひとつの様式美みたいなものとか、色合いとか手間が計算されているのが好き。美しいファーストフードって感じ。

なかでも江戸前寿司は素材を活かしつつ一手間かけた感じが見た目にも美しいし、食べても驚きがあって楽しい。

ということで、恵比寿にある松栄でランチをしてきたのだけど、まさに江戸前寿司というスタイルのお寿司を堪能できた。食事のスピードに合わせてテンポよく出てくる握りや巻物はことごとく美しい。

こはだ、これすごいびっくりするくらい美味しい
ネタには事前に味がつけられて出てくるものが多かった

そして、カウンターに座って職人さんと話をしながら食べるというのがやはりお寿司を食べるときの醍醐味なんだろうなって思う。回転するお寿司はあれは、寿司だけど違う料理だと思うもの。

今回いただいたのは握りネタはほとんどが事前に味付けが仕込まれていて、醤油をつけずに食べるスタイルだった。最近お寿司を食べに行くとそういうことが多いのだけど、はやりのひとつなのかな。

醤油はインパクトの強い風合いなので、それ以外のものでちょこっと風味がついているものを食べるというのは目先がかわって楽しい。

握りのネタが進んでいって、ああ・・もう終わりかあって思ったときは少しさびしくなってしまったくらいだが、ちょっと足りないって思うくらいがいいのだろう。

巻物も抜群

圧倒的なウニ
たまごが出てきてもう終わりか・・ってさびしくなる

ランチからして贅沢をしてしまったのだが、恵比寿でランチにお寿司を食べるなら圧倒的におすすめできるお店だと思う。

松栄 恵比寿
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-2-4
時間:11:30-14:00、17:00-23:00
休み:無休(年末年始を除く)

Related Post

渋谷の久原でいただく春の味 渋谷と恵比寿と代官山からほど遠い、静かな場所にある和食のお店である久原さん。時代劇に出てくる裏通りの小料理屋というものを、いまの時代にもってきたらこんな感じになるんじゃないかと思うようなところ。 前回の訪問:小料理 久原(渋谷)で優しい和食をたべる 久原へのアクセス 山手線の線路か...
広尾の「麻布さ和長」の蕎麦は量が勝負のランチを出してくれる... 広尾駅のすぐ近くにある渋い店構えの蕎麦屋さん。店内はわりと普通な感じで、むしろカジュアル。ちょっと田舎の街道沿いにある蕎麦屋さんに来たみたいな感じがあり、広尾っぽくない雰囲気だ。 こだわった蕎麦は自家製粉ということで、ちょっと期待していたのだけど、わりと普通の蕎麦が出てくる。しかし、量は多いの...
圧倒的な存在感の板そばが出てくる「伊勢そば」にいってきた... あらきそばの板そばをみていて「なんていうか、これは蕎麦っていうかそば粉で作ったうどんじゃね」と常々思っていた。しかし、そんなものはまだかわいいものだったなとわかった日。 それくらい、圧倒的に存在感のある極太の蕎麦が出てくる。これは蕎麦じゃなくて・・・棒だろう、みたいなのが。山形の蕎麦に対する価...
魚源でランチ、そして魚屋の軒先で岩牡蠣... 京都丹後鉄道の「あかまつ号」に乗って西舞鶴に到着。舞鶴というと、宮本輝の「錦繍」(好きな作品なのです)に出てくる寂れた風景を思い出してしまう。 西舞鶴は駅舎は新しいけれどロータリーからみえる風景は古びたデパートや、シャッター通りになったアーケードの商店街など昭和っぽさがある。真夏のさなかに来たので...
どれを選ぶか悩んでしまう。新宿の「ハシヤ」でスパゲティのランチ... 恵比寿にあるアンクルトムの元ネタというか、和風スパゲティの老舗であるハシヤ。本店は代々木八幡にあるのだが、西新宿に支店があるのでランチに行ってみた。恵比寿にあるアンクルトムもそうだけど、すごい人気で行列必至のお店です。たっぷりとスパゲティを心ゆくまで食べたい人にはとてもいいお店。 ハシヤ 新宿...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください