ナム・カーン川にかかる橋、ルアンパバン旧市街からこの橋を渡っていく
ナム・カーン川にかかる橋、ルアンパバン旧市街からこの橋を渡っていく

まさにその「サバイ」という名前のとおり、すごい気持ちのいい場所でのランチだった。ルアンパバン旧市街の東側を流れているナム・カーン川にかかる竹製の橋を渡ってすぐ。

川の斜面をあがったところの竹林のなかにあるレストラン。斜面をうまく利用していて、個室っぽいところやテラス席など敷地内にいろんなスタイルの場所がある。なかでもおすすめはテラス席。

竹林を抜ける風は気持ちがよくて、竹の葉がさらさらと擦れる音を聞きながらビール飲んだりしているとちょっとうとうとしてしまう。ルアンパバンは小さな静かな町なのだけど、なかでもこんなおしゃれな場所があるのかって思う。そして、静かなのがいい。

外観
外観
テラス席でビール
テラス席でビール

dyen sabai

dyen sabai料理はちゃんとしたラオス料理を食べられるので、これもまたおすすめ。

こちらでは、お米は餅米なのだけど、ここではさらに雑穀をいれて黒米になっている。東南アジアの料理で、ラオス料理が一番好きなんだよな。ベトナム料理もすごい美味しいけれど、それに加えて優しい感じがするのはこの国の気風なのかもしれない。

朝から深夜まで営業しているみたいだが、おすすめなのは、暑い昼下がりにやってくることかな。竹林のなかで涼みながら過ごすのは、この町ならではの贅沢さだなって思う。

Restaurant Dyen Sabai
時間:8:00-23:30
休み:不定休

dyen sabai

Related Post

セララバアドで1年ぶりに秋メニューを楽しんで来た... ひさびさのセララバアド。2016年もまた春メニューを食べた後は夏は予約がいっぱいで入れず、秋メニューになってしまった。2017年こそは夏を楽しんでみたい。 とはいえ、一年ぶりに味わうセララバアドの秋。変わらずおもしろく、そして物語のように楽しい世界を旅するような時間を過ごすことができた。 ...
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる... 津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。 場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。 店名かわっても、このお店の人気は変...
新橋のランチで人気の稲庭うどんを食す... 新橋でランチといえば、駅前ビルにすいこまれてしまうのだが、そのなかでぶっちぎりに行列しているお店が二階にある「稲庭うどん 七蔵」。エスカレーターをあがっていつもこの行列をみては「おれの空腹はこの並びに耐えられぬ」と、すぐ近くで比較的空いている「ビーフン東」へと行ってしまう。 しかし、先日ちょっ...
シェムリアップのLittle Italyで食べるハムは絶品でおすすめ... パブストリートのなかにあって、普通のお店だろうと思っていたら、そんなことなくて、同じイタリアンでも「イル フォルノ(il forno)」とは少し違ったタイプで美味しい料理が楽しめるお店だった。 もちろん料金はかなり手頃。そしてなにより!ハウスワインでも普通に美味しいワインなのが嬉しいところ。暑...
プノンペン随一のレストラン、ラ・レジデンスでのランチはカンボジアを忘れるくらい優雅... スタッフの接客はわりと洗練されている プノンペンでフレンチというとちょっと意外な感じがするかもしれない。でも、旧フランス領だったこともあり、フランス料理はワインも含めてレベルが高いと思う。 それ以外にも、この街の規模に対して料理のバリエーションはかなり豊富。東京とまではいかないものの、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です