Sバーン Konstablerwache駅前

フランクフルトでトランジットに時間があって、どこかひとつ観てみたいと思ったときに選んだ美術館はフランクフルト現代美術館。

街中にあってアクセスしやすそうだったし、ここでしか観られないものがありそうだったから。

フランクフルト空港からだと、SバーンのS8かS9でハーナウ方面に乗って20分くらいのFrankfurt(M)Konstablerwache(コンスタブラーヴァッヘ)まで。10~15分間隔で運転している。とくに治安の悪さは感じないものの、すごくいいわけでもないなって感じ。料金については僕は1日乗車券買っちゃったので不明。

Konstablerwache駅から美術館までは歩いて7~8分といったところ。冬だったこともあり人通りはまばらだったけれど、まあ問題はなさそうな感じする。ちなみに、フランクフルト中央駅からも歩いて20分くらいで着くくらいの距離。

フランクフルト現代美術館(MMK)
写真撮影は許可制になっていて、申請するとこのようなシールをもらえる

フランクフルト現代美術館はMMKと略称がついていて、建物が三角形の外観から「ケーゼクーヘン」(チーズケーキ)という愛称がついている。

入口は狭いものの、階数が多くて見所が結構ある。1時間じゃとても見切れないくらい。

トイレは地下にあって、すごいきれいなわけじゃないけれどただで使えるのは価値がある。

館内の撮影は許可制になっていて、手荷物とか預かってくれるレセプションにて住所や氏名、連絡先を記入するとシールをつけてくれる。とくに追加料金はかからない。

フランクフルト現代美術館

展示としては基本的に一部屋あたりひとりのアーティストの作品となっていて、シンプルでみていきやすい。

圧倒されたのは入口にあった大量の鍋の作品だったのだが、印象に残ったのは常設展示されていたジェームズ・タレル(James Turrell)の作品。

ここでも暗闇と光の対比を使った作品が印象的で、漆黒の部屋に立ち入ったときの空間がとけちゃうような印象から、徐々に目が慣れてきて空間を理解できるようなってくるときのぼんやりとピントがあっていく感覚がすごく不思議に気持ちがいい。

ジェームスタレルの作品

フランクフルト現代美術館はほかの美術館あわせた周遊チケットみたいなものも販売しているのだけど、ここだけでもかなり充実していてクオリティの高い作品を堪能できるので、あえてあちこち行かなくてここだけにしていいと思う。

上の作品を拡大すると、こんなのが描かれていたりする
ひとつの部屋にひとりのアーティストの作品が基本展示なのですごくみやすい

そして、やはりフランクフルトで訪れる場所にこの美術館を選択してよかったなと思える体験だった。

フランクフルト現代美術館 / Museum für Moderne Kunst, Frankfurt Am Main.
住所:Domstraße 10, 60311 Frankfurt am Main
時間:10:00-18:00(水曜日20:00まで)
休み:月曜日

Related Post

「リビングルームⅡ」ミシェル・ブラジー展をみてきた... 銀座エルメスの8階にあるギャラリーでミシェル・ブラジー展をみてきた。エルメスに入るなんてイベントホールくらいしか用がないのだが、一階で売っているApple Watchのエルメスバージョンは気になっている(しかし2年で価値が消滅しかかるアクセサリーはちょっと高いなあ)。 エルメスのイベントホール...
El Galettoはガレット以外も含めたブラジル料理店... ガレットとはリオデジャネイロの名物料理で、生後30日以内の若鶏を炭火焼きにする料理。シンプルだけど、これが美味しい。 有名店なのは今回とまっているアウグストス ホテルのそばにあるガレット サットで、ここは抜群に美味しかったのだが、ほかで食べたらどんなものなのかとコパカバーナビーチから少し入った...
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
華山1914を散歩 ビートルズ展やってた 台北のアートスポットとして有名な華山1914文創園區。前にも訪れたことあるのだけど、ひさびさに来てみた。 僕が行ったときはビートルズ展と、星の王子様展をやっていた。 ぱっと見の感じではどちらも大丈夫かよって思っていたのだが、日本に戻って調べてみたらどちらも行...
大地の芸術祭 2015 – 松之山エリア編 大地の芸術祭の松之山エリア編。 大地の芸術祭では最後に見てまわったところ。このエリアは僕のなかでは新しい作品ではあまり見たいと思ったものがなく、いままでみてきたものをもう一度見られればくらいの印象だった。 このエリアには大地の芸術祭の象徴的な作品であるクリスチャン・ボルタンスキーの「最後...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください