西門での街歩きで一休みするのにオススメのカフェというか喫茶店。

お店の雰囲気は日本風にいえば「昭和なノスタルジー」な感じ。1956年創業で、きちんと本格的なコーヒーをいただけます。

おすすめとしては、地元ならではの台湾珈琲。ちょっと濃いめで酸味を感じるうまさ。

台湾産のコーヒーに限定するなら正直なところ爐鍋咖啡で飲む阿里山珈琲よりもうまいと思う。珈琲のうまさだけならこっちの蜂大珈琲かな。

店先ではクッキーを売っていて、地元ではそれも人気みたいで次から次へと、途切れることなくお客さんがやってきて買っていく。もちろん、ここで買ったクッキーを持ち込んで珈琲と一緒にいただくことも可能。

それほど広くない店内ではありますが、そこそこ回転はやいので大人数でなければ待つこともないと思う。

ということで、ちょっと一休みに立ち寄ってみるのもいいかと。

ただ、台湾ならではという雰囲気はないので(そういったところでは日本でもよくある個人経営の喫茶店っぽい)、台湾産のおいしいコーヒーを飲むためにという感じ。

蜂大珈琲

保存

Related Post

ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...
方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...
のんびりと過ごしたりノマドワーカーまで誰でも居心地よく過ごせる「Room A」... 台南で静かに過ごせる場所といえば「Room A」になるかなって思う。大勢でわいわいとやるよりも、ひとりふたりで静かに本を読んだりPCに向かったりする時間を作りたいということであればうってつけの場所だ。図書館という感じもあるブックカフェでセンスのいい雰囲気もまた抜群。立地もわりといいので穴場な場所だと...
古民家をリノベーションしたカフェで本格的な中国茶を楽しめる「青玄茶荘」で過ごす午後... 浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。 どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がな...
ふらっと台北まで小旅行 成田から台北までスクートのプロモーション料金で3万円くらい。これって、新幹線で東京から大阪行くのとさほど変わらない料金なんだよね。ということを考えると、べつに台北行くのは気軽にふらっと行く感じでいいんじゃないかと思い行ってきた。 桃園空港から台北市内まではバスを利用。安かった。そして、今回宿泊...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください