Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー香港島の中環と九龍半島の尖沙咀の間を、100年以上にわたり運航してきた歴史ある航路。1970年代には沢木耕太郎も「優雅な航海」と表現している。

香港島と九龍の間はいまでは高速道路のトンネルもあるし、地下鉄も通っていて、この航路よりも便利になっている。

それでもこの航路には観光客だけじゃなくて地元の人でも乗っているのは、この航海の優雅さが、香港の喧噪の熱気からリセットしてくれるからじゃないかなって思う。

中環の港を出てしばらくすると香港島の高層ビル群がみえてきて、やがて九龍側から来るフェリーが近づいてくる。そして、フェリー同士がすれ違って香港島の朝もやのなかに消えていく。そんな風景が100年以上も続いているのかって思うと、なんだか不思議な気分になる。

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー船は結構レトロで実際に古めかしい。座席は関西方面でよくみかける快速電車の座席みたいに背もたれが両側へ倒せるので、乗り込んですわるときに進行方向側に倒した方が気持ちいいと思う。

意外にも後ろ向きの座席のままで乗っている人がいるのだが、やはり窓からだんだんと近づいてくる景色とか、海を渡る風を正面で感じた方が気持ちがいいから、進行方向に向かって乗るのがいい。

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭 スターフェリー

最近では地下鉄が便利で、ついつい地下鉄の移動をしてしまうけれど、それでも香港に来たら一度は乗船しておきたい航海です。

Star Ferry Pier 天星渡輪碼頭
料金:尖沙咀- 中環は3.40HKD
時間:6:30 – 23:30

Related Post

初夏の大山千枚田 せっかく南房総まで来たのならばということで、初夏の大山千枚田を観てきた。水がはられて田植えが済んだばかりの田んぼは、空の色を映し出していて美しいし、谷間を吹いている風は気持ちがいい。 これがブータンだと、同じ棚田でも水がはられていなくて寂しいのだけれど、中国や日本の棚田は小さい鏡を貼り合わせた...
今年も花見山へやってきてお花見しました。2017年編。... 東京や関東圏でさんざん桜をみて花見をしたのだけど、都会にある桜だけではなく自然豊かな桜も観に行こうと思い、今年も桜前線をおっかけて北へと旅した。 去年と比べると2017年の春は週末に天気が崩れることが多くて、いまいちな天候ではあったけれど、それでも薄曇りのなかの桜はまた美しいなって思う。 ...
N1 Coffeeは九龍で美味しいコーヒーが飲める貴重な存在... 九龍の尖東エリア、重慶マンションの裏手の方へ行ったあたりにある小さなカフェ。シングルオリジンで一杯ずつドリップしたコーヒーを楽しむことができる。 シングルオリジンのコーヒーは日本と比較してもちょっと高いと思わないわけではない。でも、この街でちゃんとした美味しいコーヒーを飲めるってことがどれだけ...
木崎湖を眺める 安曇野から信濃大町を通りすぎて木崎湖まで。ここは、「おねがいシリーズ」というアニメのモデル(聖地)となっていて、結構前のアニメらしいのだがいまだに多くのファンがやってきている。僕は見たことないけれど、ここの風景は美しくて好きな場所。今回は湖を見下ろす場所を通ってぐるっと一週してきた。 ...
慈照寺(銀閣寺)の紅葉をひさびさにみてきた... 南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。 調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながら...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください