レメ・ビーチはじめてこのビーチについたとき「ついにやって来たー」っていう感慨と、時差ボケの眠さとの戦いだった。

コパカバーナの海岸は4キロに渡って続いていて、東端はレメ・ビーチといわれている。

なんとここも世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」に含まれているらしい。

海岸線沿いにはアトランティカ通りが続いていて、通りの向こうにはカフェとかクラブとかホテルが建ち並んでいる。歩道は白と黒で波のようなモザイクタイルが敷かれていて、この模様はイパネマビーチでは異なるデザインになっているので見比べてみるのがおすすめ。

コパカバーナ

コパカバーナ

シャワーも完備されている
シャワーも完備されている

アトランティカ通りとビーチの間はサイクリングやランニングのための道路が整備されていて、朝から走っている人も多い。

ガイドブックなどでは朝晩のランニングは危険という記載もあったが、年末年始などの夏場のハイシーズンであれば、とにかく人が多いので治安について心配な感じはまったくなかった。

冬場だとビーチに人もいないらしいので状況も違うのかもしれないが。

ビーチはちょっとびっくりするくらい広大な砂浜が広がっていて、ホースで少しずつ水を出す道筋をつけてくれていなかったら歩くのも大変だったかもしれない。

昼間は湘南のように混雑していて、日本の海外で問題になっている音楽がかかる状況をはるかに超える音量でサンバとか音楽がかかっている。まあ、わびさびとかないような国だし、こういうのがいいって思える。

美しき夕方のコパカバーナ
美しき夕方のコパカバーナ

でもこのビーチでもっとも好きだったのは夕方。

祭りの終わりみたいにチルアウトした雰囲気で、少し涼しく感じるようになった風を受けながら、砂浜に残った余熱を感じて座っていたりするのが好き。

この街の夕暮れは本当に美しくて、19時過ぎからちょっとずつ傾いていく太陽を眺めたりしていると、時間を忘れてしまう。

そして、ようやく落ち着いてきた砂浜では仕事終わりのような人がちょっと休憩していたり、家族連れがピクニックみたいなことをしていたりして、圧倒的な激しさがある昼間とは違った雰囲気。

コパカバーナ

まわりが紫色に染まっていく時間がすごく美しかったなと印象に残っているし、こんな美しい風景を毎日ように見ていれば、あんなにも感傷的で美しい音楽ができるのもわかるきがする。すごく素敵な時間を過ごせるビーチだと思う。

ところで、年末年始のカウントダウンイベントではここに200万人が集まるのだが、それはもうすごい状況だった。その時の話はまた別の機会にということで。

コパカバーナ ビーチ (Copacabana, Rio de Janeiro)

Related Post

香港に住む客家の集落「吉慶囲」に行ってきた... 香港郊外を旅してみるシリーズ。川龍村から路線バスを乗り継いで元朗区の方へ抜けてみることにした。行ってみたのは中国の本土から流れてきた客家という民族の集落。周囲に壁を作って集団生活する独特の生活スタイルを維持して暮らしている。香港では錦田吉慶囲というところが比較的オープンなコミュニティで壁の内側にも入...
千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...
シェムリアップ オールドマーケット散歩... こういうブラックジョークな光景がわりと好き いまじゃまったく信じられない話だが、シェムリアップで買い物といえば、2000年代初頭くらいまではオールドマーケット、ただ一択だった。 ここにある肉や野菜を屋台で食べ、スイーツを食べ、明日着る地雷柄のTシャツを買って・・といった具合。お土産物も...
ワット チェディルアン – チェンマイで最もおすすめしたいスポット... もし、チェンマイにやって来たのに、どこかひとつだけしか訪問するところしか時間がないという状況であれば、僕ならば迷わずワット チェディルアンに来ると思う。 チェンマイの旧市街のなかにあり、かつてここが都であった頃の中心となっている寺院。巨大な仏塔があるのだが、16世紀に起きた地震によって一部崩壊...
安平老街を散歩してきた 前に安平老街来たときも、勝手に自主的に散歩している犬とすれ違ったりして、ずいぶんとのどかなところだなって思ったけれど、ひさびさに散歩してみて、やはりのどかでいいところだった。沖縄の田舎を歩いているような感じがする。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散歩 この場所は賑わいをみせてくるのは午...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください