コパカバーナビーチコルコヴァードの丘と並んでリオデジャネイロでもっとも有名な定番観光地のひとつ。

オンラインでチケットの予約を受け付けているのだけど、ブラジル国内で発行された身分証の番号が必要なので外国人は買うことができない。

なので、チケット売り場に並ぶことになるのだが、これが午後とかに行くと大混雑で90分待ちとかざらにある。

なので、僕は朝イチで訪れてみることにしたら、拍子抜けするくらい空いていて、リオデジャネイロの風景を心ゆくまで堪能できた。行くなら午前中のうちがおすすめだと思う。

ウルカのロープウェー乗り場
ロープウェーに乗っていく
そしてポン・ヂ・アスーカル、圧倒的な迫力

アクセスはコパカバーナからもセントロからもUrca(ウルカ)行きのバスに乗っていくと着くことができる。タクシーでも行けるけれど、バスは本数も多いし便利なのでおすすめ。

ポン・ヂ・アスーカルは、まず手前のウルカの丘までロープウェーで行って、そこからさらにロープウェーを乗り継いでいくことができる。ウルカの丘の方はカフェテラスがあったり、観光案内所みたいなのがあったり比較的スペースがゆったりしていて、ベンチに寝転がって景色を眺めたりしていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。

コパカバーナ
ボタフォゴ湾

ただ、風景としてはポン・ヂ・アスーカルから見る方が圧倒的。コパカバーナもセントロも一望できるし、リオデジャネイロの街を回り込むようにして空港へ降り立つ飛行機を自分の目線の下で眺めることができる。

ポン・ヂ・アスーカルは英語でいうとシュガーローフ・マウンテンという名前で砂糖の山という意味で、ここから眺める風景もまた世界遺産に登録されている。

僕はウルカの丘の方がゆったりしていて、風がほどよく気持ちがいいので、ゆっくりするならウルカの丘の方が楽しい。本当にゆっくりとした時間が流れていて、旅の疲れを癒やすことができる。

ちなみに、夏のシーズンだとリオデジャネイロは21時近くまで日が沈まないので、夜景を撮るなら冬場に来ることになるのだと思う。

Pão de Açúcar – ポン・ヂ・アスーカル

保存

Related Post

台湾の古きよき雰囲気が残る四四南村... おしゃれで近代的な信義エリアの台北101ふもとに残る古い街並み。もともとは中国本土からやってきた人たちが定住して暮らしていたエリアだったのだが、再開発で移住して建物と街並みだけが残った場所。 いまでは、展示館とか「好丘 Good Cho’s」みたいなお店が入っていたりしていて、古さと新しさが混...
ボタフォゴのレストラン Café e Bar Águia dos Andes... どこの土地であっても、ローカルなレストランで安定したところを求めるときに注意しているのは、どれだけ地元の人がそこに集っているかという点につきるのだが、その点ここのレストランは安定した美味しさだった。 ボタフォゴにはちょっとよさげなレストランから観光客向けのところまでいろいろあるのだが、Café...
チャイティーヨー日帰り巡礼の旅 ゴールデンロック周辺はかなり開発されている ヤンゴンまできたなら、ちょっと無理してでもチャイティーヨーのゴールデン ロックを見た方がいいよというミャンマー人の熱烈なオススメもあって行ってみた。 移動はこちらに住んでいるミャンマー人の知り合いの方が車を出してくれたので、公共交通機関を一切...
棚田の夜祭り(鴨川)をみてきた 会場で食べる地元の味も楽しみのひとつ 去年訪れてすごく寒かったけれど、すごく美しい風景が心に残った棚田の夜祭りを今年もみてきた(去年のイベントはこちら)。 去年は台風で順延となってしまったので11月のもう寒い時期に行われたのだけど、今年は例年通り10月末に行われた。 場所は千葉の...
伝統の森での滞在 伝統の森の敷地 今回の旅行では、カンボジアまできて食べ歩きしている感がある(否定はしない)。 しかし、シェムリアップ郊外で運営されている伝統の森というところでの滞在は印象深いものだった。 伝統の森に行く手段としてもっとも一般的なのはシェムリアップでトゥクトゥクを手配して向かうとい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です