バイクの旅
バイクの旅

ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。

それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。

ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。

途中、曲がるポイントごとにでかい看板でているから迷うことはない
途中、曲がるポイントごとにでかい看板でているから迷うことはない

ルアンパバンの市街からは30キロくらいで、のんびり走って1時間くらいで到着する。途中は小さな村をいくつか通過するのだが、いくつかのところではフルーツを売っていたりするのでちょっとのぞいてみるのも楽しい。

滝の入り口は観光地になっていて、巨大な駐車場やお土産物屋、レストランなどもあるので不便はない。バイクは端っこにとめておいて係員いくらか渡しておけば安心。

入場料払って入り口はいるといきなり、クマセンターなるものがでてきて、暑さにやられた怠惰なツキノワグマをみることができる。このあたりには結構いるみたいなのだが、昼間は暑そうだ。野生にいたとしても昼間はこんな感じで、ひたすらぐだぐだしてんだろうな。

入り口
入り口
怠惰なツキノワグマ
怠惰なツキノワグマ

クワンシーの滝は一番奥に小さな滝があって、その手前は石灰岩で形成された棚田みたいなものが重なり合っている。水の中にも石灰の成分が含まれているので青くみえることから、スケールは小さいもののラオスの九寨溝みたいだなって思ったりする。

そして、こちらの方は泳ぐことができたり段差のところへ行くことができるのがまたちょっとすごい。ラオス人にとっては神聖な場所なので、一時期泳いだり水着になることが禁止されていたのだが、現在は水着になることは禁止されていて、泳ぐのは静かにやってくれみたいな状況になっている感じがする。

クワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfallクワンシーの滝 Kuang Si Waterfall

水は結構冷たくて、うっかりしていると体の芯まで冷え切りそうだ。でも、すごいきれいでさわやかな感じ。メコン川とは全然違うな。

滝は乾期のおわりくらいになるとあまり流れないこともあるとか聞いていたけれど、まだまだ全然大丈夫。ここは神聖な場所なのだと思うので泳ぐ人はいないけれど、静かにのんびりと時間を過ごすことができる。ツアーだと結構せわしないから、やっぱバイクで来てよかったなと思う。

マイナスイオンを大量に浴びたからなのか、すごく眠くなってしまい、ちょっと昼寝してから帰ったら結構時間が経ってしまっていた。でも、贅沢な時間を過ごせたなあって思う。ルアンパバンに来たならば、クワンシーの滝は絶対おすすめ。

クワンシーの滝 Kuang Si Waterfall

クワンシーの滝への行き方

Related Post

年末年始のブラジル旅 リオデジャネイロのファベーラに住んでいる友人から「たまには遊びに来なよ」っていわれて、そんな気軽に行けるようなところじゃないだろって思っていたのに、まさか本当に来てしまうなんて。 友人はエミレーツ航空がすごいらくちんと行っていたのだが、調べてみたところわりと高かったので、僕はルフトハンザのサイ...
山居倉庫は酒田のシンボル的な存在、必見の建物... 以前に書いたブログでは、山居倉庫に行くには午後がよいと思うって書いていたのを思い出した。 しかし今回、朝に行ってみて樹齢150年を越えるケヤキ並木は朝に行くとものすごく気持ちいいなと感じた。なので、山居倉庫に行くには朝のうちか午後からがおすすめってことにしたい。でも、朝の方が気持ちよかったな。...
冬の京都旅 冬の京都 ずいぶん前のことになるけれど、2015年の冬の最中に京都へ行ってきた。 京都いえば、春は桜、秋は紅葉と美しいシーズンが沢山あるけれど、いかんせん人が多い。 そして、そういう美しさ以外にも京都のよさは沢山あるし、僕は真冬の京都に行くのが好き。前に読んだ柴崎友香の「きょうの...
中之条ビエンナーレ2015 – 中之条エリア編... 中之条ビエンナーレもいよいよ最終編。中之条エリアにやってきた。ここはビエンナーレの中心的な存在で、見どころが多い。時間がなければ、ここだけでも観るだけでそれなりに楽しめるんじゃないかと思う。 今回のビエンナーレで印象的だったのは、お寿司屋さんの二階の宴会場にあった作品。でんとシャリが演台に置い...
津南でひまわりをみる 一面のひまわり畑って観光スポットとしていくつかあって、山梨の明野が有名なのだけど、僕としては津南のひまわり畑の方をおすすめしたい。 理由としては、夏場の中央道ってばかみたいに渋滞しているし、まだ関越道の方がマシ。そして、津南の方が人も少ないし、全体的に暑すぎず(明野は暑い・・)、高原っぽい感じ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です