リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)ニテロイ現代美術館をみてきてセントロに戻ってきたついでに、旧大聖堂にもいってみた。

セントロの船着き場から徒歩10分くらいのところにあって、メトロの駅も比較的近い。周囲はオフィス街で、お昼時には屋台みたいなものも結構でてきていて賑わっている。

ここは19世紀にかけてつくられて、ブラジル皇室の礼拝堂となっていた。そして、1976年に現在のカテドラル・メトロポリターナが作られるまではリオデジャネイロ大司教が置かれていたこともあり豪華絢爛といった大聖堂になっている。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

外は真夏の暑さなのだけど、なかに入るとひんやりとした空気が気持ちがいい。風がうまく吹き抜けるようになっているみたいで、通り抜けていく風が心地よく感じる。それにしても、なかの豪華さはヨーロッパにいるかのようだ。

もはや旧大聖堂となっているのだけど、いまだこちらの方が大聖堂としての風格がある。細かい装飾なども美しく、天井まで細部にわたって作り込まれているので、気楽にきてみたものの思いのほか見どころが多かった。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

とくに信仰心が強くなかったとしても、あの新しい直線的なデザインのカテドラル・メトロポリターナと、この優雅で伝統的な旧大聖堂はあわせて見ておいた方がブラジルの感覚を理解できるような気がする。

ノッサ・セニョーラ・ド・モンテ・ド・カルモ教会(Igreja de Nossa Senhora do Monte do Carmo)- リオデジャネイロ旧大聖堂

Related Post

VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
いちはらアート×ミックス2014「湖の飛行機」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。 ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで...
不思議な風景がある場所、台南の「千畦種子博物館」にいってきた... instagramで見かけて気になった場所。今回の台南旅では奇美博物館とかアート寄りの旅をしている。千畦種子博物館は個人所有の博物館で種を専門にしている。入場は無料なのだけど、事前の予約が必要でガイドツアー的なものは中国語のみ。 でも、このちょっと不思議な風景は美しく楽しい体験だった。台南って...
二日酔いで上高地を散歩してきた あまり自慢できることじゃありませんが、年に数回あるかという激しい二日酔いになりました。こちらに住んでいる方のはからいで上高地を案内してくれることになっているのですが、早朝に起きられたのは奇跡に近いことだなとか思ったりしている。昨晩、オールドロックで飲んでから宿に帰った記憶がおぼろげだものな。 ...
休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください