リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)ニテロイ現代美術館をみてきてセントロに戻ってきたついでに、旧大聖堂にもいってみた。

セントロの船着き場から徒歩10分くらいのところにあって、メトロの駅も比較的近い。周囲はオフィス街で、お昼時には屋台みたいなものも結構でてきていて賑わっている。

ここは19世紀にかけてつくられて、ブラジル皇室の礼拝堂となっていた。そして、1976年に現在のカテドラル・メトロポリターナが作られるまではリオデジャネイロ大司教が置かれていたこともあり豪華絢爛といった大聖堂になっている。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

外は真夏の暑さなのだけど、なかに入るとひんやりとした空気が気持ちがいい。風がうまく吹き抜けるようになっているみたいで、通り抜けていく風が心地よく感じる。それにしても、なかの豪華さはヨーロッパにいるかのようだ。

もはや旧大聖堂となっているのだけど、いまだこちらの方が大聖堂としての風格がある。細かい装飾なども美しく、天井まで細部にわたって作り込まれているので、気楽にきてみたものの思いのほか見どころが多かった。

リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)

とくに信仰心が強くなかったとしても、あの新しい直線的なデザインのカテドラル・メトロポリターナと、この優雅で伝統的な旧大聖堂はあわせて見ておいた方がブラジルの感覚を理解できるような気がする。

ノッサ・セニョーラ・ド・モンテ・ド・カルモ教会(Igreja de Nossa Senhora do Monte do Carmo)- リオデジャネイロ旧大聖堂

Related Post

アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
雨の九分は美しい もう来ることはないだろうなあと思っていた九分へふたたび行くことになった。同行者たちの強い希望により行くことになったわけです。 地下鉄で忠孝復興駅に行って九分行きのバス乗り場へ。しかし、今回は人数多いし最初はタクシーに分乗しようかと思って交渉していたのだが、丁度いいタイミングでバスがやってきたの...
赤城自然園で圧倒的な紅葉を堪能する... 利用しているクレジットカードの会員誌で紹介されていて、気になっていた赤城自然園に行ってみた。 紅葉のシーズンにあわせて訪れてみたのだが、ピークには少しはやいもののそれでもところどころで圧倒的な美しさを実感した。 渋川の町を見下ろすところにある 紅葉するというのは花が色づくとはちが...
安平古堡へふたたびきてみた 四草綠色隧道碼頭で楽しんだあと、どうやって街まで戻ろうかなと思ったら、道路脇から捨て犬が近寄ってくるかのように1台の車が近づいてくる。あ、さっき乗ってきたタクシーじゃん。 ということで、タクシーなので自由な行動できるなと安平古堡へ行ってみることにした。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください