ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。

ルアンパバンの市街からは30キロくらいで、のんびり走って1時間くらいで到着する。途中は小さな村をいくつか通過するのだが、いくつかのところではフルーツを売っていたりするのでちょっとのぞいてみるのも楽しい。

滝の入り口は観光地になっていて、巨大な駐車場やお土産物屋、レストランなどもあるので不便はない。バイクは端っこにとめておいて係員いくらか渡しておけば安心。

バイクの旅
途中、曲がるポイントごとにでかい看板でているから迷うことはない

入場料払って入り口はいるといきなり、クマセンターなるものがでてきて、暑さにやられた怠惰なツキノワグマをみることができる。このあたりには結構いるみたいなのだが、昼間は暑そうだ。野生にいたとしても昼間はこんな感じで、ひたすらぐだぐだしてんだろうな。

入り口
怠惰なツキノワグマ

クワンシーの滝は一番奥に小さな滝があって、その手前は石灰岩で形成された棚田みたいなものが重なり合っている。水の中にも石灰の成分が含まれているので青くみえることから、スケールは小さいもののラオスの九寨溝みたいだなって思ったりする。

そして、こちらの方は泳ぐことができたり段差のところへ行くことができるのがまたちょっとすごい。ラオス人にとっては神聖な場所なので、一時期泳いだり水着になることが禁止されていたのだが、現在は水着になることは禁止されていて、泳ぐのは静かにやってくれみたいな状況になっている感じがする。

水は結構冷たくて、うっかりしていると体の芯まで冷え切りそうだ。でも、すごいきれいでさわやかな感じ。メコン川とは全然違うな。

滝は乾期のおわりくらいになるとあまり流れないこともあるとか聞いていたけれど、まだまだ全然大丈夫。ここは神聖な場所なのだと思うので泳ぐ人はいないけれど、静かにのんびりと時間を過ごすことができる。ツアーだと結構せわしないから、やっぱバイクで来てよかったなと思う。

マイナスイオンを大量に浴びたからなのか、すごく眠くなってしまい、ちょっと昼寝してから帰ったら結構時間が経ってしまっていた。でも、贅沢な時間を過ごせたなあって思う。ルアンパバンに来たならば、クワンシーの滝は絶対おすすめ。

クワンシーの滝への行き方

Related Post

Ock Pop Tokは貴重なラオス産のテキスタイルを探すことができる... ラオスといえば、染色や機織りが盛んなところで田舎の方へ行くと、家の軒先で機織りしている人をみかけたりするのだが、ルアンパバンではもはやそんな光景をみることもなく、市場やナイトマーケットなどで見かけるのはタイから輸入された安物ばかり。 そんななかで、ルアンパバンの旧市街にできたOck Pop T...
安曇野の廃線跡を歩いてみる 安曇野に住んでいる友人は、こっちの観光関連の組織に勤めているらしく、訪れてきた観光客へたまに「ハイ、こちらがおすすめですよ」とかやっているらしい。 そして、風ゆらでランチを食べながら、ランチ食べたあと軽くどこか観るところある?って話しをしていて向かったのは篠ノ井線の廃線跡。 1980年代...
ワット チェディルアン – チェンマイで最もおすすめしたいスポット... もし、チェンマイにやって来たのに、どこかひとつだけしか訪問するところしか時間がないという状況であれば、僕ならば迷わずワット チェディルアンに来ると思う。 チェンマイの旧市街のなかにあり、かつてここが都であった頃の中心となっている寺院。巨大な仏塔があるのだが、16世紀に起きた地震によって一部崩壊...
南禅寺は紅葉の定番スポット 秋の京都で紅葉めぐりをしてきた。新幹線で京都駅について、まず向かったのは南禅寺。毎回思うけれど、東京から京都に新幹線で来ると、かかった時間以上に街の雰囲気ががらりと違うので、旅をしているなって実感する。 地下鉄で蹴上駅まで行き、そこから琵琶湖疎水の横を歩くと「あ、ここブラタモリで出てきたところ...
アムパワーへの小旅行、運河の町でのんびりする... 今回のタイ旅行も後半になってきて、喧噪のバンコクを抜け出して運河と水上マーケットの町であるアムパワーへ小旅行をしてきた。 水上マーケットといえば、ダムヌン・サドゥアクが外国人旅行者に人気の場所だとすると、アムパワーはタイ人に人気のあるマーケット。外国人旅行者の姿はほとんど見かけなかった、すごく...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください