シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。

昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこういうのもすごく好き。

いま普段使いに愛用しているバックパックも、ノートパソコンが入ってまだ容量もあるし、一見ちょっと細そうにみえる肩ひもも全然苦痛じゃなく背負っていることができるのはバランスがいいからなんだろうな。

㐂一澤帆布
㐂一澤帆布
一澤帆布

昔と比べるとちょっと生地が薄くなったかなあと思うところはあるけれど、早めに持ち込めば修理もできるし(しかし、買った方がいいくらいに修理代高いのはやめて欲しい)、大事に使っていられるのは思い出と一緒に過ごしているみたいで、あたたかい気持ちになる。

ところで、今回一澤帆布から八坂神社の方に行ったあたりに㐂一澤帆布というお店をみつけたので入ってみた。一澤帆布からは徒歩で5分くらい。昔の一澤帆布にそっくりで、無骨でシンプルな商品ラインナップ。悪くはないのだけれど、どうもこう購買意欲まで盛り上がらないなあと思って、買わずに出てしまった。

あとで調べたところ、ここもまた一澤帆布の系列で、お家騒動のタイミングでわかれたところみたい。昔ながらのやり方でバッグを作っていて、ある意味タグは違えど㐂一澤帆布の方が正当派っていう気もするくらい。

でも、どっちの商品が欲しいかっていうと、それは一澤帆布なんだよな。

どちらもすごく「いい商品」を職人の技で作っているし、それは変わりがないのだが「いいものを作れば売れる」という「いいもの」に対する考え方が、㐂一澤帆布の方は古き良き自分の作りたいものっていうようにみえて、一澤帆布は世の中のニーズに応えられるものが「いいもの」であるっていうようにみえる。

そして、伝統とか「いいもの」というのは常に変わっていくというか、有次京都の人の話じゃないけれどらせん状に積み上がっていくものだと思うから、やはり一澤帆布の方がいいなと思える。

あくまでも僕の個人的な意見だけれど、変化していくことは悪いことじゃないよなっていうのが一澤帆布に対する僕のスタンス。今回もあれこれ買ってしまった。

今回買ったもののひとつ

一澤帆布
住所:京都市東山区東大路通古門前北
時間:9:00-18:00
休み:火曜日

保存

Related Post

小布施 味麓庵の福栗焼は栗菓子のなかでトップクラスにうまい... 小布施堂の近くにあるちょっとした屋台みたいなお店。メインストリート沿いにあり、ガラス越しに大判焼きみたいなのを焼いているのですぐわかると思う。 前回の訪問:小布施 味麓庵の福栗焼きを食べる ここも人気店で、名物である福栗焼を買い求めるお客さんで行列になることがある。僕が訪れた夏場...
絵本のようなルスルスのクッキーはお土産に最適... 松屋銀座で偶然に見かけて一目惚れした焼き菓子。絵本の世界のようなかわいいコンセプトのクッキーは誰に贈っても喜ばれるお土産に定番になりそうだ。東麻布と浅草にもお店があるのだが、松屋銀座にある店舗がもっともアクセスしやすいと思う。 ルスルスの「夜空缶」「鳥のかたちクッキー」について 焼き菓子...
きくすい堂の紹介のかるかんはお土産におすすめ... かるかん 鹿児島のお土産スイーツとえば「かるかん」。「かるかん」といえば明石家。 と、もはや脊髄反射みたいに決まっているかのような流れなのだけど、そんなときにちょっと見方を変えてオススメしたいのは「きくすい堂」のかるかん。 僕だけかもしれないが、よく空港とかで「かるかん」だと思っ...
旅行時のサブバッグとしておすすめのフランス軍パラシュートバッグ... WHERE to GO Muji で旅の達人御用達ってことで紹介されていて、値段も手頃だし便利そうと思って購入。楽天で5,000円くらいだったので、お手頃な感じ。 60~70年代くらいのフランス軍パラシュート部隊のバッグとして使われていた物のリメイクということで、シンプルなデザインながらも軽く...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です