カテドラル・メトロポリターナからラパに向けて数分歩くとみえるのが真っ白な水道橋。サンタテレーザの丘からセントロの方につながっていて、かつてはここに水を通していた。現在は路面電車の陸橋になっている。

水道橋のあるところは大きな広場になっていて、ラパ広場と呼ばれている。このあたりは下町っぽさがあって、昼間はまあのんびりしたところなのだが、夜は場所によっては問題ありそうな感じもするな。水道橋の奥の藪には浮浪者も結構いたし、昼間でもヘンに人が少ないところにはいかない方が無難な気配がする。

奥はサンタテレーザ
反対側はセントロ、カテドラル・メトロポリターナもみえる

とはいえ、普通に観光している分にはカメラ出しても問題ないし、きれいな広場でのんびりしたり、広場の脇にあるカフェでビール飲んだりするのもいい。ここから地下鉄のグロリア駅にかけてはラパとよばれるナイトスポットで夜は21時過ぎから賑わっている。何度か通ったけれど、結構楽しそう。

広場の奥からサンタテレーザに向けてはど派手な階段でリオデジャネイロの象徴的な存在になりつつある、エスカダリア ド セラロン(Escadaria Selaron)があったりして見所も多い。

治安の面で問題があるのは間違いないと思うけれど、過敏になりすぎることなくちょっとこのあたりを散歩してみるのはビーチだけじゃないリオデジャネイロの楽しみのひとつだと思う。

カリオカ水道橋(Aqueduto da Carioca) / ラパ広場(Largo da Lapa)

Related Post

チャイティーヨー日帰り巡礼の旅 ゴールデンロック周辺はかなり開発されている ヤンゴンまできたなら、ちょっと無理してでもチャイティーヨーのゴールデン ロックを見た方がいいよというミャンマー人の熱烈なオススメもあって行ってみた。 移動はこちらに住んでいるミャンマー人の知り合いの方が車を出してくれたので、公共交通機関を一切...
篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...
奈良井宿への旅:お六櫛と庄屋忠左衛門の七味... 中央線の奈良井駅すぐそばにある 奈川から塩尻方面へと南下しつつ山を下っていったところに中山道の宿場町だった奈良井宿がある。 木曽街道の宿場町ってどれもきれいに残っていて、雰囲気あって好きなのだけど、奈良井宿もまた美しい場所だった。 奈良井宿は中央本線の奈良井駅からすぐのところにあ...
シェムリアップ オールドマーケット散歩... こういうブラックジョークな光景がわりと好き いまじゃまったく信じられない話だが、シェムリアップで買い物といえば、2000年代初頭くらいまではオールドマーケット、ただ一択だった。 ここにある肉や野菜を屋台で食べ、スイーツを食べ、明日着る地雷柄のTシャツを買って・・といった具合。お土産物も...
リオ セナリウム(Rio Scenarium)でナイトライフを楽しむ... ラパ地区 リオデジャネイロのセントロの端っこにあるカリオカ駅から水道橋のあたりはラパ地区(Lapa)と呼ばれていて、ここはライブハウスやレストランなどが軒を連ねていて、表通りは比較的治安がよく深夜までナイトライフが楽しめるエリアになっている。ホテルに関しても安宿はこの辺りに集中している。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です