GEAR僕にとって京都に来るための理由みたいなものだなあって思っている舞台。言葉を全く使わない「ノンバーバルパフォーマンス」の演出は言葉がないのに、感情がまるでテレパシーみたいに伝わってくるような感覚が楽しい。(前回の訪問

ロボットたちが、ふとした弾みに感情をもつというのがストーリーの一部なのだけど、感情って目に見えたり口に出来たりするものじゃないし、こうして言葉じゃない部部分に訴えかけてくるような演出の方が伝わりやすいのかもしれないって思う。

もう何度も観ていて、今回も結局週末2日とも観に行ってしまったが、パフォーマーによって見える世界が違っていたり、ディテールの違いが新鮮だったりする。どの人も一流のクオリティがあって、ストーリーのことなんか考えなくても楽しめるのだけど、ドール役の兵頭祐香さんが圧倒的だったなあ・・。彼女がドールで出ている舞台はちょっと別格。

ラストシーンの世界は、何度も観ていて知っているのに、しんみりしちゃうのだけど、今回の彼女の表現はもう、いままで観てきたどんな舞台よりもひきこまれてしまった。

京都に来たら是非とも体験してみてもらいたいエンターテイメントです。

ギア-GEAR-
住所:京都府京都市中京区弁慶石町56 1928ビル ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

Related Post

奥丹の湯豆腐を食べる ちょっとベタな感じの観光と食事をしてきた。 一澤帆布から知恩院の門をとおって清水寺の方へ。二寧坂かをあがって産寧坂と交差するところに料亭みたいな趣の建物があって、それが湯豆腐の老舗である奥丹である。 ランチタイムに行ったのだが、お店は予約は必須。かなり混雑する。 入口の受付で名前を...
京都三条大橋のスターバックスは訪れる価値あり... スターバックス コーヒーって、日本はどこにでもある印象だし、もはや珍しい場所でもないとは思う。 しかし、それでも訪れる価値があるお店はあるよなって思っていて、京都の三条大橋のスターバックスもそのひとつ。夏場は鴨川沿いに川床ができることでも有名なお店。 川床の時期ではなくても、規模が大きい...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
ノンバーバルパフォーマンス「ギア -GEAR- Ver.3.00」をみてきた... 今年の2月に京都へ来たときに観て、かなりの衝撃をうけたギアという舞台。その新しいバージョンの上演がはじまったので観てきた。これが今回の旅の目的だったりします。 ギアを知ったのは友人のおすすめで、どんなものなのかよく分からないまま観に来たのだが、言語を使わないノンバーバル パフォーマンスな舞台で...
都野菜 賀茂での朝食 「京野菜」ではなく、「京都で採れた野菜=都野菜」をビュッフェスタイルで食べられるところ。京野菜って京都以外でも作られているらしく、本当の地産地消ってことでいえば都野菜であるっていう考えでこの名前。 そして、朝からこんなに野菜を沢山食べられて幸せ以外の何ものでもない。なので、当然のことから人気店...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください