GEAR僕にとって京都に来るための理由みたいなものだなあって思っている舞台。言葉を全く使わない「ノンバーバルパフォーマンス」の演出は言葉がないのに、感情がまるでテレパシーみたいに伝わってくるような感覚が楽しい。(前回の訪問

ロボットたちが、ふとした弾みに感情をもつというのがストーリーの一部なのだけど、感情って目に見えたり口に出来たりするものじゃないし、こうして言葉じゃない部部分に訴えかけてくるような演出の方が伝わりやすいのかもしれないって思う。

もう何度も観ていて、今回も結局週末2日とも観に行ってしまったが、パフォーマーによって見える世界が違っていたり、ディテールの違いが新鮮だったりする。どの人も一流のクオリティがあって、ストーリーのことなんか考えなくても楽しめるのだけど、ドール役の兵頭祐香さんが圧倒的だったなあ・・。彼女がドールで出ている舞台はちょっと別格。

ラストシーンの世界は、何度も観ていて知っているのに、しんみりしちゃうのだけど、今回の彼女の表現はもう、いままで観てきたどんな舞台よりもひきこまれてしまった。

京都に来たら是非とも体験してみてもらいたいエンターテイメントです。

ギア-GEAR-
住所:京都府京都市中京区弁慶石町56 1928ビル ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

Related Post

豆腐のドーナッツは揚げたてを一気に食べるのが幸せ... 京都に行くとついつい買ってしまうのが、錦市場のなかほどにある「京とうふ 藤野」の豆乳ドーナツ。 お店の横にあるイートインのコーナー「こんなもんじゃ」で出している。ここは、いつも賑わっているのですぐに分かると思う。 店先で揚げたてのものを出してくれるのだけど、これがもうすごい幸せな気分にな...
奥丹の湯豆腐を食べる ちょっとベタな感じの観光と食事をしてきた。 一澤帆布から知恩院の門をとおって清水寺の方へ。二寧坂かをあがって産寧坂と交差するところに料亭みたいな趣の建物があって、それが湯豆腐の老舗である奥丹である。 ランチタイムに行ったのだが、お店は予約は必須。かなり混雑する。 入口の受付で名前を...
ノンバーバルパフォーマンス「ギア -GEAR- Ver.4.00」をみてきた... 京都に来ると必ず観に来ている舞台。というか、これを観るために京都へ来ているくらい。お寺巡りやカフェ巡りだけじゃない新しい京都のスタイルじゃないかと思っている。 ということで、いままで観てきた履歴をまとめてみた。 ver.2.00 2013年2月 ※ブログ開設前で記事にしていない。 Ve...
D&DEPARTMENT KYOTOに行ってみた – デザインと地域への貢献み... D&DEPARTMENTを京都造形芸術大学が運営するスタイルのデザインストア。 旅行前に知って、今回泊まっているシタディンから近いこともあったので立ち寄ってみた。 まず、お店が本山佛光寺というお寺のなかにあるというのがすごく面白い。これ、お店なのか?って思うもの。そして、お寺の建...
ロマンティックで幻想的な青の世界 、喫茶「ソワレ」でゼリーポンチ... かさぎ屋に続いて竹久夢二の世界観。四条通りをすこし入ったところ、南座の近くにあるロマンチックな雰囲気の純喫茶のお店。 友人におすすめされていて、一度行ってみようと思っていたのだがお店の前でばったりその友人と遭遇。東京住んでいるのに、まさか同じタイミングで京都にきていて、おすすめのお店で遭遇しち...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください