ヴィニシウス バーの外観
ヴィニシウス バーの外観

ガロタ デ イパネマ(Garota de Ipanema)の向かい側にあって、ボサノヴァ創始者の作詞家であるヴィニシウス・ヂ・モライスの名前を冠したレストラン。

リオデジャネイロでボッサを聴けるところって少なくなっているのだけど、ここのライブハウスでは毎晩ずっとライブをやっている。

一階がレストランになっていて、二階がライブハウスという作りになっている。最初よくわからなくて一階でお酒飲んでいたのだけど、全然ライブハウスじゃないじゃんと思っていたら、隣のテーブルにいたおじさんが「今日はクラウディア・テレスのライブで人気だから、はやめに二階行った方がいいぜ」と教えてくれたので分かった。

店内
店内
その日のライブの告知は主での看板でチェックできる。
その日のライブの告知は主での看板でチェックできる。
とりあえずカイピリーニャ
とりあえずカイピリーニャ

ちなみにこのおじさん、この街では貴重な英語が話せる人でレストランやバーの常連らしく色々話を教えてくれた。

ライブ前にはクラウディア・テレスと談笑したりしていてびっくりしたのだが・・・。

写真撮らせてってお願いしたら、ポーズとってくれてすごく気さくで素敵なダンディな人だったな。

一階のレストランは向かいのイパネマの娘レストランと同じような感じで、普通のレストラン。

ダンディなおじさん、この方に色々おしえてもらった
ダンディなおじさん、この方に色々おしえてもらった

二階のライブハウスには店内ではつながっていなくて、外からまわりこむようになっている。マリア・テレスの娘であるクラウディア・テレス(Cláudia Telles)が定期的にライブをやっていて、彼女がステージに立つときには開演前に満席になるのではやめに行った方がいい。

クラウディア・テレス(Cláudia Telles)のライブ
クラウディア・テレス(Cláudia Telles)のライブ

ライブチャージは40ブラジルレアルで日本と比較すると圧倒的なお得感がある。地元のライブハウスっていう感じで、主演者も観客もリラックスした雰囲気で音楽を楽しんでいるのがいいなって思う。クラウディア・テレスも「どこから来たの?」とか観客に話しかけてみたりして小さなライブハウスならではの感覚。

ちなみに、ライブに関しては21時が開演なのだけど、盛り上がるのは深夜23時過ぎから2時にかけて。リオデジャネイロはナイトライフの街だなあって感じる。周辺は深夜まで賑わっているしタクシーもすぐ捕まるので、深夜の回に行ってみるのがいい。Bossa Nova好きはぜひとも本場のライブを楽しんでほしい。
ヴィニシウスレストラン – Vinicius Restaurante Show Bar
住所:Rua Vinicius de Moraes, 39 | Ipanema, Rio de Janeiro, State of Rio de Janeiro
時間:12:00 – 26:00
休み:だいたい営業しているが、不定期

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です