Mido Café 美都餐室香港の夜は長い。夜市で雑貨を眺めたり、屋台でご飯を食べたり、バーへビールを飲みに出かけてみたり。そして、最後はスイーツでしめてみたり。

夕方と夜の境目みたいな時間をどこで過ごすのがいいかって思うと、僕としては油麻地にある老舗カフェの美都餐室(Mido Café)が好き。

古い映画のセットみたいな店内ははじめて見るのに懐かしい感じがする。

タイル張りのモザイクも意図したものじゃないかもしれないが雰囲気があって美しい。

Mido Café 美都餐室

おすすめは二階の席。できれば窓際がいい。窓の外には廟街の夜市に繰り出そうとしている人や、ようやくはじまった夜をどう過ごそうかっていう人で賑わっている。

食事については正直なところ、そんなに心躍るものはない。フレンチトースト頼んでみたが、油で揚げたぎとぎとのものがでてきて愕然とした。どうやらこれが香港スタイルらしいのだが、食べてて気が重いというか胃が重くなる。

村上春樹が書いた「ノルウェイの森」に出てくるような喫茶店だなって思いながら、これから夜はどこで遊ぼうかなあとか考えて過ごしていた。

昼に訪れるのもいいけれど、行くならば夜のはじまりの頃がおすすめ。

Mido Café 美都餐室

Mido Café 美都餐室
住所:油麻地廟街63號地下
時間:8:30 – 21:30
休み:旧正月、清明節、中秋節

Related Post

美瑛のコーヒー文化を支えているところ。「自家焙煎珈琲店 北工房」で夕方の時間を過ごす... ディナーのレストランへ向かう前にぽっかり時間が空いてしまった。宿に戻るには遠すぎるし、ディナーの時間には早すぎる。そこで見つけたのが北工房という喫茶店。すごく居心地のいいところですっかり寛いでしまった。 自家焙煎珈琲店 北工房へのアクセス JR美瑛駅から歩いて5-6分くらいのところにある...
竹林に囲まれたDyen Sabai でランチ ナム・カーン川にかかる橋、ルアンパバン旧市街からこの橋を渡っていく まさにその「サバイ」という名前のとおり、すごい気持ちのいい場所でのランチだった。ルアンパバン旧市街の東側を流れているナム・カーン川にかかる竹製の橋を渡ってすぐ。 川の斜面をあがったところの竹林のなかにあるレストラン。斜...
品川のブルーボトルはロケーション含めておもしろいところ... 清澄白河のブルーボトルに行ってから、しばらく足が遠のいていたブルーボトルコーヒー。コーヒーの味には賛否両論あるものの、雰囲気含めて好きなカフェ。ただ、僕としてもあのコーヒーは嫌いじゃないが、あえてコーヒー飲みに行くときなかなか選択肢に出てこなかったということもある。 ところで、品川のブルーボト...
ラマ島に来たら絶対おすすめの建興亜婆豆腐花スイーツ... これ食べにラマ島来たいくらい気に入ったスイーツ。榕樹湾からほぼ道なりに歩いてきて20分くらい。ちょっとだけ脇道に入るのだけど、かなり細い路地みたいなところ。お店の向かい側の壁に豆腐花の絵がでっかく描かれている。 ラマ島ってなんだよ、どこだよ!って話はよく分かるけれど、それはまた後日。 こ...
まつだい農舞台と里山食堂のカフェ 越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。 農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください