自転車、ちゃんとメンテナンスされている
自転車、ちゃんとメンテナンスされている

今回はルアンパバンで1日はレンタルサイクルを借りて市内をうろうろと。もう一回はレンタルバイクを借りてちょっと遠出してクアンシーの滝まで行ってみたりした。

この町では、最低でもレンタルサイクルを借りれば行動範囲が一気に広がって楽しくなる。歩きの早さでみえるものもあるけれど、限られた時間のなかでいろいろみるには自転車の速度を許容するのはありだと思う。

自転車は泊まっている宿でもどこでも借りられるので便利。バイクは、サッカリン通りの西側、王宮に近いエリアのゲストハウスで貸し出していた。

バイクの旅
バイクの旅
運転の荒い車に注意する
運転の荒い車に注意する
クワンシーの滝までの道。日本の田舎道走っているみたい。
クワンシーの滝までの道。日本の田舎道走っているみたい。
ガソリンスタンド
ガソリンスタンド

借りるときにパスポートとデポジットのお金(自転車の返却時に戻ってくる)、を預けるので多少の現金の余裕とパスポートをお忘れなく。

自転車はかなり安くて1日200〜300円くらいだった気がする。わりとちゃんと整備されているけれど、なにがあるかわからないので、タイヤとブレーキの状態は必ず確認しておくのが安全。

自転車置き場は決まっていたりすることもあるので、まわりの人に尋ねてみて確認するのもいいと思う。

レンタルバイクはさすがに自転車よりかは面倒くさい。1日2,500円くらい払った気がする。バイクのタイプはマニュアルシフトとオートマがあって、僕はまよわずオートマにしたのだが慣れている人はマニュアルの方が500円くらい安かったので、そっちがいいかも。

ガソリンスタンドは市場の隣にあって、ここで給油していく。わからなかったら、店員さんにお願いしちゃうのもいいかも。3リットルも入れればほぼ満タン。

道路事情については、クアンシーの滝までは完全舗装されているのでバイクでの移動は楽しいものになると思う。ただ、雨が降ったり路面が濡れると滑りそうな舗装なので、注意した方がいいかも。そして、団体客をのせたツアーバスや、中国ナンバーの運転の荒い車が結構いるので、のんびりしつつ周りには気をつけておいた方がいい。

クアンシーの滝まではルアンパバンの旧市街からだとかなり単純な道を通っていって、すごく大きな看板があるので、迷うことはないと思う。途中の風景もきれいだし、のんびりいくのがいい。ツアーだとこういうことできないからね。

そう、ツアーを利用するのも便利なのだけど、自分のペースでの旅ってことになると、僕としてはバイクを借りていくのがいいなって思っている。バイクで旅の幅が変わる。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です