バイクの旅
バイクの旅

ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。

それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。

ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。

途中、曲がるポイントごとにでかい看板でているから迷うことはない
途中、曲がるポイントごとにでかい看板でているから迷うことはない

ルアンパバンの市街からは30キロくらいで、のんびり走って1時間くらいで到着する。途中は小さな村をいくつか通過するのだが、いくつかのところではフルーツを売っていたりするのでちょっとのぞいてみるのも楽しい。

滝の入り口は観光地になっていて、巨大な駐車場やお土産物屋、レストランなどもあるので不便はない。バイクは端っこにとめておいて係員いくらか渡しておけば安心。

入場料払って入り口はいるといきなり、クマセンターなるものがでてきて、暑さにやられた怠惰なツキノワグマをみることができる。このあたりには結構いるみたいなのだが、昼間は暑そうだ。野生にいたとしても昼間はこんな感じで、ひたすらぐだぐだしてんだろうな。

入り口
入り口
怠惰なツキノワグマ
怠惰なツキノワグマ

クワンシーの滝は一番奥に小さな滝があって、その手前は石灰岩で形成された棚田みたいなものが重なり合っている。水の中にも石灰の成分が含まれているので青くみえることから、スケールは小さいもののラオスの九寨溝みたいだなって思ったりする。

そして、こちらの方は泳ぐことができたり段差のところへ行くことができるのがまたちょっとすごい。ラオス人にとっては神聖な場所なので、一時期泳いだり水着になることが禁止されていたのだが、現在は水着になることは禁止されていて、泳ぐのは静かにやってくれみたいな状況になっている感じがする。

クワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfall

水は結構冷たくて、うっかりしていると体の芯まで冷え切りそうだ。でも、すごいきれいでさわやかな感じ。メコン川とは全然違うな。

滝は乾期のおわりくらいになるとあまり流れないこともあるとか聞いていたけれど、まだまだ全然大丈夫。ここは神聖な場所なのだと思うので泳ぐ人はいないけれど、静かにのんびりと時間を過ごすことができる。ツアーだと結構せわしないから、やっぱバイクで来てよかったなと思う。

マイナスイオンを大量に浴びたからなのか、すごく眠くなってしまい、ちょっと昼寝してから帰ったら結構時間が経ってしまっていた。でも、贅沢な時間を過ごせたなあって思う。ルアンパバンに来たならば、クワンシーの滝は絶対おすすめ。

クワンシーの滝 Kuang Si Waterfall

クワンシーの滝への行き方

Related Post

秋の小布施をまわり、越後で美女旅を確認する旅... 収穫の秋を楽しむということで、10月下旬の北信州から越後へと抜ける旅をしてきた。このルートは逆まわりで、夏にも訪れたのだけれど、小布施と越後妻有を結ぶ千曲川沿いの国道からみえる風景はすっかり秋の装いとなっていて、これはこれでシンプルで美しい風景だった。 まず、初日は深夜に家を出て、関越道から上...
2013年のベストスポット5選 そろそろ年末になってきたので、2013年の振り返り。今年の4月からこのブログを「思いつきで」始めたのだが、案外ちゃんと続くものだなというのが自分でも驚くところだ。 せっかくなので、今年訪れたところで印象に残ったもの、こと、食べ物をまとめてみたいと思う。 まずは、2013年のベストスポット...
中之条ビエンナーレ2015 – 六合エリア編... 2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。 前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。 2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに...
下町お花見のんびり散歩「あらかわ遊園」へ行ってきた... 小石川植物園と同じくらい「東京にこんな場所があったんだ」と思ったのが荒川区にある「あらかわ遊園」。区営の遊園地で夕方には閉まっちゃうのだが、ふるきよき遊園地の雰囲気があり、そして入園料も安くて観覧車とか結構楽しい。浅草の「花やしき」がさらにアットホームになったかのようだ。住宅地の真ん中にこんなところ...
ニテロイ現代美術館へ行ってきた リオデジャネイロでもっとも来てみたかったところのひとつ。現代美術とか現代建築が好きな人にはたまらないところ。 リオデジャネイロの市街地からはちょっと遠いけれど、公共交通機関を使って手軽に行くことができる。 美術館はリオデジャネイロ郊外のニテロイ市にあるため、行き方としてはセントロからグア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください