京都有次京都錦市場のなかにある有次で、買いものをしてきた。前回は包丁を買ってきていて(前回の訪問)、これはいまだに抜群の切れ味。

たしかに、ステンレス製のものに比べて手入れは少しだけ面倒だけど、手入れさえしっかりすれば、なにより長く一緒にいる感じがまたいいなって思う。

たとえば、洋服やカバンの一生ものって、流行り廃りに左右されてしまうけれど、包丁や身の回りのものはそういうトレンドがないので、本当のいみで一生をともにするものになるんじゃないかと思っている。

ということで、今回は包丁以外のものを買い求めてみた。シンプルなもので、別にここで買わなくても安いものは沢山あるので、僕みたいな一般の人間が使うのは単なる所有欲みたいなものかもしれないが、それでも毎日の生活が少し豊になるような気がする。

有次

名入れ中
名入れ中

今回は普段使い用に雪平鍋をひとつ、あとはお酒を飲むときに楽しむために「ぐい飲み」。ぐい飲みは真鍮製と銅製があったのだが、より味が出そうだなってことで銅製を選んでみた。

どちらにも名入れができるので、お願いしたのだけどいいものをもつ喜びみたいなものがあるよな。

 

名入れも店先でちょいちょいっていれてくれるのだけど、その手際のよさに感動する。これから、このぐい飲みがどんな感じに変わっていくのか楽しみだな。

ちなみに支払は現金のみでクレジットカードは利用できないので注意が必要。近所にはコンビニもATMもないのであらかじめ予算に余裕をもってくるのがおすすめ。

有次
住所:京都市中京区錦小路通御幸町西入ル
時間:9:00-17:30
休み:元日/1月2日・3日

Related Post

漢聲巷門市でヂェン先生の服を買う 台北郊外にある惠中布衣文創工作室まで行ってヂェン先生こと、鄭惠中さんのリラックスした服を買いに行こうかと考えていたのだけれど(以前訪問したときの記事はこれ:)、今回の台北旅は週末旅ということもあり時間がないので、台北市街で探すことにした。 ということで向かったのは漢聲巷門市という出版社がやって...
岡山媽媽雑貨舗にリピートしてきた 台湾ならではの雑貨をあれこれ沢山見てきたわけではないが、台湾に限らずいい商品を作っているという点において、この岡山媽媽雑貨舗はとてもいい物を作っていると思う。ということで、前回の訪問から2ヶ月後にまたもや行ってきました。 ここでは台湾ならではの柄物素材を使った小物雑貨と服は外せない。オーナーで...
ちりめん山椒で最も好きなのは「はれま」のなのです... 京都土産の代表格であるチリメン山椒の発祥である「はれま」。やはりここのが一番好きだなあって思う。 場所は四条にある南座のすぐ近く。挟んで反対側を少し八坂神社の方へいったところにある。小さな路面店なので、見落としてしまいそうなくらい。 ちりめん山椒も美味しいのだけど、同じくらいすごいのが野...
奥丹の湯豆腐を食べる ちょっとベタな感じの観光と食事をしてきた。 一澤帆布から知恩院の門をとおって清水寺の方へ。二寧坂かをあがって産寧坂と交差するところに料亭みたいな趣の建物があって、それが湯豆腐の老舗である奥丹である。 ランチタイムに行ったのだが、お店は予約は必須。かなり混雑する。 入口の受付で名前を...
黒磯でShozoカフェに行くならば、Chus(チャウス)もちょっとのぞいてみる価値がある。... 黒磯の市街にあるShozo Cafeのある通りを地元の人はShozo通りと通称で呼んでいるとのこと。そのShozo Cafe本店のすぐ隣に、古い商店をリノベーションしたお店がある。僕はながらくこのお店はShozo Cafeの系列だと思っていたのだが、今回はじめて違う経営だと知った。でも、それくらい違...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください