京都有次京都錦市場のなかにある有次で、買いものをしてきた。前回は包丁を買ってきていて(前回の訪問)、これはいまだに抜群の切れ味。

たしかに、ステンレス製のものに比べて手入れは少しだけ面倒だけど、手入れさえしっかりすれば、なにより長く一緒にいる感じがまたいいなって思う。

たとえば、洋服やカバンの一生ものって、流行り廃りに左右されてしまうけれど、包丁や身の回りのものはそういうトレンドがないので、本当のいみで一生をともにするものになるんじゃないかと思っている。

ということで、今回は包丁以外のものを買い求めてみた。シンプルなもので、別にここで買わなくても安いものは沢山あるので、僕みたいな一般の人間が使うのは単なる所有欲みたいなものかもしれないが、それでも毎日の生活が少し豊になるような気がする。

有次

名入れ中
名入れ中

今回は普段使い用に雪平鍋をひとつ、あとはお酒を飲むときに楽しむために「ぐい飲み」。ぐい飲みは真鍮製と銅製があったのだが、より味が出そうだなってことで銅製を選んでみた。

どちらにも名入れができるので、お願いしたのだけどいいものをもつ喜びみたいなものがあるよな。

 

名入れも店先でちょいちょいっていれてくれるのだけど、その手際のよさに感動する。これから、このぐい飲みがどんな感じに変わっていくのか楽しみだな。

ちなみに支払は現金のみでクレジットカードは利用できないので注意が必要。近所にはコンビニもATMもないのであらかじめ予算に余裕をもってくるのがおすすめ。

有次
住所:京都市中京区錦小路通御幸町西入ル
時間:9:00-17:30
休み:元日/1月2日・3日

Related Post

きくすい堂の紹介のかるかんはお土産におすすめ... かるかん 鹿児島のお土産スイーツとえば「かるかん」。「かるかん」といえば明石家。 と、もはや脊髄反射みたいに決まっているかのような流れなのだけど、そんなときにちょっと見方を変えてオススメしたいのは「きくすい堂」のかるかん。 僕だけかもしれないが、よく空港とかで「かるかん」だと思っ...
吳寶春麥方の世界一のパンを予約してみた... 台南から高雄に移動。高雄に来てみて思ったのは街が大きくて人がせわしない。田舎から出てきた人みたいな感覚になってしまった。台南がちょっと懐かしく思える。 しかし、旅はつづく。この旅の計画をしているなかで、吳寶春麥方店(Wu Pao Chun Bakery)というパン屋さんがあることを知る。200...
チェンマイの朝市とお粥屋台での朝食... 今回泊まっているタニータハウスの朝食はおいしいのだが、ちょっと飽きたのでピン川をはさんで反対側にあるワロロット市場(Waroros Market)へ行って朝食を食べつつお土産物を探してきた。 この市場の歴史は古くて、だいたいはチェンマイで市場というと、こちらのワロロットということでいいんじゃな...
ひさびさ、一澤信三郎帆布で買いもの... 手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。 今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、...
小布施 竹風堂の栗おこわは絶品 小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。 秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。 8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください