リオデジャネイロの地元のひとたちってどんなところで飲んでたりするんだろうっていうときに、こっちに住んでいる友人に連れられてきたのがプリンセスイザベルにあるLanches Escolというお店。

酒屋みたいな居酒屋なのだけど、立ち飲みか路上に置いてあるテーブルで飲む感じ。リオデジャネイロはどんなところいってもキンキンに冷えたビールが飲めるのがうれしい。ビールだけ飲みにこの店に来るのも全然いいと思う。

お店は夕方くらいからあく感じ。ここでの売りは毎週金曜日にはフェジョアーダを一人前で出してくれることなんだが、今回すっかり食べ忘れてしまった。メニューは基本的にポルトガル語なのでよく分からないものが多いため、説明されながらオーダーする必要があるが、まあなんとかなる。

ちなみに、僕はろくにポルトガル語覚えずに来てみて、こっちで最初に覚えたポルトガル語は「ショープ、ポルファボール」(ビールください)だったのだけど。これ覚えておくだけで全然世界が違う感じがするくらいだ。言葉は偉大。

ブラジルに来て鶏肉と牛肉ばかり食べているなって思い豚肉の料理を頼んでみたのだけど、これが美味しいんだけど結構高くてびっくりした。ブラジルでは豚肉のニーズが少ないのかもしれない。

夏の日の夕暮れ時に、路上でこうしてビール飲みながら過ごす時間はなんでこんなにきれいで素敵に思えるのだろう。きっと僕がこの旅のことを思い返すときにはこのときのビールの味と空の色からなんだろうなって思っている。

Lanches Escol
住所:Avenida Princesa Isabel, 305,Leme, Rio de Janeiro

Related Post

佐賀の「花たろう」で佐賀的な地産地消を楽しむ... 佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。 食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので...
Brick Barもまた台南で行っても仕方がないバーのひとつ... この夜はどうもバーに対して縁がなかったと思っている。The Shotting Funでしょうもない酒を飲んでしまったので、飲み直しにやはり偶然見つけた正興街にあるバーに入ってみた。 ううむ。悪くないがここじゃない。というのが僕の感想。 Brick Barへのアクセス 正興街のエリア...
香味屋で食べる贅沢な洋食食べ比べ 結構前のことに成るのだが、台東区の根岸にある老舗の洋食屋「香味屋」に行ってきた。 洋食というと、一品の量が多くて高いこともあり、美味しいのだけどなかなかバリエーションがある食事をできないなという悩みがあったのだが(たとえば、オムライスだけとかさ・・)、今回知り合いがアレンジしてくれて、みんなで...
【閉店】台北の夜は啜飲室でクラフトビール!... 一泊二日で台北旅。短いようで長いこの一日は啜飲室でしめる。同行者は今日始まった旅なのになんだか5日間くらい旅行している気分なんだけど、とかいっている。まあ、その気持ちも分からなくはない。 前回の訪問:2016年の台北では「啜飲室」がもっとも楽しいバーのひとつ - 2016年4月 初日の...
中環でクラフトビールを飲むならばここ!Tipping Point Brewing Co.に通いたい... 友人に教えてもらった中環にあるクラフトビールのお店。Tipping Point(ティッピング・ポイント)という店名がいいよな。マルコム・グラッドウェルの著書を思い出す。ここも、口コミで人気になりつつあるバーのひとつで、ロケーションのよさと営業時間の長さから行きやすいところだと思う。 Tippi...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です