ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。

「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロン)氏が1990年から階段にタイルを貼り付けたりして作り続けている作品。

世界中を旅してリオデジャネイロを気に入って定住して、この階段沿いの家に暮らしているらしい。こういうカラフルな色づかいをするアーティストがリオデジャネイロを世界でもっとも好きになったというのは、なんとなくわかる気がする。

エスカダリア ド セラロン

階段は結構な距離があるのだが、ずうっと赤を基調にしたデザインで装飾されている。階段の下の入口の所はさすがに混雑しているのだが、上に行くにつれて人は減ってくるのでのんびりできると思う。

最上部までしっかりデザインされているので、途中でひと休みしながら、階段に描かれた絵を楽しみながらでも登ってみてほしい。なんだかすごく楽しくなってくるし、ここに住んでいる人がいて、楽器をもった人なんかがちょこちょこっと出てきて階段をくだって仕事にいくところに遭遇したりすると、この階段の街が愛されているんだなって感じる。

リオデジャネイロといえば、コパカバーナビーチとかカリオカの像とか有名な観光名所はたくさんあるけれど、ここエスカダリア ド セラロンはそれに続く美しきリオデジャネイロの見どころのひとつになってる。ここへ来てみて、実際に手に触れて、空気を感じることができてよかったなと思う。

しかし、階段を上がりきったところはサンタテレーザというファベーラなので(でも、ここもきれいなファベーラだと思うけれど)、むやみに人気のないところをふらふらしているとカツアゲされる可能性あり。

階段あがったところはサンタテレーザ
階段あがったところはサンタテレーザ

エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)
住所:Rua Manuel Carneiro – Santa Teresa, Rio de Janeiro

Related Post

秋の庄内映画村オープンセットを訪れてみた... 庄内映画村への旅ふたたび。初夏に来てみて、電線のない里山の風景ってこんなに美しいものなのかと感動をしたのだが、秋もまたきれいですよっていう話を聞いたので、またもや来てみた。 庄内映画村のオープンセットまでの道のりは、カーナビだと違うところへ連れて行かれしまう可能性があるため、公式ブログ...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
慈照寺(銀閣寺)の紅葉をひさびさにみてきた... 南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。 調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながら...
台南随一の絶景、四草綠色隧道碼頭の緑のトンネルをボートですすむ... 台南には何度か来ているけれど、こんなところがあったなんて始めて知った。そしてすごいきれいで楽しい。安平古堡、赤崁楼と並ぶ台南観光のハイライトといっていいと思う。 四草綠色隧道碼頭へのアクセス 国鉄台南駅からバスが出ているとのこと。99台江線か10番のバスに乗って行けるみたい。でも、幻のバ...
潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください