コパカバーナビーチコルコヴァードの丘と並んでリオデジャネイロでもっとも有名な定番観光地のひとつ。

オンラインでチケットの予約を受け付けているのだけど、ブラジル国内で発行された身分証の番号が必要なので外国人は買うことができない。

なので、チケット売り場に並ぶことになるのだが、これが午後とかに行くと大混雑で90分待ちとかざらにある。

なので、僕は朝イチで訪れてみることにしたら、拍子抜けするくらい空いていて、リオデジャネイロの風景を心ゆくまで堪能できた。行くなら午前中のうちがおすすめだと思う。

ウルカのロープウェー乗り場
ロープウェーに乗っていく
そしてポン・ヂ・アスーカル、圧倒的な迫力

アクセスはコパカバーナからもセントロからもUrca(ウルカ)行きのバスに乗っていくと着くことができる。タクシーでも行けるけれど、バスは本数も多いし便利なのでおすすめ。

ポン・ヂ・アスーカルは、まず手前のウルカの丘までロープウェーで行って、そこからさらにロープウェーを乗り継いでいくことができる。ウルカの丘の方はカフェテラスがあったり、観光案内所みたいなのがあったり比較的スペースがゆったりしていて、ベンチに寝転がって景色を眺めたりしていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。

コパカバーナ
ボタフォゴ湾

ただ、風景としてはポン・ヂ・アスーカルから見る方が圧倒的。コパカバーナもセントロも一望できるし、リオデジャネイロの街を回り込むようにして空港へ降り立つ飛行機を自分の目線の下で眺めることができる。

ポン・ヂ・アスーカルは英語でいうとシュガーローフ・マウンテンという名前で砂糖の山という意味で、ここから眺める風景もまた世界遺産に登録されている。

僕はウルカの丘の方がゆったりしていて、風がほどよく気持ちがいいので、ゆっくりするならウルカの丘の方が楽しい。本当にゆっくりとした時間が流れていて、旅の疲れを癒やすことができる。

ちなみに、夏のシーズンだとリオデジャネイロは21時近くまで日が沈まないので、夜景を撮るなら冬場に来ることになるのだと思う。

Pão de Açúcar – ポン・ヂ・アスーカル

保存

Related Post

川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
クリスマスイブの夜に 今年は、本当に旅の合間のクリスマスイブの夜。東京駅前にあるKITTEではWHITE KITTE 2014ということで、イベントスペースの吹き抜けエリアに巨大なクリスマスツリーを飾っていて、そこでイルミネーションのショーをやっている。 正直なところ、イルミネーションとかあまり興味ないのだけど、こ...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...
埼玉の地下神殿、那須の紅葉。 じつは去年も観に行ってきたのだけど、なぜか地下神殿にいる間はカメラが壊れていて、まったく写真が残っていなかった。地上に戻ったら直っていて、家に帰って写真がないことに気がついた。 結構ショックな出来事だったのだが、地下神殿にまたやって来る理由ができたというものだ。地下神殿とはいうものの、実際には...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.