Cafe Croisant D'orルアンパバンの朝は早い。

というか、朝こそがこの町を旅するメインなんじゃないかと思う。

というのも朝6時くらいからこの町にあるお寺から僧侶が出てきて托鉢をしてまわるから。その光景は荘厳でもあり、大騒ぎでもある。

そんな托鉢の喧噪であり、観光であり、体験や見学が終わると朝食なのだが、だいたいこの時間で7時半くらい。まだまだ空いているお店も少ないのだが、旧市街のなかで中心街で朝食をとるということであれば、Cafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)というカフェがよかった。

なにしろ、朝からラオビール飲んで、朝食食べてっていう優雅なことができるし。

Cafe Croisant D'or朝食はいくつかのコースになっていて、それぞれTOKYOとかPARISとか名前がついているのが面白い。トウキョウという名前がついていても、別にみそ汁が出てくるわけじゃないけれど。それぞれのコースにそれほど差があるわけではないが、パンは美味しかった。

前は、こういうまともなパンを出すところってほんの数軒だったのだが、随分増えたなあというところ。すっかりちゃんとした観光地になってきている。

ここはゲストハウスも兼ねているので、宿泊者が朝食をとっていたりするけれど、別にそれとは関係なく朝から食事がとれるのがいい。値段も手頃だし、便利なところにあるので、托鉢後の食事にはぴったりだと思う。

Cafe Croisant D'orCafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)

Cafe Croisant D'or

Related Post

阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在... ものすごい手際のいいカウンターのおばちゃんたち 友人から「台北で朝食っていったらここだよ。え、まだいったことないの?」と熱烈なオススメをされたので、行ってみることにした。 場所はMRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。 僕が訪れたときは火曜日の...
ルアンパバンのナイトマーケット 東南アジアだと、どこの町でもやっている気がするナイトマーケット。毎日やっている夏祭りみたいで好きなのだけど、ここのナイトマーケットはかなり観光よりな感じで地元の人がそぞろ歩きしている感じはない。たぶん、早寝なんだろうな。 夕方くらいになると、王宮前の道が歩行者天国になってちょっとずつテントが張...
ハノイのラグジュアリー ホテルはホスピタリティはラグジュアリークラスだった... ホテルの入口 ハノイでのトランジットで、ホテルをとっておくこともなかったのだが、ちょっと調べてみたらかなり激安で泊まれそうなところがあり、なおかつ名前が面白かったので予約してみた。 ラグジュアリーホテルっていう名前なのだが、写真からしてすごい名前倒れしている感じを受けてしまったのだが、...
クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。 ルアンパバンの市街か...
方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください