土屋鞄旅を楽しくするものの要素のひとつって、自分が厳選して気に入っているものと一緒にいることじゃないだろうかって思う。

そう、旅の荷物とは減らしていくということではなく、気に入った荷物を厳選していくという作業なのがよい。

前は一眼レフカメラをもって旅していたときもあったけれど、別にカメラマンじゃないし、なんだかカメラのために旅しているみたいになってやめてしまい、最近はコンパクトカメラだけもって旅している。

なので、もっているバッグが小さくてもよくなったので、最近はちょっとした旅には土屋鞄のカメラバッグと出かけることが多い。

このバッグは大きな一枚革を前面に使っていて、さわり心地がいいので、気づくとバッグを触っていたりする。なかにクッションがあるので、容量は見た目ほどはなくて、ちょっとバッグの高さが足りなくて浅いなあ思うところはあるが、ものが見つけやすいという利点はある。バッグのマチはそこそこあるので、コンパクトカメラを押し込んでおくには十分。

弱点としては革であるので雨に弱いということ。いくら防水スプレーをかけていても限りがあるし、濡れてしまうと結構悲しい。なので先の天候がよめない長旅には不向き。

一泊とか日帰りとかのちょっとした旅がよい。バッグについていく傷もまた旅の思い出。なんとなく心の満足度が高いバッグ。

商品は土屋鞄で購入。しかし、もう販売していない商品みたいで残念。

土屋鞄のオンラインショップ

Related Post

合成帆布行はお土産に最適 永盛帆布から合成帆布まではものの10分も歩かずについてしまう。友人へのお土産を調達しにやってきた(前回の訪問はこちら)。 ここはショップのノベルティなども作っているところで、やはり永盛帆布と同じように工房兼ショップという感じ。 店先にはAmoとかいうロゴが入ったバッグがうずたかく積み上げ...
ひさびさ、一澤信三郎帆布で買いもの... 手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。 今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、...
永盛帆布行 – 台南帆布バッグで最高峰の品質だと思う... 合成帆布行、廣富號、永盛帆布行と帆布バッグ店を見てまわって、購入してみて、そして実際に使ってみて最も質が高いと思ったのは、ここ永盛帆布行だと思っている。シンプルで質実剛健で使い勝手がいいバッグ。 ※2014年5月にリピートしている投稿はこちら。 デザインとしてはトートバッグ数種類...
Greenroomのバッグはシンプルで機能的で大活躍できる... twitterで教えてもらったガイドブックに載っていて、行く前から「ここのプロダクトを僕は好きになる」って分かっていたのだが、実際にお店を訪れて商品をみてみて確信というか、自分の物欲との戦いでしかない。 とりあえず今回はバッグひとつとカードケースで許したけれどね。 場所はMRTの東門駅か...
岡山媽媽雑貨舗でバッグをオーダーしてみた... 前回7月に訪問したとき、店頭に飾られていたバッグがあまりにかわいかったので、聞いてみたら「オーダーで1ヶ月かかる」といわれたので頼んでみたのだが、今回受け取りに行ってきた。 台南でさんざん帆布バッグを買ってしまったばかりなのだが・・。肩はふたつしかないのに、かわいいバッグが多すぎるのがいけない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください