赤垣屋三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。

店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもするし、カウンターも雰囲気あって楽しそう。京都でも古くから人気の居酒屋で常連客も沢山いるみたい。

今回はお座敷に通された。お通しをつまみながらまずは瓶ビールを飲んで、食事を頼んでみる。メニューに値段がついていないのだけど、この感じならまあ変なことはないだろうってことであれこれ注文。

赤垣屋赤垣屋

カウンターの奥でおでんを作っていて、これはもう頼むしかないなって思っていたので、まずは適当にお願いして注文。関西風味の出汁につかったおでんは暖まるし、これはしみじみと美味しい。

このおでんだけ食べに通いたいくらいだ。

それ以外にもいつもと違った雰囲気の料理があって、しめ鯖はミョウガなどをかけられてこれまた出汁醤油みたいなタレにひたされて、まるで鰹のタタキみたいな雰囲気で出てきたのだが、これがまた絶品。

おでん
おでん
しめ鯖
しめ鯖
生牡蠣
生牡蠣
万願寺とうがらし
万願寺とうがらし
ぶりの照り焼き
ぶりの照り焼き
お漬け物
お漬け物

牡蠣酢も身がぷっくりしていて日本酒の熱燗がすすむなあってところだし、ぶりの照り焼きとか万願寺とうがらしとか見た目にも美しい料理がでてきて、すごく品のいい味なのがすごい。

日本酒は種類はそれほどないものの、地元のお酒なんかを中心に揃えられていて、あれだけ飲んだのに対した金額でもなかったことを考えると良心的な値段設定なのだろう。

締めにっていうか、お酒のあてに頼んだ漬け物も見た目もきれいだし、味も抜群でなんだか京都らしいなって思えるところだった。予約しないとまず入れなさそうな居酒屋だけど、京都らしさの一端がみえる楽しいところだと思う。

赤垣屋
住所:京都府京都市左京区孫橋町9
時間:17:00-23:00
休み:日曜日と日曜日に続く祝日

Related Post

狼煙(松本)ご当地ラーメンではないが普通に美味しい... 松本で遅くまで飲んで深夜24:00過ぎまでやっているラーメン店を探してみつけたところ。今回宿泊したリッチモンドホテルからは徒歩数分とかなり近い。 なんと読むのか分からなかったのだが「ろうえん」と読むらしい。24:00過ぎにお店入ったが、結構な人の入りで人気があるみたい。 今回は普通のラー...
長白小館の酸菜白肉鍋は台北に来ないと食べられない味... 台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。 旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約...
渋谷で魚を食べるならば!「4番サード魚真」は奇妙な名前に反した正当派なお店。... お店の外観 名前がちょっとふざけていて、安めな居酒屋っぽいイメージをもっていたけれど、中身はかなりちゃんとした渋谷の隠れ家みたいな料理店だった。渋谷にこんなところがあったなんてという驚きすらある。そこそこ手頃な価格で刺身などが楽しめるので渋谷に行くときには上位の候補として選んで間違えがないお...
鶯谷園はロケーションはともかく都内でも最高峰の焼肉を楽しめる... 都内で焼肉食べることは多々あれど、そしてあちこちで食べているけれど、できることならぎりぎりまで安く、そして可能な限り美味しく食べたいところ。その要求に対して、かなり高度な次元で応えてくれるのが鶯谷園の焼肉。 その代償として、山手線のなかでも飛びきりマイナーであり怪しい駅に降り立ち、風俗紹介所の...
白金商店街の「手打そば佶更」でランチを楽しむ... 白金商店街って山の手にある下町感があって好きなエリア。通りには車が行き交っていてやや忙しないけれど、散歩をしていて楽しいエリアだと思う。 手打そば佶更はその商店街のなかほどにあるところで、平日のランチであれば空いていてのんびりと楽しめるお店。 すぐ近くには同じく蕎麦店としてミシュランで星...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください