お店の雰囲気
お店の雰囲気

ルアンパバンの旧市街のメインストリートにあるレストラン。昼は普通のレストラン、夜のバータイムになると雰囲気がいいのでおすすめ。

オーナーはフランス人みたいで、センスのいいインテリアが素敵で、出てくる料理も洗練されている。

セビーチェが美味しいのだけど、オーダーしたらお店の人が「おまえ、これ生ものだけど大丈夫か?」って訊いてきた。日本人だから刺身とか好きだし、大丈夫って答えたらすごい笑顔だったのだが、たぶん中国人とかに間違われたんだろうな。そりゃ、これだけ沢山いれば、間違えるだろうな。

セビーチェ
セビーチェ
春巻き
春巻き
バジル モヒート
バジル モヒート

お酒にあう料理が多くて、夜を過ごすにはこんなに楽しいところはないと思う。料金は、ルアンパバンの物価から考えると少し高いけれど、このクオリティなら満足感がある。

レストランの店先にあるブーゲンビリアの花は時間によって雰囲気が全然違う。朝は凜とした姿で美しい色をみせているし、昼は木陰を作ってくれて涼しげ、夜はお店の光に照らされて朝とは違う雰囲気。この雰囲気を楽しむだけでも、このレストランの価値があるなって思う。

ワインについては、ちょっと高すぎる感じもあるが、ドリンクとしてはオリジナルカクテルのバジル・モヒートが美味しい。ミントの代わりにバジルを使っていて、爽やかな香りが楽しめる。

ルアンパバンに来たならば、滞在中一度は来てみる価値があるレストラン。

Le Tangor, Restaurant Bar & Lounge
住所:63/6 Sisavangvong Road, Luang Prabang

Tangor

Related Post

ラオス国営航空(ハノイ~ルアンパバン線)搭乗記... ベトナムのハノイからラオス国営航空(ラオ・エアライン)で次はルアンパバンまで。 ラオス航空はベトナム航空とコードシェアをしているのだけど、なぜか一部購入できない便があって、今回はラオス国営航空のサイトから別々にチケットを購入した。値段は変わらなかったのでまあいいのだが、結構混でそうだなあとか。...
So Kheangはケップでおすすめレストランのひとつ... ケップのクラブマーケットに隣接しているレストラン(食堂)群はケップでもっとも重要なグルメスポットになっている。 この食堂は見た目とか雰囲気は、それって誤差だろうっていうくらいで、テーブルクロスくらいの差なのだが、その内容は結構違っていた。 旅での食事はとても重要だと思っているので、ケップ...
クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... バイクの旅 ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。 それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。 ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえ...
三城 – 松本随一の正当派な蕎麦屋... そのお店の外見からは蕎麦屋のようにはまったくみえず、なにかのギャラリーのような佇まい。 地元の人はあまり行かないみたいで(だって高いから)、ぼくらのようなよそから来たお客がほとんどなのだが、それでもこのお店の雰囲気や蕎麦のよさは松本随一の存在だと思う。 このお店の雰囲気は独特なものがあり...
アーリア ディ タクボでいただく贅沢なランチ... 恵比寿駅からちょっと離れた小さな雑居ビルのワンフロアにある隠れ家のようでいて、明るい店内が印象的なレストラン。 アロマフレスカなどで腕をふるった田窪シェフによる旬の食材をいかしたイタリアンは見ても楽しいし、食べても幸せになれる。 ひとつひとつの料理の分量はかなり少なめなのだが、食べ飽きな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です