リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)ニテロイ現代美術館をみてきてセントロに戻ってきたついでに、旧大聖堂にもいってみた。

セントロの船着き場から徒歩10分くらいのところにあって、メトロの駅も比較的近い。周囲はオフィス街で、お昼時には屋台みたいなものも結構でてきていて賑わっている。

ここは19世紀にかけてつくられて、ブラジル皇室の礼拝堂となっていた。そして、1976年に現在のカテドラル・メトロポリターナが作られるまではリオデジャネイロ大司教が置かれていたこともあり豪華絢爛といった大聖堂になっている。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

外は真夏の暑さなのだけど、なかに入るとひんやりとした空気が気持ちがいい。風がうまく吹き抜けるようになっているみたいで、通り抜けていく風が心地よく感じる。それにしても、なかの豪華さはヨーロッパにいるかのようだ。

もはや旧大聖堂となっているのだけど、いまだこちらの方が大聖堂としての風格がある。細かい装飾なども美しく、天井まで細部にわたって作り込まれているので、気楽にきてみたものの思いのほか見どころが多かった。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

とくに信仰心が強くなかったとしても、あの新しい直線的なデザインのカテドラル・メトロポリターナと、この優雅で伝統的な旧大聖堂はあわせて見ておいた方がブラジルの感覚を理解できるような気がする。

ノッサ・セニョーラ・ド・モンテ・ド・カルモ教会(Igreja de Nossa Senhora do Monte do Carmo)- リオデジャネイロ旧大聖堂

Related Post

コパカバーナのベストウエスタンホテルはちょっと古いけれどコストパフォーマンス優れたホテル... 今回のリオデジャネイロ旅ではコパカバーナでの年末年始を過ごすため、このエリアを拠点にしていた。というのも12月31日夜からコパカバーナへの道路が封鎖されてしまうので、エリア外からのアクセスが不便になってしまうから。 年末年始をここで過ごす場合には注意したほうがいいのだが、この時期のホテルはハイ...
「播磨坂さくら並木」、東京にこんなきれいな風景あったんだと思える場所... 文京区の茗荷谷からほど近い場所は都内では静かな住宅街があり、好きなエリアのひとつ。丸の内線の茗荷谷駅から春日通りを歩いて数分のところにあるのが播磨坂という大通り。でも、この通りは都市開発の途中で中断している道路らしく交通量もあまり多くない。 そして、春日通りからアクセスするとながく続く通りに沿...
香港の珍名所、萬沸寺参拝 香港でカルト的な人気を誇っている萬沸寺。写真をみせてもだいたいは「まあ・・面白そうなところだよね」という反応で終わるわけだ。 しかし、ホーチミン シティでは狂ったディズニーランドともいわれているスイティエン公園にも行き、この香港の珍名所ともいえる場所へ行ってみることにした。ちなみに、数年前にも...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
六花の森ほど心地よい場所はない まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。 中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。 ちなみに、六花亭という社名の由...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください