Cafe Croisant D'orルアンパバンの朝は早い。

というか、朝こそがこの町を旅するメインなんじゃないかと思う。

というのも朝6時くらいからこの町にあるお寺から僧侶が出てきて托鉢をしてまわるから。その光景は荘厳でもあり、大騒ぎでもある。

そんな托鉢の喧噪であり、観光であり、体験や見学が終わると朝食なのだが、だいたいこの時間で7時半くらい。まだまだ空いているお店も少ないのだが、旧市街のなかで中心街で朝食をとるということであれば、Cafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)というカフェがよかった。

なにしろ、朝からラオビール飲んで、朝食食べてっていう優雅なことができるし。

Cafe Croisant D'or朝食はいくつかのコースになっていて、それぞれTOKYOとかPARISとか名前がついているのが面白い。トウキョウという名前がついていても、別にみそ汁が出てくるわけじゃないけれど。それぞれのコースにそれほど差があるわけではないが、パンは美味しかった。

前は、こういうまともなパンを出すところってほんの数軒だったのだが、随分増えたなあというところ。すっかりちゃんとした観光地になってきている。

ここはゲストハウスも兼ねているので、宿泊者が朝食をとっていたりするけれど、別にそれとは関係なく朝から食事がとれるのがいい。値段も手頃だし、便利なところにあるので、托鉢後の食事にはぴったりだと思う。

Cafe Croisant D'orCafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)

Cafe Croisant D'or

Related Post

「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」で豪華な朝食... 酒田に来たら朝食はここ以外に考えられない。酒田港のすぐそばにある「海鮮どんや とびしま」での朝食。 朝7時からやっているのは市場直営ならではって感じがする。前の訪問はこちら。 アクセスは酒田駅から2キロくらいなので、僕はホテルをチェックアウトしてそのまま向かうことにしている。とは...
醇涎坊鍋燒意麵は台南式な鍋焼きうどんが食べられる... 意麺といういってみればインスタント麺なのだが、この麺が台南では美味しい。意麺といえば、西門市場にある福榮意麵も美味しいし、小杜意麵も人気店でうまい。でも、これらのお店はラーメンのような感じ。 しかし、意麺を鍋焼きうどんのように仕立てた鍋焼意麺というジャンルもあることを知る。そして、そのお店が保...
葉家肉粥は地元で人気の粥屋さん 迪化街をふらふらと散歩してたどり着いた慈聖宮。迪化街の北側にある寺院の境内には屋台のような小吃のお店がいくつか並んでいて、境内の大きな木のたもとにテーブルが並んでいる。 まだ、朝の空気が残る境内は気持ちよくて、民樂旗魚米粉湯につづいて朝食を楽しんだ。 葉家肉粥へのアクセス 迪化街の...
ベトナム航空(成田~ハノイ線)搭乗記... 2015年2月に少し時間ができたのでラオスへ行ってきた。ちょうど中国の旧正月とぶつかってしまっていたせいか、ハノイ~ルアンパバンの路線をベトナム航空のサイトから直接購入することができず、別々に購入することになってしまった(預け入れ荷物はそのままスルーでルアンパバンまで通せた)。 成田~ハノイ路...
ルアンパバンの市場で地元の暮らしに触れてみたりする... ルアンパバンの郊外にある市場、ガイドブックにも載っていたりするのだが、お土産物を探すのであればナイトマーケットや旧市街地のお店で十分だし、市場にはお土産物売りなどはなくごく普通の田舎町の市場って感じ。 食料品や化粧品、携帯電話や衣料品のショップなどがあって、あとは食堂。この市場のおもしろさはそ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください