Cafe Croisant D'orルアンパバンの朝は早い。

というか、朝こそがこの町を旅するメインなんじゃないかと思う。

というのも朝6時くらいからこの町にあるお寺から僧侶が出てきて托鉢をしてまわるから。その光景は荘厳でもあり、大騒ぎでもある。

そんな托鉢の喧噪であり、観光であり、体験や見学が終わると朝食なのだが、だいたいこの時間で7時半くらい。まだまだ空いているお店も少ないのだが、旧市街のなかで中心街で朝食をとるということであれば、Cafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)というカフェがよかった。

なにしろ、朝からラオビール飲んで、朝食食べてっていう優雅なことができるし。

Cafe Croisant D'or朝食はいくつかのコースになっていて、それぞれTOKYOとかPARISとか名前がついているのが面白い。トウキョウという名前がついていても、別にみそ汁が出てくるわけじゃないけれど。それぞれのコースにそれほど差があるわけではないが、パンは美味しかった。

前は、こういうまともなパンを出すところってほんの数軒だったのだが、随分増えたなあというところ。すっかりちゃんとした観光地になってきている。

ここはゲストハウスも兼ねているので、宿泊者が朝食をとっていたりするけれど、別にそれとは関係なく朝から食事がとれるのがいい。値段も手頃だし、便利なところにあるので、托鉢後の食事にはぴったりだと思う。

Cafe Croisant D'orCafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)

Cafe Croisant D'or

Related Post

シンタマニホテルで優雅な朝食 外観 シェムリアップで朝食を食べる定番に加えてもいいんじゃないかって思える素敵なレストラン。宿泊者でなくても朝食を食べることは可能なので、一度は行ってみてもらいたいところ。 僕としてはシェムリアップで朝食といえば、ローカルフードならばミーケウ・シェムリアップでクイトゥーを食べる。または...
信濃大町の朝食はこれでいいんじゃないかって思う – カタクリの花... 信濃大町駅 今回も泊まっていた竹乃屋は駅前旅館みたいな趣で完全に素泊まりで済ませている。なので、信濃大町で朝食たべるならどんなところがいいかなって探していて見つけたのは駅の立ち食い蕎麦屋さん。 駅の立ち食い蕎麦かあ・・と思いつつ駅まで歩いて数分の距離。信濃大町駅の待合室にあるお蕎麦屋さ...
Yummy corner of Sea Harmony Guesthouse – オーガ... Sea Harmony Guesthouseが経営しているカフェで、ホテルの宿泊者はこちらで朝食をとることができる。 しかし、このカフェの居心地は宿泊者だけじゃなくても味わえるので、ホアヒンに来たときには来るだけの価値があるかなって思う。 場所はSea Harmony Guesthous...
金仙魚丸分店もまた迪化街らしい小吃のお店... 台北で最も古い街である迪化街。ここには色んな小吃のお店があって食べ歩くのが楽しい。朝からやっている分早くしまるお店が多い。なので、ここは朝食にはうってつけの街。民樂旗魚米粉湯の隣にあって気になっていたお店にも行ってみることにした。 一緒にいる人からは「お前、朝食から食べ歩くとか正気か」と思われ...
新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください