20130713-1028-38-00904台北での定番朝食としてガイドブックとかサイトで紹介されている「周記肉粥店」に行ってきた。

歩いて行ったのだけどお店の前には、つぎつぎに地元人らしきおっさんが自転車で乗り付けたり、出て行ったりしていて賑やかなのですぐにわかると思う。

勝手がわからず入口で呆然としていると、声をかけられて日本語のメニューみせてくれた。どうも普通は自分でオーダーシートみたいなものを書くルールらしいのだが、今回は店員さんがやってくれた。が、オーダーシートには小さい字で「日人」って書いてあった。外国人対応。

ここでは、肉粥と紅焼肉という豚バラ肉の揚げ物を頼むのが一般的。僕としては事前の情報で紅焼肉に期待しすぎていたせいなのか、あれ?そんなうまくなくね?という感想だったのだが、みんな絶賛しているんだよねえ・・ちょっと油が過ぎる印象なのだが。。

お店は朝からにぎわっている
お店は朝からにぎわっている

まあ、タイミングとか体調とか先入観とかいろいろな要素があるのかもしれない。でも、この日の僕としてはいまいちだったということは書いておく。

一方、肉粥は間違いなくうまい。スープにいれたごはんといった感じなのだが、このスープがおいしいんだよね。一人で何杯も食べるというのはわかる。

ホテルの朝食を食べるのもいいけれど、僕としてはこういうところでローカルフードで迎える朝食の方が楽しいなあということで、ホテル朝食をパスして訪れてみてもらいたいところです。

でもまあ、つぎは紅焼肉じゃないものを頼むだろうな。。

住所:台北市萬華區廣州街104號 営業:6:00~16:50

Related Post

こんな香港があったのか。川龍村にある端記茶樓でのんびりと過ごす。... 前回の香港旅でも来たかったところで、ようやく訪れることができた点心レストラン。レストランといっても、英語は通じないし、文字を書いてコミュニケーションするか広東語を話すかくらい。周囲の風景も含めて香港にこんなところがあったのかと驚くと思う。 端記茶樓のある川龍村へのアクセス 具体的な行き方...
朝食からやっているロースタリー、人形町のSUNNY COFFEEで過ごす朝... 人形町の駅から少し離れたところにある小さなロースタリーカフェ。駅から少し水天宮の方へ歩いて行くと下町の住宅街になって、静かな街のなかにある。どこの駅からも離れているのだが、日本橋にも歩いて行けるので意外と利便性が高い。 なにより朝8時からやっているのが便利で、朝食のセットがお得。お店は裏通りにあっ...
日本海の味を堪能できる「海鮮どんやとびしま」... 酒田での夜は鈴政で江戸前の洗練された寿司をいただいたのだけど、それじゃあ「日本海どーん!」というくらいの産直な海鮮はどこで食べればいいのか?という悩みはここ「海鮮どんやとびしま」に来ればいいんじゃないかと思う。 場所は酒田港内にあって、市街地からすぐ。僕が訪れたのは朝食のため朝7時過ぎだったの...
福州世祖胡椒餅 台北旅行中にFacebook経由で教えてもらったお店。ここは絶対オススメです!っていわれて、迷うことなく訪問。 台北市内には何店舗かあるようだけど、今回は台北駅から徒歩5分のところにある店舗を訪問。 もともとは(というかいまでも?)屋台料理がルーツということもあって、お店はスタンドのみで...
葉家肉粥は地元で人気の粥屋さん 迪化街をふらふらと散歩してたどり着いた慈聖宮。迪化街の北側にある寺院の境内には屋台のような小吃のお店がいくつか並んでいて、境内の大きな木のたもとにテーブルが並んでいる。 まだ、朝の空気が残る境内は気持ちよくて、民樂旗魚米粉湯につづいて朝食を楽しんだ。 葉家肉粥へのアクセス 迪化街の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください