GEAR僕にとって京都に来るための理由みたいなものだなあって思っている舞台。言葉を全く使わない「ノンバーバルパフォーマンス」の演出は言葉がないのに、感情がまるでテレパシーみたいに伝わってくるような感覚が楽しい。(前回の訪問

ロボットたちが、ふとした弾みに感情をもつというのがストーリーの一部なのだけど、感情って目に見えたり口に出来たりするものじゃないし、こうして言葉じゃない部部分に訴えかけてくるような演出の方が伝わりやすいのかもしれないって思う。

もう何度も観ていて、今回も結局週末2日とも観に行ってしまったが、パフォーマーによって見える世界が違っていたり、ディテールの違いが新鮮だったりする。どの人も一流のクオリティがあって、ストーリーのことなんか考えなくても楽しめるのだけど、ドール役の兵頭祐香さんが圧倒的だったなあ・・。彼女がドールで出ている舞台はちょっと別格。

ラストシーンの世界は、何度も観ていて知っているのに、しんみりしちゃうのだけど、今回の彼女の表現はもう、いままで観てきたどんな舞台よりもひきこまれてしまった。

京都に来たら是非とも体験してみてもらいたいエンターテイメントです。

ギア-GEAR-
住所:京都府京都市中京区弁慶石町56 1928ビル ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

Related Post

かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
一保堂茶舗で麦茶を買ってみたらすごい美味しかった... 京都に行くと立ち寄る一保堂茶舗。東京にもお店は出ているけれど、京都のお店の雰囲気が好き。きっと江戸時代からこんな感じに店頭で用をきいたり、すこし世間話したりみたいな感じでやってきたのかなあとか思ったりする。 今回は併設されている喫茶室には行っていないのだが、お店で買い物だけしてきた。 ...
有次で買いものをしてきた 京都錦市場のなかにある有次で、買いものをしてきた。前回は包丁を買ってきていて(前回の訪問)、これはいまだに抜群の切れ味。 たしかに、ステンレス製のものに比べて手入れは少しだけ面倒だけど、手入れさえしっかりすれば、なにより長く一緒にいる感じがまたいいなって思う。 たとえば、洋服やカバンの一...
京都っぽいカフェだなって思う「丁の字 CAFE」... 一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。 場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。 一...
豆腐のドーナッツは揚げたてを一気に食べるのが幸せ... 京都に行くとついつい買ってしまうのが、錦市場のなかほどにある「京とうふ 藤野」の豆乳ドーナツ。 お店の横にあるイートインのコーナー「こんなもんじゃ」で出している。ここは、いつも賑わっているのですぐに分かると思う。 店先で揚げたてのものを出してくれるのだけど、これがもうすごい幸せな気分にな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください