コパカバーナビーチコルコヴァードの丘と並んでリオデジャネイロでもっとも有名な定番観光地のひとつ。

オンラインでチケットの予約を受け付けているのだけど、ブラジル国内で発行された身分証の番号が必要なので外国人は買うことができない。

なので、チケット売り場に並ぶことになるのだが、これが午後とかに行くと大混雑で90分待ちとかざらにある。

なので、僕は朝イチで訪れてみることにしたら、拍子抜けするくらい空いていて、リオデジャネイロの風景を心ゆくまで堪能できた。行くなら午前中のうちがおすすめだと思う。

ウルカのロープウェー乗り場
ロープウェーに乗っていく
そしてポン・ヂ・アスーカル、圧倒的な迫力

アクセスはコパカバーナからもセントロからもUrca(ウルカ)行きのバスに乗っていくと着くことができる。タクシーでも行けるけれど、バスは本数も多いし便利なのでおすすめ。

ポン・ヂ・アスーカルは、まず手前のウルカの丘までロープウェーで行って、そこからさらにロープウェーを乗り継いでいくことができる。ウルカの丘の方はカフェテラスがあったり、観光案内所みたいなのがあったり比較的スペースがゆったりしていて、ベンチに寝転がって景色を眺めたりしていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。

コパカバーナ
ボタフォゴ湾

ただ、風景としてはポン・ヂ・アスーカルから見る方が圧倒的。コパカバーナもセントロも一望できるし、リオデジャネイロの街を回り込むようにして空港へ降り立つ飛行機を自分の目線の下で眺めることができる。

ポン・ヂ・アスーカルは英語でいうとシュガーローフ・マウンテンという名前で砂糖の山という意味で、ここから眺める風景もまた世界遺産に登録されている。

僕はウルカの丘の方がゆったりしていて、風がほどよく気持ちがいいので、ゆっくりするならウルカの丘の方が楽しい。本当にゆっくりとした時間が流れていて、旅の疲れを癒やすことができる。

ちなみに、夏のシーズンだとリオデジャネイロは21時近くまで日が沈まないので、夜景を撮るなら冬場に来ることになるのだと思う。

Pão de Açúcar – ポン・ヂ・アスーカル

保存

Related Post

中之条ビエンナーレ2013(沢渡編) すっかり秋めいてきた群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観てきた。 六合~暮坂と進んで、中之条エリアの手前にある沢渡エリアに立ち寄る。沢渡では、暮坂峠から降りてきて最初のスポットである蛇野と、そこから中之条へと向かう途中にある丸伊製材所に行った。 沢渡の棚田...
中之条ビエンナーレ2015 – 中之条エリア編... 中之条ビエンナーレもいよいよ最終編。中之条エリアにやってきた。ここはビエンナーレの中心的な存在で、見どころが多い。時間がなければ、ここだけでも観るだけでそれなりに楽しめるんじゃないかと思う。 今回のビエンナーレで印象的だったのは、お寿司屋さんの二階の宴会場にあった作品。でんとシャリが演台に置い...
旧朝倉家住宅で紅葉を楽しむ 都心で紅葉を楽しむということで、穴場的な存在なのが代官山にある旧朝倉家住宅。 もう去年のことになるけれど・・行ってきたので記録しておく。訪れたのは12月初旬で、紅葉は終わりかけていたのだけど、それでも平日は静かで人も少ないし、もともと静かな代官山の街の中でもひときわ落ち着いている。 &n...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です