リオデジャネイロのガレオン空港って不思議なところで、結構大きな空港なのだが帰りはどういうわけだがサンパウロ経由でのトランジットになる。これは、今回僕が乗ったルフトハンザ以外にもかなりあるケースで不思議なのだが、なにか理由があるのだろう。

ということで、フランクフルトへ直接飛ぶことができないので、いったんサンパウロまで。サンパウロはブラジル最大の都市で都心部には国内線専用のコンゴニャス空港があり、国際線は郊外にあるグアルーリョス空港となる。しかし、トランジット用にグアルーリョスにも国内線は飛んでいてガレオンからは1時間ほどで到着した。

グアルリーリョスはブラジル最大の空港なだけあって、かなり大きい。ガレオンはやはり地方空港だなって思ってしまうくらい。しかし、サンパウロ名物の渋滞のため、街までは通常であれば1時間そこそこでつくらしいのだが、渋滞に巻き込まれると2時間はざらにかかるという。

グアルーリョス国際空港
ワールドカップグッズは投げ売り状態

僕のトランジットは5時間だったので、街中に行くのはリスクがあるなということと、日曜日だったのでどこ行ってもお店しまっているだろうと思い空港で暇つぶしすることにした。

ラウンジとかもあるのだが、もともとエコノミークラスで飛んでいるし、そんなラウンジにこだわりはないので、空港内を散歩してみてご飯食べて、その後はベンチで昼寝というコース。

空港内はいろいろレストランも豊富なのと、街中と比較してもそんなにバカ高いということはないので(まあ、街中のレストランが高いということもある)、ちょっとゆっくり休んでもいいと思う。

お土産物はあれこれあるが、結局チョコレートくらいしか買う物がない

空港にはワールドカップおわって半年経つのにいまだにワールドカップのキャラクターグッズが投げ売りみたいにされていてちょっと切ない・・。

出国審査などはブラジルには珍しくスムーズでそれほど時間はかからない。国際線ターミナル内にもいろいろとショップはあってお土産物を買うこともできる。

また、結構あちこちに電源とれるところがあるので、みんなノートPCとか携帯をつなげて充電したりしていた。ちなみに空港内のWi-Fiは普通に使えて結構快適な速度だったので利用価値が高い。

セキュリティ的にはいろいろと指摘がある空港らしいけれど、意外と快適に時間をつぶすことができる空港だとは思う。ご飯たべて本読んで少し昼寝しって過ごしていたら5時間はあっという間だった。しかし、一般区域内はたしかにちょっと殺伐としているところもあるので注意は必要。

グアルーリョス国際空港(Aeroporto Internacional de Guarulhos)

保存

Related Post

2014年の最後はコルコヴァードの丘で過ごした... 今回のブラジル旅行のブログ記事は大量にあったりしたので、投稿していく順番が入れかわったりしているのだけど、2014年の最後はコルコヴァードの丘に行ってみた。 リオデジャネイロのシンボル的な存在であり、この街全体が世界遺産になっている「山と海との間のカリオカの景観群」でもメインとなっているところ...
カリオカ水道橋とラパ広場 カテドラル・メトロポリターナからラパに向けて数分歩くとみえるのが真っ白な水道橋。サンタテレーザの丘からセントロの方につながっていて、かつてはここに水を通していた。現在は路面電車の陸橋になっている。 水道橋のあるところは大きな広場になっていて、ラパ広場と呼ばれている。このあたりは下町っぽさがあっ...
イパネマビーチにいってみた ついにイパネマビーチにやってきた。 なんだか同じフレーズを繰り返してばかりなんだけど、まさか本当に地球の反対側のブラジルまで来てこのビーチへ実際に来てしまうとはねというところ。 都市にあるビーチとしては抜群にきれいだと思うし、真夏のビーチは賑わっている。 情緒みたいなものはないけれ...
シェムリアップ空港での時間のつぶしかた... シェムリアップ観光の玄関口ともいえるシェムリアップ国際空港は、国際空港という名前のわりには牧歌的すぎるくらいで、リゾートの空港だなあってところ。タイのサムイ島の空港ほどじゃないけれど(ここは衝撃的だった)、それでものんびりしている。 空港からシェムリアップのオールドマーケット9キロと行ったとこ...
ボタフォゴのレストラン Café e Bar Águia dos Andes... どこの土地であっても、ローカルなレストランで安定したところを求めるときに注意しているのは、どれだけ地元の人がそこに集っているかという点につきるのだが、その点ここのレストランは安定した美味しさだった。 ボタフォゴにはちょっとよさげなレストランから観光客向けのところまでいろいろあるのだが、Café...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です