MRT雙連駅の近くにあって、マンゴーかき氷で日本人に有名な冰讃(ピンザン)の筋違いの路地にある軽食B級グルメのお店。

たまたま通りかかったら、ここだけ朝から賑わっていたので、よくわからないままに地元のおっちゃんに混じって食べてみました。

お店は限りなく屋台に近い形態ではあるものの、かろうじて後ろの建物におまけのように入り込んでいるような感じ。入口で煮炊きをしているのでお店に入るのをためらうくらい暑い・・。ただ、この形態によって水回りの質は確保されているので、店内は結構清潔。

で、なにを頼んだらいいのか、ちょっとわからなかったので、店名がついている花枝羹米粉(60元)を注文。店名ついているくらいだし、きっとうまいのだろうとという冒険しないタイプのオーダー。

しばらくすると透明なスープにだしがきいた米粉麺の料理が出てきた。シンプルながら身体があたたまりそうな優しい味。しかし、もうすでに外気で僕の身体は充分過ぎるくらい暖まっているのだが。

くせのない味なので、香辛料とかモツ系とかが苦手な人でも美味しく食べられると思う。すごく特徴があるとかいうわけではないけれど、ふつうにおいしいです。

ということで、このたとえようのない熱気をかいくぐって食べに来る価値はあると思う。朝から晩まで営業しているので、ちょっと小腹がすいたときなどに立ち寄ってみるのがおすすめ。

双連文記花枝羹
住所: 台北市大同區民生西路59之2號 営業: 8:00 ~21:30

保存

Related Post

ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...
シラハマアパートメント – 南房総のまったりカフェ... 千葉を旅することと南房総を旅することはわけて考えた方がいい。それは東京観光に奥多摩を含めないのと同じことだ。 南房総とは、それくらいに十分遠い場所であり特別な場所だと思う。気候は温暖だし(本当に2月でも晴れていると春のように暖かい)、海は青いし、砂浜は白い。そして食事もうまい。エッジの効いたセ...
玖子貴はさつま揚げ世界のファンタジスタだと思う... 東京でおいしい薩摩揚げ食べたいなと思って探していたらみつけたところ。鹿児島中央駅の近くに本店があって、鹿児島空港でも売っていたなんて全然知らなかった。そして「さつま揚げってこんな解釈があったのか!」とびっくりするくらいおいしい。 東京ではコレド室町2の地下一階にお店が入っている。メトロの三越前...
大多喜ハーブガーデンでのランチは至福のひととき... 昔からハーブを育てていて、通っているところ。ハーブ関連の苗や種が多いし、併設されているレストランの料理も美味しい。ここで過ごす休日のひとときは完璧に気持ちがいいものだと思う。 大多喜ハーブガーデンへのアクセス 房総半島のまん中あたりにあるので、結構不便なところではある。電車とバスを使って...
ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(六本木)でランチ... 森アーツセンターで開催されていたスヌーピー展をみおわったら、ランチタイムを過ぎた時間になっていた。 あまりにお腹がすいていて、前から気になっていた六本木のジョエル・ロブションに予約なしの飛び込みではいってみたら、幸いにも席があいていた通してもらえた。 オープンキッチンで結構カジュ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください