お店の雰囲気
お店の雰囲気

ルアンパバンの旧市街のメインストリートにあるレストラン。昼は普通のレストラン、夜のバータイムになると雰囲気がいいのでおすすめ。

オーナーはフランス人みたいで、センスのいいインテリアが素敵で、出てくる料理も洗練されている。

セビーチェが美味しいのだけど、オーダーしたらお店の人が「おまえ、これ生ものだけど大丈夫か?」って訊いてきた。日本人だから刺身とか好きだし、大丈夫って答えたらすごい笑顔だったのだが、たぶん中国人とかに間違われたんだろうな。そりゃ、これだけ沢山いれば、間違えるだろうな。

セビーチェ
セビーチェ
春巻き
春巻き
バジル モヒート
バジル モヒート

お酒にあう料理が多くて、夜を過ごすにはこんなに楽しいところはないと思う。料金は、ルアンパバンの物価から考えると少し高いけれど、このクオリティなら満足感がある。

レストランの店先にあるブーゲンビリアの花は時間によって雰囲気が全然違う。朝は凜とした姿で美しい色をみせているし、昼は木陰を作ってくれて涼しげ、夜はお店の光に照らされて朝とは違う雰囲気。この雰囲気を楽しむだけでも、このレストランの価値があるなって思う。

ワインについては、ちょっと高すぎる感じもあるが、ドリンクとしてはオリジナルカクテルのバジル・モヒートが美味しい。ミントの代わりにバジルを使っていて、爽やかな香りが楽しめる。

ルアンパバンに来たならば、滞在中一度は来てみる価値があるレストラン。

Le Tangor, Restaurant Bar & Lounge
住所:63/6 Sisavangvong Road, Luang Prabang

Tangor

Related Post

阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい... 蜂大珈琲で阿里山珈琲の豆を買うために西門まで来たのだが、夕食がてらになに食べようかと思ったら、やはり阿宗麵線は外せないよなあってことで食べてきた。 立ち食いスタイルなので落ち着かないのだが、そんなこと構わないってくらいうまいのだからしょうがないよね。深みのある鰹だしのスープは絶品だし、少し黒酢...
かわなで食べる旬の味(いくら編) 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのだけど、僕が一番好きなのはなんといっても秋の「いくら編」。 ...
「銀座しまだ」で本格的な割烹料理を手軽なお得さで食べる... ひさびさに銀座の「しまだ」へ行くことができた。少し遅めの時間だったこともあり、すんなりの入ることができたのは幸運としかいいようがない。 いまではさらに人気店となり、東京を代表する立ち呑みの割烹料理店になっている。今回もまた感動的な美味しさだった。 前回の訪問:「銀座しまだ」で味わう至高の...
T.Y. Harbor Breweryで東京のクラフトビールを楽しむ... 天王洲へいく用事があり、そのままちょっとT.Y. Harbor Breweryで少しビールを飲んできた。天王洲からだと品川へ抜けていく道の途中にあるので、ここに立ち寄ってからそのまま品川までぶらぶら散歩しながら向かうのもいい。 T.Y. Harbor Breweryといえば、僕にとっては老舗の...
cafe independants カフェ・アンデパンダン... 京都の三条御幸町という便利なロケーションにあって、深夜24:00まで営業していて、古めかしいけれど、学生街っぽいアッシュな雰囲気が京都らしくて、全面喫煙可能なことと、トイレの水回りがいまいちなことを気にしなければ、こんなかっこいいカフェ&バーはないと思う。 世間の評価はどうかはわからないけれど...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください