ock pop topラオスといえば、染色や機織りが盛んなところで田舎の方へ行くと、家の軒先で機織りしている人をみかけたりするのだが、ルアンパバンではもはやそんな光景をみることもなく、市場やナイトマーケットなどで見かけるのはタイから輸入された安物ばかり。

そんななかで、ルアンパバンの旧市街にできたOck Pop Tokはラオスのテキスタイル産業を支える組織でもあり、センスいい商品作りをしているので、旅のお土産を買うにはおすすめのところ。ここならラオス製のものが買えるというのもあるし。

ock pop topock pop top

値段としては市場に出ているものと比べて高いけれど、ものは抜群にいい。自分用にストールなんかを購入するのもいいと思うし、ランチョンマットなんかもしっかりしているのでおすすめ。

一階は雑貨やテキスタイルのミュージアムみたいになっていて、二階は生活系のものなどが置かれている。藍染めがきれいなものが多いので、僕好みなものが多いところも好き。クレジットカードの利用もできるので、ナイトマーケットであれこれ買うのならこちらのお店の方がおすすめ。
Ock Pop Tok

Related Post

TABE TABI MARKET BOSO FOOD CENTER – サービスエリアに... いちはらアート×ミックスの帰り道に立ち寄ったところ。 館山自動車道の市原サービスエリア上り線がリノベーションされて、随分とおしゃれで楽しいスポットになっていた。 以前はだいぶ寂れててファーストフードのお店くらいしかなかったのだが・・いまは房総半島の地産地消をテーマにしたショップ&フードコ...
Highlands Coffee(ハイランズ コーヒー)はベトナムのスターバックス的存在... ベトナムを旅しているとあちこちでみかけるHighlands Coffeeのお店。 ベトナム人の実業家がスターバックスの成功をみて、ベトナムならではのお店をつくるということで、はじめたそうだが確かに手頃な金額でおしゃれな立地でベトナムコーヒーを楽しめるというのは旅行者にとってもありがたい。 ...
Le Café Ban Vat Sene はルアンパバンでもっとも居心地いいカフェ... 今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。 托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたい...
バンコク トランジット旅 はじめて行ったミャンマー旅のトランジットはバンコクに滞在していた。 折しも、2014年2月は反政府派のデモ隊がバンコクを封鎖していて、どれくらい緊迫した状況なのだろうかと思っていたのだが、封鎖されているところはお祭り会場みたいになっていて、ライブをやったりトークショーをやっていたりと、のどかな...
ケップ土産といえば塩と胡椒 カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。 胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適してい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください