シタディン京都2015年の冬に京都へ行ってきた。新幹線だとあっという間だよなあ。

僕は冬の京都が好きで、京都を楽しむならまず冬じゃないかと思っている。夏も好きだけど。

逆に春と秋の京都は死にものぐるいで疲労するので、よほどのことがないときっともう行かない。

さて、新幹線を降りて京都駅で地下鉄に乗り換えて一駅。烏丸四条駅で降りて、いつもの宿であるシタディーンに荷物だけ置いていく。

ポットとかお茶とか
ポットとかお茶とか

サービスアパートタイプのこのホテルは最近は京都でも人気が出てきたみたいで予約が取りづらいのだが、その気持ちはよくわかる。

だって快適だし、値段も手頃なのだし。ほどよき距離感のフロントの人たちもとても印象がいい。

ホテルと違って部屋も広いし、ちょっとしたキッチンもついているのでなにかと便利。部屋でお酒飲んだりするときも格段に楽しいし。最近はサービスアパートに泊まることが増えているので、たまにビジネスホテルに泊まったりすると、その狭さに驚愕するというか、息がつまる。そして、なんでホテルってあんな飛行機みたいに乾燥しているのだろう。サービスアパートはそこまででもないので、すごく快適。

シタディン京都

シタディン京都近くにはコンビニもあるし、駅もバス停もすぐ目の前。京都駅までもタクシーでワンメーターとまでは行かないがかなり近いので、京都で泊まるには当面はここ以外の選択肢がないよなあって思ってしまう。

いつも通りの快適な滞在を楽しむことができた。ちなみに、前回の滞在はこちら。

予約は楽天にて行った。前回の宿泊はこちら

Related Post

ウドンタニではThe One Residenceに宿泊 ウドンタニに来たものの目的は明け方に咲く蓮の花をみるだけで、それ以外はなにも計画を考えていない。街の地理もよくわからなかったので、ショッピングモールに近く、駅までなんなら歩いて行けそうな場所にしようと、ワン・レジデンスというところに宿泊。 レジデンスという名前になっているものの、ロビーを通らず...
ロマンティックで幻想的な青の世界 、喫茶「ソワレ」でゼリーポンチ... かさぎ屋に続いて竹久夢二の世界観。四条通りをすこし入ったところ、南座の近くにあるロマンチックな雰囲気の純喫茶のお店。 友人におすすめされていて、一度行ってみようと思っていたのだがお店の前でばったりその友人と遭遇。東京住んでいるのに、まさか同じタイミングで京都にきていて、おすすめのお店で遭遇しち...
ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR- Ver.3.70」をみてきた... 僕にとって京都に来るための理由みたいなものだなあって思っている舞台。言葉を全く使わない「ノンバーバルパフォーマンス」の演出は言葉がないのに、感情がまるでテレパシーみたいに伝わってくるような感覚が楽しい。(前回の訪問) ロボットたちが、ふとした弾みに感情をもつというのがストーリーの一部なのだけど...
冬の京都旅 冬の京都 ずいぶん前のことになるけれど、2015年の冬の最中に京都へ行ってきた。 京都いえば、春は桜、秋は紅葉と美しいシーズンが沢山あるけれど、いかんせん人が多い。 そして、そういう美しさ以外にも京都のよさは沢山あるし、僕は真冬の京都に行くのが好き。前に読んだ柴崎友香の「きょうの...
京都っぽいカフェだなって思う「丁の字 CAFE」... 一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。 場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。 一...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください