リオデジャネイロの地元のひとたちってどんなところで飲んでたりするんだろうっていうときに、こっちに住んでいる友人に連れられてきたのがプリンセスイザベルにあるLanches Escolというお店。

酒屋みたいな居酒屋なのだけど、立ち飲みか路上に置いてあるテーブルで飲む感じ。リオデジャネイロはどんなところいってもキンキンに冷えたビールが飲めるのがうれしい。ビールだけ飲みにこの店に来るのも全然いいと思う。

お店は夕方くらいからあく感じ。ここでの売りは毎週金曜日にはフェジョアーダを一人前で出してくれることなんだが、今回すっかり食べ忘れてしまった。メニューは基本的にポルトガル語なのでよく分からないものが多いため、説明されながらオーダーする必要があるが、まあなんとかなる。

ちなみに、僕はろくにポルトガル語覚えずに来てみて、こっちで最初に覚えたポルトガル語は「ショープ、ポルファボール」(ビールください)だったのだけど。これ覚えておくだけで全然世界が違う感じがするくらいだ。言葉は偉大。

ブラジルに来て鶏肉と牛肉ばかり食べているなって思い豚肉の料理を頼んでみたのだけど、これが美味しいんだけど結構高くてびっくりした。ブラジルでは豚肉のニーズが少ないのかもしれない。

夏の日の夕暮れ時に、路上でこうしてビール飲みながら過ごす時間はなんでこんなにきれいで素敵に思えるのだろう。きっと僕がこの旅のことを思い返すときにはこのときのビールの味と空の色からなんだろうなって思っている。

Lanches Escol
住所:Avenida Princesa Isabel, 305,Leme, Rio de Janeiro

Related Post

2015年はコパカバーナで迎えた 2014年の年明けは日本で迎えて、コルコヴァードの丘でしめた。わりかしドラマチックな一年だったな。 そして2015年のはじめはコパカバーナで迎えた。正確には年明けの瞬間はバビロニアのベランダバーだったのだけど。ファベーラで迎える新年もかなり楽しい。花火をみたあと、ファベーラの宿へ行って友人とば...
東一排骨 – 台湾風カツレツの名店... 排骨とは、豚などのスペアリブで、排骨料理とは豚バラ肉を揚げたものなのだが、ここ東一で食べる排骨料理はカツレツという感じで薄くのばした豚バラの揚げ物だった。これがビールにあってうまい。ごはん付きの排骨飯セットで数百円というところでビールをつけても1000円いかないという割安感。 お店の場所は西門...
品川のザ・シティ・ベーカリーはちょい飲みにも利用できる... 品川で少しディナーをしようかと思ったとき、渋い居酒屋かチェーンっぽいレストランかという選択肢になってしまうのだが、品川駅に直結しているシティ・ベーカリーだとそこそこ手軽で、お酒も豊富。意外と楽しめるということがわかった。 ザ・シティ・ベーカリー品川へのアクセス JR品川駅に直結しているの...
賛否両論の接客らしいが圧倒的な美味しさがある!御徒町の「鳥喜」で鶏料理ざんまい。... 美味しい焼き鳥、鶏料理が食べたいときにはここに来ると安心して堪能できる。駅から少し離れているし、当日の予約しか受け付けてくれないけれど出てくる料理は外れがない。僕は好きなお店だ。 鳥喜(御徒町)へのアクセス 御徒町駅から結構歩く辺鄙なところにある。JRの駅からだと7-8分、メトロの仲御徒...
リオ セナリウム(Rio Scenarium)でナイトライフを楽しむ... ラパ地区 リオデジャネイロのセントロの端っこにあるカリオカ駅から水道橋のあたりはラパ地区(Lapa)と呼ばれていて、ここはライブハウスやレストランなどが軒を連ねていて、表通りは比較的治安がよく深夜までナイトライフが楽しめるエリアになっている。ホテルに関しても安宿はこの辺りに集中している。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください