一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。

場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。

一階はカフェバーみたいな感じでもあり、ゆっくりするなら二階の方がいいかもしれないし、二階にある盆栽は必見。なんでお店の名前丁の字っていうのだろうって思っていて、京都の「田の字」を捩って名付けたということだが、二階にある盆栽が「丁」の字の形になっていて、まさに「丁の字のカフェ」。

丁の字CAFE

友人の家に遊びに来たような雰囲気でもあり、なんか落ち着くし、窓際の席から眺める二条通りもまた京都っぽい。向かい側にあるお店で、なにかオープニングパーティのイベントみたいなものをやっていて、ひっきりなしに人が入れかわり訪れている。なかには着物をきれいに着ている人もいたりして、なんだか京都らしい時間の流れだなって思ったりもする。

ランチにはカレーが名物とのことで焼きカレーを注文してみる。しっかりしたボリュームのカレーがでてきて、カフェごはんとしては美味しい。なによりも、食後に出てくるコーヒーが美味しいのがいいな。

今回の旅の終わりを締めくくるにはふさわしいような気持ちのいいカフェだった。ランチに訪れてみるのがいいと思う。

丁の字 CAFE
住所:京都府京都市中京区樋之口町467-2
時間:11:30~19:00、日曜日11:30~18:00
休み:月曜日 (日曜日不定休)

保存

Related Post

小布施堂の夏はかき氷を楽しめる! 津南でランチを食べて、そのまま信濃川沿いに国道をさかのぼっていく。津南から飯山にかけてのこの国道は運転もしやすくて、なによりこの里山の風景が美しい。いつ来ても感動する。 途中の道の駅でキュウリを買ったりして、小布施までやってきた。公営の駐車場に車をとめて少し散歩することにする。まず向かったのは...
まつだい農舞台と里山食堂のカフェ 越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。 農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるの...
カフェと革製品のお店が融合した蔵前の「CAMERA」は居心地のいい空間... 蔵前にあるカフェで気になっていたところ。国際通り沿いで、近くにはいい感じの家具店などもあったりして古い街並みと新しい雰囲気が融合してきている一画だ。そんな雑居ビルの1階にあるのが「CAMERA」というカフェ。居心地のいい空間は色んなものが混在した面白いところだった。 「CAMERA」へのアクセ...
フルーツカフェニジは週末だけの地産地消メロンカフェ... 地元ではテレビに紹介されたりして人気になっているメロン農家がやっている、週末だけ営業しているメロンカフェ。地産地消のさらに先をいくようなところで、本当に美味しいメロンだけを食べることができる。 メロン栽培は年中やっているということで、季節営業じゃないこともあり、週末旅でまた行きたいくらい。 ...
「Cafe Hermosa 艾爾摩莎」台南の裏路地にひっそりとある居心地のいいカフェ... 台南らしい雰囲気のいい裏通りにあるカフェはスペイン語でHermosa(美しい)を意味する店名。小さいながらも台南らしい美しさがあり、居心地のよさがある隠れ家のようないいカフェだった。 スペイン料理店とのことで、スペイン料理も出すレストランなのだがコーヒー一杯でも気兼ねなく入れてのんびりできるの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください