ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。

「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロン)氏が1990年から階段にタイルを貼り付けたりして作り続けている作品。

世界中を旅してリオデジャネイロを気に入って定住して、この階段沿いの家に暮らしているらしい。こういうカラフルな色づかいをするアーティストがリオデジャネイロを世界でもっとも好きになったというのは、なんとなくわかる気がする。

エスカダリア ド セラロン

階段は結構な距離があるのだが、ずうっと赤を基調にしたデザインで装飾されている。階段の下の入口の所はさすがに混雑しているのだが、上に行くにつれて人は減ってくるのでのんびりできると思う。

最上部までしっかりデザインされているので、途中でひと休みしながら、階段に描かれた絵を楽しみながらでも登ってみてほしい。なんだかすごく楽しくなってくるし、ここに住んでいる人がいて、楽器をもった人なんかがちょこちょこっと出てきて階段をくだって仕事にいくところに遭遇したりすると、この階段の街が愛されているんだなって感じる。

リオデジャネイロといえば、コパカバーナビーチとかカリオカの像とか有名な観光名所はたくさんあるけれど、ここエスカダリア ド セラロンはそれに続く美しきリオデジャネイロの見どころのひとつになってる。ここへ来てみて、実際に手に触れて、空気を感じることができてよかったなと思う。

しかし、階段を上がりきったところはサンタテレーザというファベーラなので(でも、ここもきれいなファベーラだと思うけれど)、むやみに人気のないところをふらふらしているとカツアゲされる可能性あり。

階段あがったところはサンタテレーザ
階段あがったところはサンタテレーザ

エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)
住所:Rua Manuel Carneiro – Santa Teresa, Rio de Janeiro

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
サイゴン中央郵便局は定番観光コース... 外観 ホーチミン シティは、わりかし観光スポットが多い街で、僕もあれこれまわったこともある。 そのなかで、あまり時間がない今回の旅でどこか厳選して巡るとすればベンタイン市場と、この優雅な建物のサイゴン中央郵便局かなって思う。 ちなみに、中央郵便局の向かい側にはサイゴン大聖堂という...
五色沼でボートを漕いできた 会津若松をあとにして少し裏磐梯の方へと行ってみることにする。このあたりは6月に来た東北旅で立ち寄りたかったところなのだが(2016年6月 行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編)やはり行程には無理があったかもしれないなって思えるくらいに広いエリアだった。 気になっていたのは裏磐梯にある五色沼とい...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...
中之条ビエンナーレ2013(暮坂編) 芸術の秋ってことでもないけれど、群馬の中之条で2年ごとに開催されている中之条ビエンナーレをみてきた。 暮坂峠を含む、暮坂エリア編なのだが、僕のなかではこのビエンナーレのなかで最も印象が薄いエリアというかなんというか・・。六合から中之条に抜ける道すがら通ってみたという印象。スタン・アンダソンの「...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください