アドルフ・ワグナーフランクフルト現代美術館を訪れたあと外に出てみたら、すっかり暗くなっていた。冬のヨーロッパは陽が落ちるのが早い。

猛烈な空腹に見舞われいたので、どこか食べるところがないかなと思ってネットで調べて行ってみたのがアドルフ・ワグナーというレストラン。

年末のクリスマスシーズンだったこともあって、わりとおやすみのところが多かったのだけど、ここは年中無休なのが旅行者には優しいところ。

Uバーンの駅からも近いのだが、便利なのはSバーンのフランクフルトスート(Frankfurt Süd)駅から歩いて行くコース。例によってあまり人は歩いていないのだけど、夜の早い時間であれば表通りを歩いて行く分には問題なさそう。

裏通りは本当に人気がなかったので通らなかった。フランクフルトってあまり治安いいイメージないんだよなあ・・。

アドルフ・ワグナー

アドルフ・ワグナーはそんな外の静けさとは無縁で、賑わっている。入口付近は立ち飲みスペースになっていて、仕事帰りの人たちがわいわい飲んでいるのが楽しそう。僕は入口付近の席に座ったのだけど、かなり広いレストランになっているみたい。

ここは、自家製のりんご酒(Apfelwein)が有名で、なんとメニューにビールが存在しない。ドイツなのに!って思うのだけど、このりんご酒の素朴な酸味とかすかな発泡感がまた美味しい。

りんご酒が有名
りんご酒が有名

このりんご酒にあうのは骨付き豚肉のかたまり焼きであるシュバイネハクセ (Schweinshaxe)という料理。どかーんと大皿にのって出てくる。まあ見た目通りな大味なのだけど、外のかりっとしたところと中身のどっしりした脂身。そして、じゃがいもの美味しさ!これだけでがっつりいける。

そして豚肉のかたまり焼き
そして豚肉のかたまり焼き

しかし、この豚肉のかたまりが出てくるまで結構時間かかるので、りんご酒を何杯か飲みながら待つのがいい。みんな大声で話していて、賑わったレストランの雰囲気を楽しむだけでもドイツっぽい。

お店の人はだいたいドイツ語しか通じなくて、何人かは英語が通じるのだけど、ドイツ語ができないと結構冷たい扱いを受けるので、オーダーくらいはドイツ語ができた方がおすすめ。

アドルフ・ワグナー / Apfelweinwirtschaft Wagner
住所:Schweizerstrasse 71 Frankfurt/M, Frankfurt
時間:11:00-24:00
休み:なし

Related Post

掛川の「いも汁処本丸」で自然薯を食べる... お店の外観 掛川花鳥園でフクロウとか色鮮やかな鳥たちと心ゆくまでふれあって、ものすごいお腹空いてしまった。 掛川花鳥園でランチを食べるという選択にはどうにもならなかったので、ちょっと地図を検索してきてみたのは花鳥園から車で数分のところにある「いも汁処本丸」というお店。 お店の雰囲...
【閉店】池の端藪蕎麦で味わう老舗蕎麦の味... 池波正太郎のエッセイにもたびたび出てきていて気になっていた池之端の藪蕎麦に行ってきた。 週末のランチに行ったのだが、混み合っているものの回転がはやいので並ぶまではいかない状況。 場所は上野から湯島に抜けるところなのだが、まわりは風俗街でちょっと夜は歩きたくないなという感じではある。まあ、...
ル・パルク(恵比寿)でおしゃれ中華ランチ... 恵比寿で手頃な金額でランチに予約できる、そして大人数にも対応できるとなると、ル・パルクがおすすめ。 中華料理というよりビストロみたいなアンティーク調の店内の雰囲気もふくめて女性受けもいいし、料理もちゃんと美味しいので満足度が高い。 と思ったら、コルドンブルー経営のレストランだったのか。そ...
ホテル ヤダナボン(マンダレー)に宿泊... ホテルはマンダレー駅そば(写真は派手なマンダレー駅) ミャンマー旅行で最後に泊まったホテル。チェックインが夜で、翌朝にはチェックアウトしてしまったため、あまり印象はないのだが悪くないホテルだとは思う。 場所はマンダレー駅近くで歩いて5~6分のところにある。下町のような雰囲気のところで、...
マラカナンスタジアムを巡礼 MRTの駅 マラカナンスタジアムに来てしまった。この歴史がある巨大なスタジアムに来たっていうのは感動以外のなにものでもないな。 バルセロナのカンプノウもすごかったけれど、マラカナンのもつドラマチックさはまた違うものがある。 スタジアムはリオデジャネイロの北側にあって、あまり治安が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です