Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー香港島の中環と九龍半島の尖沙咀の間を、100年以上にわたり運航してきた歴史ある航路。1970年代には沢木耕太郎も「優雅な航海」と表現している。

香港島と九龍の間はいまでは高速道路のトンネルもあるし、地下鉄も通っていて、この航路よりも便利になっている。

それでもこの航路には観光客だけじゃなくて地元の人でも乗っているのは、この航海の優雅さが、香港の喧噪の熱気からリセットしてくれるからじゃないかなって思う。

中環の港を出てしばらくすると香港島の高層ビル群がみえてきて、やがて九龍側から来るフェリーが近づいてくる。そして、フェリー同士がすれ違って香港島の朝もやのなかに消えていく。そんな風景が100年以上も続いているのかって思うと、なんだか不思議な気分になる。

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー船は結構レトロで実際に古めかしい。座席は関西方面でよくみかける快速電車の座席みたいに背もたれが両側へ倒せるので、乗り込んですわるときに進行方向側に倒した方が気持ちいいと思う。

意外にも後ろ向きの座席のままで乗っている人がいるのだが、やはり窓からだんだんと近づいてくる景色とか、海を渡る風を正面で感じた方が気持ちがいいから、進行方向に向かって乗るのがいい。

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー

最近では地下鉄が便利で、ついつい地下鉄の移動をしてしまうけれど、それでも香港に来たら一度は乗船しておきたい航海です。

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭
料金:尖沙咀- 中環は3.40HKD
時間:6:30 – 23:30

Related Post

氷見線の雨晴駅は絶景だった。 べるもんたで高岡と城端を往復してきて、今度は海のみえる駅である氷見線の雨晴駅へ行ってみることにする。雨晴駅は「あまはらし」駅と読むのだが、これは駅の隣にある雨晴海岸に由来している。雨晴(あまはらし)という言葉は源義経がこの地で雨宿りをして晴れを待ったことからつけられている。 そして、今回訪れた...
軍艦島ツアーに参加して上陸してきた... 今回の旅の主目的のひとつは、長崎まで行って軍艦島をみてくるということ。もはや「整備された廃墟」であることは知っていたけれど、人間がもっとも自然から乖離された場所のひとつに行ってみたいという気持ちがあり訪れてみた。 長崎港ターミナル 軍艦島への行き方 長崎港から3時間程度のツアーに...
唐閣(T’ang Court)で香港ミシュラン三つ星ランチをいただく... 今回の週末香港旅のハイライトみたいな尖沙咀の唐閣(タンコート)でのランチ。 フォーシーズンズに入っている龍景軒も気になっていたのだが予約がとれず、6店舗ある香港ミシュラン三つ星レストランのうち、もっとも手軽な感じのある唐閣へ予約をいれてみた。予約は日本語でオンライン予約できるグルヤクにて行った...
隅田川の桜とハレテラス 東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。 どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお...
秋の鎌倉、円覚寺の紅葉を観にいく 鎌倉を代表する寺院のひとつで北鎌倉駅を降りると、そこがもう寺院の敷地のなかになっているという広大な場所。 春は桜、秋は紅葉と季節による美しさが際立っている。今回は秋の紅葉シーズンに来てみたのだが、少し時期遅れにも関わらず賑わっていて、そして美しい庭園が印象的。京都にいるかのような感じがあった。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください