土屋鞄旅を楽しくするものの要素のひとつって、自分が厳選して気に入っているものと一緒にいることじゃないだろうかって思う。

そう、旅の荷物とは減らしていくということではなく、気に入った荷物を厳選していくという作業なのがよい。

前は一眼レフカメラをもって旅していたときもあったけれど、別にカメラマンじゃないし、なんだかカメラのために旅しているみたいになってやめてしまい、最近はコンパクトカメラだけもって旅している。

なので、もっているバッグが小さくてもよくなったので、最近はちょっとした旅には土屋鞄のカメラバッグと出かけることが多い。

このバッグは大きな一枚革を前面に使っていて、さわり心地がいいので、気づくとバッグを触っていたりする。なかにクッションがあるので、容量は見た目ほどはなくて、ちょっとバッグの高さが足りなくて浅いなあ思うところはあるが、ものが見つけやすいという利点はある。バッグのマチはそこそこあるので、コンパクトカメラを押し込んでおくには十分。

弱点としては革であるので雨に弱いということ。いくら防水スプレーをかけていても限りがあるし、濡れてしまうと結構悲しい。なので先の天候がよめない長旅には不向き。

一泊とか日帰りとかのちょっとした旅がよい。バッグについていく傷もまた旅の思い出。なんとなく心の満足度が高いバッグ。

商品は土屋鞄で購入。しかし、もう販売していない商品みたいで残念。

土屋鞄のオンラインショップ

Related Post

合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ... 台南で帆布バッグ巡りの旅をしてきた。 台南といえば、帆布バッグが有名らしく半径500mくらいの狭い範囲に、いずれも個性的な帆布バッグのお店が三軒あり、まず行ってみたのはこちらの「合成帆布行」。 場所は市内中心部ともいえる場所だと思う。国鉄台南駅とロータリーの間に小さな店舗があって、そこで...
Greenroomのバッグはシンプルで機能的で大活躍できる... twitterで教えてもらったガイドブックに載っていて、行く前から「ここのプロダクトを僕は好きになる」って分かっていたのだが、実際にお店を訪れて商品をみてみて確信というか、自分の物欲との戦いでしかない。 とりあえず今回はバッグひとつとカードケースで許したけれどね。 場所はMRTの東門駅か...
旅行時のサブバッグとしておすすめのフランス軍パラシュートバッグ... WHERE to GO Muji で旅の達人御用達ってことで紹介されていて、値段も手頃だし便利そうと思って購入。楽天で5,000円くらいだったので、お手頃な感じ。 60~70年代くらいのフランス軍パラシュート部隊のバッグとして使われていた物のリメイクということで、シンプルなデザインながらも軽く...
日乃本帆布の本店に行ってみた 帆布の風合いが好きで、京都では一澤帆布のものを愛用している。ほかにもいい帆布はあるかなと思ってみつけたのは日乃本帆布というブランドだった。 都内では、谷中とか浅草にお店があってたまに訪れてはうっかり買ってしまうのだが、トラックの幌とかテント用に使われるかなり厚手の帆布から作られたバッグはすごく...
LCC機内持ち込みバッグに最適 Karrimor – Airport pro 40R... LCCって自分で受けるサービスの範囲を決められるところがIKEAに似ていると思う。そんななかで、一番重要な要素のひとつとなるのが持ち込み荷物の制限になると思うのだが、僕はいまのところKarrimor - Airport pro 40Rを愛用中。このバッグのいいところは以下の点。 サイズ的にL...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です