ながいブラジル旅行もいよいよ帰国。

リオデジャネイロからサンパウロまで移動して、そこからフランクフルトへのフライトでカレンダーが1日進み、さらにフランクフルトから日本までのフライトで1日進むので、移動する旅に日付が変わっていき、いったい自分がいつ日本に着くのか不安になる。

2015004204301046000 x 4000

サンパウロからフランクフルトを経由する場合、フランクフルト空港では3時間程度のトランジットの時間があって空港をそれなりに楽しむことができる。年明けともなると、お土産物屋さんではクリスマス商品の売れ残りをセールで売っているのでお土産に最適。僕もチョコレートなんかを買ったりした。

フランクフルト空港は巨大だけれどよく設計されているなと思えるところがあり、移動がしやすい。また、ラウンジに滞在しなくても空港内のレストランなども豊富にあるのでドイツビールを楽しみながらゆっくりすることができる。

空港内のレストランでフランクフルトソーセージ
空港内のレストランでフランクフルトソーセージ
そして地元のビール!
そして地元のビール!

今回の旅ではヨーロッパは通過するだけだったのだが、思いのほか楽しむことができたな。そして、ひさびさにドイツを美味しいビールを飲み歩くような旅をしてみたいとテンションがあがる。空港内のレストランは手軽に美味しいドイツ料理が食べられるお店もあるのでおすすめ。

いかにもドイツなデザインしている照明
いかにもドイツなデザインしている照明

フランクフルト空港は街まで近いこともあって便利だし、さらに空港内の施設も充実しているのでヨーロッパではもっとも好きな空港のひとつ。トランジットにも利用するのがいいと思う。

フランクフルト国際空港(Flughafen Frankfurt am Main – FRA)

Related Post

日本でブラジルVISAを手に入れる 2014~2015の年越しはブラジルで過ごしてきた。はじめての南米は圧倒的な迫力だった。 ブラジルを旅行するにはVISAが必要で、アルゼンチンあたりで取得すると簡単らしいのだが、日本でツーリストVISAを取得するのは大変というか・・すごく面倒。 ということで、旅の前にブラジルVISAにつ...
ボサノヴァ&コンパニアで買いものしてきた... このお店の左側にあるのがBeco das Garrafasの路地。まあ、見落とすだろう・・。 コパカバーナ地区の一角にBeco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)というエリアがあって「酒瓶だらけの路地」という意味なのだが、1960年代にはここがリオデジャネイロで最もおもしろ...
リオデジャネイロで「イパネマの娘」のレストランに行ってきた... 高校生のときにBossa Novaという音楽に出会って、それ以来あのまったりしているけれど、精緻に組み立てられた音楽の魔法にかけられている。 で、高校生のときの僕にはブラジルなんてあまりにも遠くて、この音楽ができたリオデジャネイロに行くことなんてないだろうなあ・・なんて考えていたのだけど、どう...
ボタフォゴのレストラン Café e Bar Águia dos Andes... どこの土地であっても、ローカルなレストランで安定したところを求めるときに注意しているのは、どれだけ地元の人がそこに集っているかという点につきるのだが、その点ここのレストランは安定した美味しさだった。 ボタフォゴにはちょっとよさげなレストランから観光客向けのところまでいろいろあるのだが、Café...
リオデジャネイロからイグアスまでのTAM航空の搭乗記... アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港(旧:ガレオン国際空港) 日本からフランクフルトを経由して、ようやくのことでリオデジャネイロに到着。 そこでリオで一泊してからイグアスに向かったのだけど、リオデジャネイロ滞在記をまとめたかったので、まずはイグアスへの旅行について。 リオデジャ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください