味家広尾で落ち着いた和食のランチを食べたくなると訪れるところ。

蔵っぽい外観のお店は一見すると敷居が高くて入りづらそうな雰囲気があるけれど、扉をあければ普通にいい感じの寿司と和食のお店という感じ。家庭的な雰囲気はどこの街にも一軒くらいあると助かるタイプ。

ランチタイムは握り鮨は出していなくて丼や焼き魚がメインになっている。話をうかがっていると、戦前からやっているお店とのことですごい歴史。カウンター席もあるのでひとりでも入りやすいお店だと思う。

今回は丼ものを頼んでみた。旬のお魚をつかった料理はシンプルだけどちゃんと美味しい。というか、すごく美味しい。広尾界隈ではかなりおいしい和食のお店だと思う。

味家

小さな厨房ですごく丁寧に作られているので、料理が出てくるタイミングが遅いのだけど、たまにはゆったりとランチを楽しむのもいいと思う。夜も楽しそうなので、ちょっと来てみたいなと思っているところ。

味家
住所:東京都渋谷区広尾5-3-12
時間:11:45-14:00、18:00-24:00
休み:月曜日

Related Post

三島由紀夫が最後の晩餐をしたことでも有名な新橋の末げんは親子丼でも有名なところ... 新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。   お店の外観...
圧倒的な存在感の板そばが出てくる「伊勢そば」にいってきた... あらきそばの板そばをみていて「なんていうか、これは蕎麦っていうかそば粉で作ったうどんじゃね」と常々思っていた。しかし、そんなものはまだかわいいものだったなとわかった日。 それくらい、圧倒的に存在感のある極太の蕎麦が出てくる。これは蕎麦じゃなくて・・・棒だろう、みたいなのが。山形の蕎麦に対する価...
広尾のサルシータでメキシカンなランチ... 広尾にあるメキシコ料理の老舗レストラン。ランチでも手抜かりなく、ちゃんとしたメキシコ料理をかなり良心的な料金で食べることができる。 お店の場所は広尾駅から有栖川宮記念公園の方に少し向かったところ。静かな場所にある。ランチは12:30過ぎに行ったのだが、平日ということもありほどほどに空いていた。...
十勝千年の森にある貴重な食事処「ガーデンカフェ ラウラウ」でのランチは残念... 十勝千年の森でセグウェイツアーに参加するとランチタイムまでかかってしまう。セグウェイツアーでも立ち寄ったカフェでランチを食べることにする。 ツアーは入口で解散となるので、そこから改めて森の中を歩いて行くのだが、これが結構遠い。ちょっとカフェでランチとか気軽に考えていたのだが入口から10分くらい...
酒蔵 秩父錦 – 建築的な価値からも雰囲気がよい居酒屋... 東銀座の方にある時代劇に出てきそうな古めかしい建物。ここが木挽町と呼ばれていた昭和初期のものということで、昔は炭屋だったらしい。いかにもっていう雰囲気がある。 ここの座敷は好きなのだけど、5人以上いないと開放してくれないのが残念。それでも、カウンターの席もまた雰囲気があって好きなところ。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください