ガレットとはリオデジャネイロの名物料理で、生後30日以内の若鶏を炭火焼きにする料理。シンプルだけど、これが美味しい。

有名店なのは今回とまっているアウグストス ホテルのそばにあるガレット サットで、ここは抜群に美味しかったのだが、ほかで食べたらどんなものなのかとコパカバーナビーチから少し入ったところにあるエル ガレットというお店にやってきた。

ELガレット El Galetto

ここはシュラスコで有名なカヘトン リドのすぐ隣にある。観光客向けっぽいお店で通りにも席を用意している。

メニューは英語メニューも用意されていたのだが、まあとりあえずガレットのセットを注文してみる。まわりもとりあえずガレットを頼んでいる観光客が多い。

あとは、浮浪者が来ていて、客から食べ残しをわけてもらっているのが印象的だった。あんなの店先でやっちゃうのかと。

ELガレット El Galetto

ガレットについてはまあ普通に美味しいと思うのだが、ガレット サットを食べたあとではインパクトは薄い。というか、なんでここでガレット食べちゃったんだろうって思ってしまった。

ガイドブックにも載っているお店でほかにもブラジル料理を食べられるのだが、雰囲気含めて観光客向けなお店なので、あまりおすすめできないところ。

El Galetto
住所;R. Ronalde de Carvalho, 91 – Copacabana, Rio de Janeiro
休み:7:00 – 24:00

Related Post

東一排骨 – 台湾風カツレツの名店... 排骨とは、豚などのスペアリブで、排骨料理とは豚バラ肉を揚げたものなのだが、ここ東一で食べる排骨料理はカツレツという感じで薄くのばした豚バラの揚げ物だった。これがビールにあってうまい。ごはん付きの排骨飯セットで数百円というところでビールをつけても1000円いかないという割安感。 お店の場所は西門...
ガレット サット – リオデジャネイロのローカルフードで抜群の美味しさ... 今回コパカバーナで泊まったアウグストス ホテルのすぐ近くにあって、ホテルのフロントのおじさんも大推薦だったのが、このガレット サットというレストラン。 ガレットとはリオデジャネイロの名物料理で、生後30日以内の若鶏を炭火焼きにする料理。シンプルだけど、これが美味しい。 専門店はあちこちあ...
ボタフォゴのレストラン Café e Bar Águia dos Andes... どこの土地であっても、ローカルなレストランで安定したところを求めるときに注意しているのは、どれだけ地元の人がそこに集っているかという点につきるのだが、その点ここのレストランは安定した美味しさだった。 ボタフォゴにはちょっとよさげなレストランから観光客向けのところまでいろいろあるのだが、Café...
リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな雰囲気でステンドグラスの美しい直線的なデ...
リオデジャネイロではアサイーを食べるのがおすすめ... リオデジャネイロに限ったことじゃないとは思うが、ブラジルでファーストフード店っぽいところで何を頼むのがいいかというと、アサイーがおすすめ。 ブラジルではアサイーが使われているものが多くて、お土産にアサイー石けんを買って帰ったりしたけれど、食べるということに関しても美味しい。 日本で食べる...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください