成田からフランクフルト行き、この飛行機で12時間
成田からフランクフルト行き、この飛行機で12時間

日本からブラジルのリオデジャネイロまでは飛行機を使って、行きは24時間くらいかかって実質2日がかり。

帰りはなぜかどこの航空会社もいったんサンパウロに移動して、なおかつトランジットのじかんも含めて36時間くらい。移動する旅に日付がわかって3日くらいかかった。

フライトのルートとしてはアメリカ経由が多いのだけど、だいたい地球の反対側まで行くようなフライトなので、西に行っても時間は対して変わりがない。

ブラジルへのフライトで評判がいいのはエミレーツで、これは空いているからとのこと。とはいえ、さすがに年末だと混んでいるだろうし、時間が短くなるわけでもないし、なによりチケットが高かった。

ルフトハンザではビールがちゃんとドイツビール。うまい。
ルフトハンザではビールがちゃんとドイツビール。うまい。
でも機内食はまあ普通
でも機内食はまあ普通

でも、アメリカ経由で行くのもすさまじく面倒そうだし、トランジットとはいえ少しくらいは旅をしたいしなあということで選んだのはルフトハンザのフランクフルト経由。

成田からフランクフルトまで12時間くらい、フランクフルトで8時間くらいトランジットの時間があって、そのあとリオデジャネイロまで11時間くらい。

行きの飛行機でフランクフルトに降りて、ここまで来てまだ半分なのかと一瞬かなり絶望的な気分になった。

フランクフルトはヨーロッパでも有数なハブ空港なのだが、市街まで鉄道で20分もあれば行けるので福岡なみに便利な空港というのも、今回ルフトハンザを選んだ理由。

シベリア上空、不思議な風景
シベリア上空、不思議な風景
そして北極海。すごいなあ・・って思う。
そして北極海。すごいなあ・・って思う。
バック・トゥ・ザ・フューチャーを1~3まで一気にみてしまった・・・。いよいよ2015年。
バック・トゥ・ザ・フューチャーを1~3まで一気にみてしまった・・・。いよいよ2015年。

せっかくのトランジットくらい楽しみたいもの。しかし、出国時にはかなり厳しいセキュリティと所持品のチェックがあるので必要以上に荷物を持ち込んだりするのは気をつけた方がいい。

ということで、フライトについて。

成田からフランクフルト便はお昼くらいに出発して、フランクフルトには同日の昼過ぎに到着する。

預け入れ荷物についてはリオデジャネイロまで一気にもっていくことができる。

ちなみに、帰りの便で預け入れ荷物のタグをつける前に荷物がレーンを流れ行ってしまい、もはやあのバックパックとはこれまでか・・と覚悟したのだが、成田で普通に再会できた。ブラジル人・・やればできる。

フランクフルトにあった簡易ベッド、これでごろっとして生き返った
フランクフルトにあった簡易ベッド、これでごろっとして生き返った
フランクフルトからリオデジャネイロまで、これで11時間・・・。
フランクフルトからリオデジャネイロまで、これで11時間・・・。

フランクフルト空港は空港内に長いすみたいな簡易ベッドが並んでいたりするので、少し横になることをおすすめする。やはり腰をしっかり伸ばせるのは気持ちがいいものだな・・と実感。

リオデジャネイロまでのフライトはかなり揺れてびっくりした。

そして、成田からフランクフルトまでとフランクフルトから成田までは同じエアラインとは思えないくらい、違っていてこれはこれで面白い。ブラジル行きの飛行機に乗った瞬間からラテンのノリははじまってんだなと思った。

エアチケットについてはSkyscannerとかも使ってみたが、クレジットカードの承認がおりなかったりして結局航空会社のサイトから購入。それ以外に価格比較をするのであれば、SkyscannerよりもExpediaの航空券予約とかの方が決済も含めて便利かもしれない。

ブラジルへのフライトはかなり長時間におよぶし、エアラインやトランジットの過ごし方含めていろいろ検討してみたほうがいいと思う。それでいうと今回のルフトハンザはいいフライトだったと思う。

エクスペディアの格安航空券

Related Post

ヴィニシウスレストランでカイピリーニャ、そしてボサノヴァのライブ... ヴィニシウス バーの外観 ガロタ デ イパネマ(Garota de Ipanema)の向かい側にあって、ボサノヴァ創始者の作詞家であるヴィニシウス・ヂ・モライスの名前を冠したレストラン。 リオデジャネイロでボッサを聴けるところって少なくなっているのだけど、ここのライブハウスでは毎晩ずっ...
ベトナム航空搭乗記(成田~ホーチミン)... 2014年7月の夏休みを利用してベトナムとカンボジアに行ってきた。久々のベトナム航空。 前はよくも悪くもカジュアルだったのだが(機内食、もう一個欲しい?とか聞かれたことある)、いまでは普通のちゃんとしたエアラインになっていた。CAさんのアオザイ姿はかなりグッとくるものがあるのだが、今回は行き帰...
カンボジア・アンコールエアライン搭乗記(ホーチミン~シェムリアップ)... たびたび変わるカンボジアのナショナルキャリア。ここ数年はベトナム航空が出資しているカンボジア・アンコール航空がその座についている。 僕としてはカンボジアのキャリアは全然信用していないので、出来れば乗りたくなかったのだがベトナム航空とコードシェアしている都合上乗らざる得ない状況に。 で、乗...
香港エクスプレスの「讃岐うどん」搭乗機(2017年2月)... 日本では真冬の2月。2015年はルアンパバンに行って寒さから逃れたのだが、2016年は海外へ逃げず寒い思いをしたので、2017年は再び暖かいところへ行こうかと香港に行くことにした。しかし、結論からいうと香港も寒くて中途半端に行くくらいじゃだめなのだなということだ。 それにしても、香港エクスプレ...
エアアジア(バンコク-プノンペン)搭乗記、早朝のドンムアン空港は大混雑... 今回の旅ではカンボジアへ向かうため、バンコクはトランジットでプノンペンへと向かう。早朝6:30のフライトを選択したのだが、バンコク市街とドンムアン空港はタクシーで行っても早朝であれば30分もあれば着いてしまうし、あえて不便な空港横のホテルを選ぶ価値はあまりない。深夜について早朝に出発するというときく...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.