リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)ニテロイ現代美術館をみてきてセントロに戻ってきたついでに、旧大聖堂にもいってみた。

セントロの船着き場から徒歩10分くらいのところにあって、メトロの駅も比較的近い。周囲はオフィス街で、お昼時には屋台みたいなものも結構でてきていて賑わっている。

ここは19世紀にかけてつくられて、ブラジル皇室の礼拝堂となっていた。そして、1976年に現在のカテドラル・メトロポリターナが作られるまではリオデジャネイロ大司教が置かれていたこともあり豪華絢爛といった大聖堂になっている。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

外は真夏の暑さなのだけど、なかに入るとひんやりとした空気が気持ちがいい。風がうまく吹き抜けるようになっているみたいで、通り抜けていく風が心地よく感じる。それにしても、なかの豪華さはヨーロッパにいるかのようだ。

もはや旧大聖堂となっているのだけど、いまだこちらの方が大聖堂としての風格がある。細かい装飾なども美しく、天井まで細部にわたって作り込まれているので、気楽にきてみたものの思いのほか見どころが多かった。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

とくに信仰心が強くなかったとしても、あの新しい直線的なデザインのカテドラル・メトロポリターナと、この優雅で伝統的な旧大聖堂はあわせて見ておいた方がブラジルの感覚を理解できるような気がする。

ノッサ・セニョーラ・ド・モンテ・ド・カルモ教会(Igreja de Nossa Senhora do Monte do Carmo)- リオデジャネイロ旧大聖堂

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「飯給のトイレ」編... のどかすぎる飯給駅前 実質「世界一大きなトイレ」が千葉の田舎にひっそりとあるのです。今回のアートミックスがはじまる前からあって、この壁に囲まれたものは・・トイレなのか?と思っていたのだが、今回のアートミックスの開催でこれが作品なのだと初めて分かった。 ちなみに女子トイレで男性の利用は不...
プーシーの丘で夕陽を眺める ルアンプラバンで夕陽を眺めるのであれば、一度くらいはプーシーの丘に登ってみてそこからルアンパバンの風景を眺めたりしながら、メコン川の向こうに沈む夕陽を眺めるのがいい。 たとえ、登った先の丘の上はえらい騒ぎであっても、曲がりなりにも世界遺産に登録されているこの丘から眺める風景は感動する。ただ、場...
イビス リオデジャネイロ ボタフォゴに宿泊。コストパフォーマンスの利便性のバランスがとれた宿。... ホテルは地下鉄のボタフォゴ駅から徒歩5分くらい。 今回のブラジル旅行ではリオデジャネイロで宿を何度か変えていて、ボタフォゴにあるここのホテルと、コパカバーナにあるBest Western系のホテル。あとはレメの奥にあるファベーラの宿の3つ。 地下鉄駅や移動の利便性と宿の立地。そして、コ...
サイゴン中央郵便局は定番観光コース... 外観 ホーチミン シティは、わりかし観光スポットが多い街で、僕もあれこれまわったこともある。 そのなかで、あまり時間がない今回の旅でどこか厳選して巡るとすればベンタイン市場と、この優雅な建物のサイゴン中央郵便局かなって思う。 ちなみに、中央郵便局の向かい側にはサイゴン大聖堂という...
大地の芸術祭への旅 2015年 この夏にもっとも長い旅。新潟の越後妻有で3年に一度開催されている大地の芸術祭へ行ってきた。なんだかんだと毎年のように来ているので、だんたんなじみ深い地域になっているのだが、それでもこのトリエンナーレの時期は特別な雰囲気。 今回の旅ではいつも泊まっているベルナティオを拠点に2泊3日まるまる全部、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください