カリオカの像今回のブラジル旅行のブログ記事は大量にあったりしたので、投稿していく順番が入れかわったりしているのだけど、2014年の最後はコルコヴァードの丘に行ってみた。

リオデジャネイロのシンボル的な存在であり、この街全体が世界遺産になっている「山と海との間のカリオカの景観群」でもメインとなっているところ。

はじめてこの街についたときボタフォゴの街角から見えたコルコヴァードのキリスト像の風景は美しいもので、はやく来てみたかったのだが、いかんせん混んでいるスポットなので予定を組んでいたらこんなタイミングになってしまった。

コルコヴァードの丘はトラムで登っていくことになるのだが、このトラムの駅まではバスで行くのが便利。セントロからもコパカバーナからもフラメンゴを経由して複数のバスが通っている。トラムの駅があるバス停まで来ると車掌さんが珍しく英語で「ここがトラム駅のバス停だよー」って教えてくれるし、なによりみんな降りるので問題はない。

トラムは登り路線では進行方向左側がおすすめ
トラムは登り路線では進行方向左側がおすすめ

ただし、トラムのチケットについてはインターネットで予約しておくのが無難。何故ならば世界的な観光地であるので90分待ちとか普通にあるから。僕はあらかじめチケットを買っていたのでそれほど待たなくて済んだのだが、それでもこの行列は絶望的な気分になる。

トラムは15分間隔くらいで運転されているのだが、これまたすごい混み合う。もし座席を確保できるようであれば登りは進行方向からみて左側の窓を確保すること。終着駅近くになってくると、急にリオデジャネイロの遠景が開けてきて美しい。

カリオカの像

トラム駅からキリスト像まではさらに階段を少し登っていくことになる。カフェテリアなどもあるので休憩したりするのもいいかも。キリスト像は午前中が順光で美しいのだけど、リオデジャネイロの風景を撮るなら午後の方がきれいなんじゃないかなと思う。

ちょっと日が傾いてきてみえるポン・デ・アスカールの特徴的な山のシルエットとその手前の平地に広がっているリオデジャネイロの市街地。そこから右側に視線を移すとコパカバーナの長い砂浜からイパネマまで一望できる。

カリオカの像カリオカの像カリオカの像カリオカの像

水と緑の多い美しい街だなと実感する。都市の規模としてはサンパウロの方が圧倒的に大きいと思うが、それでもブラジルの人たちはこの街をかつての首都にして自分たちの誇りにしている。この街にはすごいシンプルでそぎ落とされた美しさがあるな。この街の風景も、ここで産まれた音楽もすごく好きな理由が一瞬で理解できるような感じがする。

帰り際に少し雨に打たれたのだが、そのときに雨がカーテンのように連なって、街を洗い流していくのをみたときにも感動した。リオデジャネイロに来て、ここへ来ない人はいないと思うが、僕は夕方の時間にきてよかった。

Trem do Corcovado

Related Post

北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
イビス リオデジャネイロ ボタフォゴに宿泊。コストパフォーマンスの利便性のバランスがとれた宿。... ホテルは地下鉄のボタフォゴ駅から徒歩5分くらい。 今回のブラジル旅行ではリオデジャネイロで宿を何度か変えていて、ボタフォゴにあるここのホテルと、コパカバーナにあるBest Western系のホテル。あとはレメの奥にあるファベーラの宿の3つ。 地下鉄駅や移動の利便性と宿の立地。そして、コ...
川村記念美術館の大賀蓮と睡蓮の庭 いつの間にか梅雨もあけて、そういえばすっかり夏の装いになってしまった。 今年も千葉県佐倉市にある川村記念美術館の庭園に行ってきた。目当ては大賀蓮と睡蓮。 世界的なインク企業の研究所に併設しているだけあって、四季折々さまざまな色であふれている庭園はいつ行ってもわくわくする。 今回は蓮...
中之条ビエンナーレ2013(中之条編) 芸術の秋なので、それに乗り遅れるわけにはいかない。ということで、中之条ビエンナーレをみてきた。都心からみえて最も遠い六合エリアから順にまわってきて2日目最後は中之条エリアへ。 この、中之条ビエンナーレを見に来る人たちは、だいたいここからはじまるので、僕は逆から順番に辿っていった。 そして...
夜の高台寺のライトアップは美しい ちょうど京都旅の直前に万城目学の書いた「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、北政所が住んでいた高台寺のことは気になっていた。 高台寺は旦那である豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺院であり、寺の前は仏門に入った際につけられた「高台院」という名にちなんでいる。豊臣秀吉って飽くなき権力者であ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください